雲取山といえば、まず「東京都の最高峰」というが連想が浮かぶ。東京の山で2000mを越えるのは、この山だけだ。「東京都の最西端」でもあり、山頂の北西は埼玉県、南西は山梨県と三都県の境をなしている。山頂への登路も甲州側の三条の湯から、秩父側の三峯神社から、東京側の石尾根や日原林道と、バラエティーに富む。奥多摩で「日本百名山」に入っている唯一の山である。

三条の湯から雲取山へ

奥多摩駅から丹波行きバスに乗り、お祭で下車する。バス停のすぐ先で右折するコンクリートの上り坂が後山林道で、これに入る。ここから三条の湯まで延々10kmの道のりである。林道はすぐに未舗装のダートとなり、しばらくは薄暗い植林帯を進む。片倉谷の橋を渡った後、いったん右岸に渡る。再び左岸に戻った先で塩沢橋を渡る。三条の湯まで約半分のところだ(塩沢右岸の道からヨモギ尾根の道に入ることもできる)。このあたりまで来れば周囲は広葉樹の自然林となって明るくなり、後山川の流れも近くなる。新緑や紅葉の季節の渓谷美は素晴らしい。林道終点にはわずかな駐車スペースがあり、その先は山道となる。すぐに青岩谷出合の橋を渡り、三条沢左岸沿いの登山道に入る。あたりはカエデ類をはじめとする広葉樹林となる。三条沢にかかる三条ノ大滝を左下に見下ろし、銚子ノ滝の滝音を聞きながらゆるやかに登る。やがて三条沢に架かる橋から三条の湯が仰ぎ見られる。

三条の湯は、木下さん三代が守り続けてきた山の湯宿である。1泊するならぜひ入浴したい。橋の下流の三条沢沿いにテント指定地があり、水場もある。小屋の前からいったん下って三条沢を渡り返し、水無尾根に取り付く。尾根の末端を回り込むように登り、青岩鍾乳洞への道を右に分ける。このあたり、プナ、ミズナラ、カツラなどの広葉樹がみごとだ。尾根の東面とトラバース気味に登って行くと、時折石灰岩の岩壁が現れる。「水無」尾根とはいえ、高度1600mあたりで横切る沢で水が得られることもある。木の間越しには雲取山や石尾根上部が望まれる。やがて明るく開けたカラマツ林の平坦な道となると三条ダルミは近い。

三条ダルミは北面を灌木に覆われているが、南面は開けて雁ヶ腹摺山の右手に富士山が望まれる。ここで道は3つに分かれる。左は雲取山荘への巻き道、真ん中は雲取山頂への登路で、右はブナ坂への巻き道だ。中央の尾根道に入り、260mの標高差を登り詰めて広々と開けた山頂の一角に飛び出す。きれいなログハウス風の避難小屋の右脇を通って、1等三角点の置かれた山頂に向かう。山頂からは、南から西に富士山、大菩薩嶺、南アルプスのほぼ全山が並び、奥秩父主脈や和名倉山北北西には浅間山…と素晴らしいパノラマが展開する。東には、関東平野の彼方に東京湾が望まれる。北東方面がカラマツなどに隠れて見えないが、山頂からの展望は、やはり奥多摩随一である。

雲取山

山頂南面の草原の急坂を下って、石尾根の広い防火帯の道に入る。このあたりに散在する赤味がかったシャールスタイン(輝緑凝灰岩)で、海底火山の噴出物だ。小雲取山を過ぎると、防火帯の道は急坂となって下っている(左のカラマツ林の中を下れば、富田新道を左に分けた先で防火帯の道と合する)。この先、ヨモギ尾根の頭からも再び急坂を下る(ここも左に巻き道あり)。すぐに左手のカラマツ林の中にひなびた山小屋が見えてくる。町営の奥多摩小屋だ。(逆コースをとって小屋に泊まる場合は、ここか、頂上を北に下った雲取山荘に1泊することになろう)テント指定地は小屋の下のカラマツ林の中で、南面に少し下れば水場がある。奥多摩小屋からは、五十人平のヘリポートを越えて、小さなアップダウンを繰り返しながら下って行く。セッ石山の手前で十字路に出た所がプナ坂で、カラマツに囲まれた広場は休憩に好適だ。左の唐松谷林道と、右に七ッ石山を巻いていく鴨沢への道が石尾根縦走略に交差している。時間に余裕があれば、草原の急登をひと頑張りして七ッ石山に立ち寄りたい。急ぐときは七ッ石山南面の巻き道に入る。左に七ッ石小屋への道を分け、沢を木橋で渡って尾根道を下る。露岩の目立つ尾根道を少し下ると、雑木林の中の小さな平坦地・堂所に着く。道はこれから小袖川側、つまり尾根の左側をからんでいくようになる。廃屋の前を通り、小袖乗越でいったん車道に出て再び石の山道に入れば、やがて鴨沢の集落が見えてくる。の集落からバス停は近い。

日原側から雲取山へ

日原側から雲取山にアプローチする2コースを紹介する。日原林道終点付近から大雲取谷左岸に沿って大ダワに至る大ダワ林道と、唐松谷林道の下部で右に分かれて野陣尾根を行く富田新道である。これら2コースに唐松谷林道を加えた3コースを適宜組み合わせれば日原から雲取山への多彩な往復プランが作れるはずだ。

大ダワ林道(現在廃道)

台風による土砂崩落、怪我死亡の事例などが重なり現在は廃道となっております。

鍾乳洞バス停から小川谷橋を渡って左の日原林道に入る。日原川左岸沿いの林道を八丁橋で左岸に戻る。天祖山登山口を右に見てゲートを過ぎると、終点まで長い林道歩きとなる。林道脇の数箇所で湧水も得られるが渇水することも多い。八丁橋から1時間半余りで唐松谷林道入口を過ぎ、長沢谷左岸の林道を終点手前までたどって大ダワ林道入口に着く。いったん長沢谷に下って木橋を渡り、対岸の急坂に取り付く。カツラの巨樹を過ぎ、二軒小屋尾根末端の鞍部に出て右に進む。大雲取谷左岸沿いに付けられた歩道が大ダワ林道だ。左に大雲取谷を見下ろしながらたどるトラバースルートである。大雨で崩れた路肩の補修箇所では滑落事故も起きているので慎重に通過したい。巨樹が多いブナ林の中の道は新緑や紅葉のころがとくに素晴らしい。大雲取谷の源流帯に入って左岸の支流を横切り、次第に傾斜を増す道を登って行く。イチイの大木が現れると、ほどなく大ダワの鞍部に出る。ここで左に折れて雲取山頂を目指す。この先は、左の巻き道(女坂)も右の尾根道(男坂)も雲取山荘で合流する。山荘周辺には水場やキャンプ指定地もある。雲取山北面に生い茂るシラビソやコメツガの樹幹にはサルオガセが絡まり、苔むした林床と相まって奥秩父らしさを漂わせている。鬱蒼とした原生林を抜けて明るく開けた山頂に飛び出すと、目の前が雲取山1等三角点だ。

富田新道

台風による土砂崩落によって通行止めになっている可能性があるため、事前に奥多摩ビジターセンターに問い合わせて欲しい。

唐松谷林道入口までは前テキストのこと。唐松谷林道に入って日原川に架かる吊橋まで下り、対岸の尾根の末端に取り付く。20分ほどで左に唐松谷林道を見送り、右手のブナ林内の急坂をジグザグに登って1400mを越えるあたりで野陣尾根に乗る。傾斜はゆるやかになって樹相もプナ類から次第にダケカンバやコメツガへと変わり、樹間から北に長沢山方面、南に石尾根方面の山々が望まれるようになる。道脇の木々の幹にはニホンジカの角研ぎ腹やツキノワグマの爪痕など、野生動物の印した痕跡も散見される。やがて林床にスズタケが生い茂ったカラマツ林に樹相が変わると、石尾根縦走路は近い。道標のある三叉路に出たところで石尾根縦走路に合流し、スズタケの中の道を登りきれば小雲取山の東の肩だ。南面の展望は富士山から南アルプス、奥秩父の主脈へと広がり、右手に雲取山頂が迫る。大パノラマを望みながらゆるやかな防火帯の道を行くと、やがて雲取山避難小屋の下に出る。小屋脇を通って岩層の散乱する草付きの急坂を登れば雲取山山頂にたどり着く。

雲取山をめぐる山小屋

雲取山は一都二県の境をなしている。その各々のエリアに登頂ルートがあり、通年営業の山小屋が一軒ずつある。北の埼玉県側に三峰方面からのコースと雲取山荘、南の山梨県側に水無尾根コースと三条の湯、そして東の東京都側には石尾根コースと雲取奥多摩小屋…。いずれも個性豊かで魅力的な山宿だ。

雲取山荘

山頂から北へ20分ほど下ったところにある。前身は1928年に建設された「雲取山の家」である。「鎌仙人」として有名な先代小屋主の富田治三郎氏から引き継いだ新井信太郎氏が経営する。1999年10月に、個室重視の現代的なログハウスとして新装オープンした。

三条の湯

後山林道からの日記、三条ダルミへ、北天ノタルへ、またサオラ峠へと三分する要地に位置する。丹波山荘の木下家が守り続けてきた、この山域唯一の湯宿で、現在の浩一氏で3代目となる。鉱泉をボイラーで沸かすため、入浴時間は制限されるが、タイミングがいいと、下山時の立ち寄り入浴もできる。

雲取奥多摩小屋

1959年に東京で開催された国体の登山競技のために建てられ、その後、奥多摩町に移管された。ここは素泊まりのみで、食事は自炊。風呂もバイトもない。ヘリポートのある五十人平と小屋の間にはキャンプ指定地があり、小屋の南斜面を5分ほど下ったところに水場もある。残念ながら現在は閉鎖してしまった。

奥多摩登山におすすめの書籍・地図

山旅旅ショッピング

登山人気アイテム

メスティン好きのアイテム

ソロキャンプ道具

軽量化のための登山装備

冬山登山 寒さ対策

この記事をシェアする

関連キーワード