河口湖畔から三角形の形をした毛無山が目に入る、その左右にそびえるのが節刀ヶ岳と十二ヶ岳だ。節刀ヶ岳から毛無山から十二ヶ岳へと続く縦走路は古くからあり、アップダウンとなだらかな縦走路と変化に富んでいる。常に富士山を眺めながら歩け、刻々と変化を楽しめる。

十二ヶ岳・節刀ヶ岳の登山ルート

  • 難易度:中級
  • 合計所要時間:7:25
  • 累積標高:1319m
  • 距離:約10.5km
  • コースタイム:毛無山登山口-(1:30)→毛無山-(1:20)→十二ヶ岳-(0:40)→金山-(0:30)→節刀ヶ岳-(1:00)→鬼ヶ岳-(0:50)→鍵掛峠-(1:35)→根場民宿

十二ヶ岳・節刀ヶ岳について

十二ヶ岳・節刀ヶ岳について

毛無山西側は狭い尾根が連続し、一ヶ岳から番号が振られたピークが並ぶ。節刀ヶ岳は山塊での盟主的存在だ。

河口湖駅から西湖民宿方面行きのバスに乗る。文化洞トンネルバス停はトンネル西側にあり、登山口はトンネル東側にある。トンネル上に出て、右手へ向かう。樹林帯の道で高度を上げる。やがて長浜からの登山道が合流する。樹林を抜けて、ジグザグ道をたどり、毛無山に着く。北側は樹林だが、南側は富士山の展望が良い。

狭い尾根をたどり、十二ヶ岳へ向かう。十一ヶ岳の先で、北側へ下る。設置されたロープにつかまりながら下る。冬期には凍結に気を付けよう。鞍部には吊り橋がある。急な斜面を登り、左に桑留尾(くわるび)からの道を合わせて十二ヶ岳に着く。山頂を後にして、少し進むと、急斜面になり、ロープが設置されている。

鞍部から登り返して金山に着く。節刀ヶ岳を往復し金山から尾根道をたどる。鬼ヶ岳では「鬼のツノ」と呼ばれる岩がある。岩まじりの尾根をたどり、鍵掛峠で左へ折れる。支尾根を下った後、右手のジグザグ道へと折れる。林道を歩き、薬明大神の三叉路で左折し、「西湖いやしの里根場」入口で右折する。その先の分岐で左折すれば魚眠荘前バス停へ、直進すれば根場民宿バス停へ通じる。

十二ヶ岳・節刀ヶ岳の概要

  • 地域:中部地方
  • 都道府県:山梨県
  • 山域: 御坂山塊
  • 標高:十二ヶ岳1683m/節刀ヶ岳1736m

十二ヶ岳・節刀ヶ岳の関連書籍

登山人気アイテム

メスティン好きのアイテム

登山除菌アイテム

登山の汗対策

関連キーワード