日本の山は多彩で、同じ風景の山は一つもない。これは日本の山が古くからの様々な年代の地質からなり、地質が異なると山容も植生も変わるからである。大陸から分離した後、日本列島では隆起が始まり、火山活動も盛んになった。本書は5億年の歴史を繙き、日本の山の地質・地形と自然ができるまでを俯瞰したユニークな試みである。山を愛する読者必読の一冊。

    本書では、山を構成する岩石の年代順、あるいは山ができた順番に話をしてみたいと考えました。いわば山を中心に日本列島の地史を再構成しようという試みです。以前登ったあの山は、日本列島の歴史の中でこんな意味をもっていたのかと、この本をみてその性格を再認識していただければ、と思います。
    《はじめにより》

    日本の山ができるまで 内容・目次

    第1章    日本最古の鉱物、礫、岩石
    第2章    日本列島の地質の生い立ち
    第3章    日本の山地、山脈の形成
    第4章    大陸のかけらの岩石でできた山々
    第5章    五億年前の日本列島誕生のころの地質からなる山々
    第6章    五億年前〜三億年前の飛驒外縁帯などからなる山々
    第7章    三億年前の石灰岩と変成岩 舞鶴帯、秋吉帯、三郡帯
    第8章    二億年前~一億年前の付加体がつくる山々 美濃・丹波帯、秩父帯、足尾帯
    第9章    手取層(礫岩層)にできた山々
    第10章  一億年前~六〇〇〇万年前の領家帯と濃飛流紋岩からなる山々
    第11章  一億年前の付加体・四万十帯からなる山々
    第12章  四万十帯と同じころの地層や貫入した岩体からなる山々
    第13章  北海道の山々の生い立ち
    第14章  二〇〇〇万年前の地質からなる山々
    第15章  一四〇〇万年前の火成活動でできた山々
    第16章  一〇〇〇万年前以降の新しい地質でできた山や海岸
    第17章  六〇〇万年前から三〇〇万年前の岩からなる山々
    第18章  三〇〇万年前以降に活動した火山と隆起した山並み
    本書で取り上げた主な山名地図

    日本の山ができるまで 著者

    小泉武栄(こいずみ・たけえい)
    1948年、長野県生まれ。東京学芸大学名誉教授。東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。理学博士。専門分野は自然地理学、地生態学。「松下幸之助花の万博記念奨励賞」(松下幸之助花の万博記念財団)、「日本地理学会賞優秀賞」、「沼田眞賞」(日本自然保護協会)などを受賞。著書に『日本の山と高山植物』(平凡社新書)、『ここが見どころ 日本の山』(文一総合出版)、『登山と日本人』(角川ソフィア文庫)、『地生態学から見た日本の植生』(文一総合出版)ほか多数。元日本ジオパーク委員会委員。