服部文祥

昔の山旅はみんなサバイバルスタイルだった。

持ち運べる機能的なものは少なかったし、あっても嵩が張って重かった。

生活用品から食料まで現地調達する方が効率が良かった。

防御しないと危険だが、防御しすぎたら動けない。

そこに自由はなくなってしまう。

時代を遡ると移動を目的とした山旅はそれほど多くない。

黒部奥山回りや山岳信仰登山が参考になる。


サバイバル登山を写真と散文で紹介します。一の位に3が付く日(3日、13日、23日)に更新されます。

亀田正人

フィールドカメラマン亀田正人

フィールドカメラマン。1980年、東京生まれ。山岳専門誌やアウトドア雑誌を中心に活動。 サバイバル登山からアウトドア料理まで幅広くアウトドアの撮影を行っている。最近はMTB、SUPにはまっている。

服部文祥

服部文祥

登山家。作家。山岳雑誌「岳人」編集者。1969年横浜生まれ。94年東京都立大学フランス文学科卒(ワンダーフォーゲル部)。オールラウンドに高いレベルで登山を実践し、96年世界第2位の高峰K2(8611m)登頂。国内では剱岳八ッ峰北面、黒部別山東面などに冬期初登攀が数本ある。99年から長期山行に装備と食料を極力持ち込まず、食料を現地調達する「サバイバル登山」を始める。妻と三児と横浜に在住。

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加