化繊ベストOMM Roter Vest

インナーベストとして着ているのはOMM Roter Vestです。これの使い方としては例えば山に行ってTシャツとウィンドシェルだけだと寒いなあっていうときに、Tシャツの上にこのベストを着て、上からウィンドシェルを着るという使い方をします。

 

化繊ベストOMM Roter Vest

これはとにかくコンパクトに持ち運べるので苦になりません。走っている最中に着るというより休憩中とかランが終わったときとか、主には登山で稜線に出たときに出番が多いです。

エマージェンシーとしても機能

化繊ベストOMM Roter Vest

山に入る時には、ここまでコンパクトになるんだから何かあった時の為にもしのばせておくと便利だよっていう提案ができると思ってます。インサレーション1つあるだけで、例えばケガをしてしまって行動が出来なくなったときにウィンドシェルだけだと寒く感じるだろうし、だからエマージェンシー的な道具として機能すると考えています。

インナー寄りで暖かい化繊ベスト

ファイントラック ニュウモラップフーディ

縦走するときにテント場で着用しようと思ったとき、OMMのベストはインナー寄りに着れるんです。ベースレイヤーの次に着ることも出来るので、アウターと喧嘩しない良さがあると感じてます。愛用の装備として紹介した『ファイントラック ニュウモラップフーディ』を上に羽織って、その上にハードシェルを着るっていうレイヤリングが寒い時期には多いです。

 

化繊ベストOMM Roter Vest

中にある程度熱を蓄えてくれるよさを感じているので、Tシャツの次に着用することが多いですね。ミッドレイヤーという位置づけてアウター寄りに着用することもできるので何処にもってくるかは、アクティビティや自分にあった体温調整を見極めて考えると面白いと思います。

これは中綿なんだけど、街でいうとセーターぐらいの存在として考えると、その上にもってくるアウターの幅が広がると思うんです。中綿=アウターじゃないっていうように考えると幅が広がると思ってます。

OMM Roter Vestの機能美

化繊ベストOMM Roter Vest

タイトなので、肌に密着する良さがあるんです。だから着ると暑い、脱ぐと寒いということがないように、ベストを取り入れた重ね着が生きてくると思ってます。袖が合った方がもちろん暖かいけど体幹を暖めると体全体が暖かくなるというのは実感としてあります。

凄く暖かいときでも標高が2,000mにもなれば、ウィンドシェル1枚じゃ耐えられない寒さを感じることも多いから『大丈夫だろう』と思って荷物を減らすんじゃなくて、インサレーション1枚ザックにしのばせておくだけで「あ~あって良かった!」って色々な場面で対応してくれます。

化繊の方が自分の心持ちとしてラクですね。濡れにも強いし洗濯もラクチンで自分の性格にあっているなあ~て感じてます。