HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

ベースレイヤーに機能性豊かなアイテムを持ってくると本当に心地よく過ごせるという実感を感じてます。はじめはトレランをする時にいいベースレイヤーがないかを探していて、フーディニのアルファフーディを着てたんです。

 

HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

でもフルジップだから走っていると少しもったりするんです。パーカーもあまり寒すぎるシチュエーションで走ることが少ないので必要ないなあ~って感じていたんです。そう考えてフーディニのアルファフーディを着て走っているときに『この生地で作ったプルオーバー型のベースレイヤーがあったらいいのに』って思ってたら発売されたんです。あっ、俺の気持ちを汲み取ってくれた!って嬉しかったのを思い出します。(笑)

2種類の生地で心地よいアルファジップ

HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

アルファフーディは前面も背面も同じ生地なのに対して、フーディニのアルファジップは2つの生地で作られてるんです。前面は保温性を重視した作りで、脇から背面全体にかけては透湿性を高めた機能性豊かな作りなんです。

 

HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

そもそもベースレイヤーとして開発された生地なので肌触りは抜群です。僕がフーディニのアルファにこだわるのはこの気持ちよさで、走っていても不快感がまったくないんです。例えば汗をかいてペタッと肌にまとわることもないし、ストレッチがほどよくあって腕振りの動きを妨げない。また暑くなったときにベンチレーションとして機能する前面のジップを開放すれば、前から入った風が背面の透湿性豊かな生地に抜けていき、心地よさが増します。

寒くても暑くてもアルファジップ

HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

寒いと感じれば袖口のサムホールに指をつっこめば、手の甲を包み込んでくれ、ジップがあることでクルータイプとは違って首までを心地よいフィットで暖めてくれます。このネックウォーマー的な役割はちょうどよくて、首を暖めると外気の進入を防ぐとともに、体を温めてくれるという実感を感じます。

縦走登山でも活用するアルファジップ

HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

ベースレイヤー単体で使うときはトレラン時がメインで、縦走登山やハイキングをする時にもベースレイヤーにアルファジップを持ってくると心地よく過ごせるんです。ほてった体を涼しくするのも、寒くなったときに体を温めるのも、単体で使用しているときと同じような使い方で心地よさを保ってくれます。

 

HOUDINI(フーディニ)アルファジップ

冬場の寒いときだけじゃない、年中使える良さがあるのもアルファジップの良さだと感じてます。