箱根火山について

    古期外輪山

    箱根火山について

    箱根火山が活動を始めたのはおよそ40万年前。最初の活動は富士山のように何度も噴火を繰り返したと考えられる。噴火のたびに大量の溶岩や軽石を噴出し、25万年前に海抜2700mほどの成層火山が形成された。巨大な古箱根火山体は、おびただしい量のマグマを噴出した結果、内部に巨大な空洞ができた。その空洞部分に山体中央部分が陥没して、大きなカルデラがつくられた。18万年前のことだ。陥没しなかった古箱根火山の斜面が、明星ヶ岳や明神ヶ岳、丸岳、三国山、大観山などの古期外輪山となった。金時山は古期外輪山のように見えるが、実際は古箱根火山体の中腹から飛び出た寄生火山。

    出典:神奈川県温泉地学研究所

    新期外輪山

    古期外輪山が形成されてから数万年は大きな変化はなかったが、およそ13万年前に再び火山活動が活発になった。溶岩を噴出し、18万年前に形成されたカルデラ内に小さな楯状の火山をつくった。そして、5万年前に大量の軽石を噴出、相模川にまで達する大火砕流が発生した。同時に山体が陥没し、今の芦ノ湖の倍もあるカルデラ湖が出現したといわれる。この火山活動の際に取り残された楯状火山の斜面が、屏風山や浅間山、鷹巣山などの新期外輪山となった。

    中央火口丘

    4万年前になると最後の火山活動が展開され、カルデラ内に再び火山がつくられる。その溶岩はそれまでと比べ非常に粘性が高かったため、神山を除いてドーム型火山を形成した。台ヶ丘や小塚山、駒ヶ岳、上二子山、下二子山などだ。この火山活動の最後は3000年前の神山大爆発で終焉を迎える。この爆発は水蒸気爆発で、神山を崩壊させるほどのものだった。土石流によってカルデラ湖の半分以上が埋め尽くされる。そこに出来たのが仙石原。現在の芦ノ湖もこの期に形成された。最後に粘性の高い溶岩が付き上がり、神山の隣に冠ヶ岳ができた。

    その後は、大涌谷と早雲山の噴気活動は続いているものの活発な火山活動はない。その理由としては、地下にマグマが残っていないという推測がある。

    箱根の山々

    神山(1438m)

    箱根の最高峰である。山全体が樹木に覆われ展望はないが、箱根の手付かずの緑を堪能することができる。新緑や紅葉の季節がおすすめだ。

    駒ヶ岳(1356m)

    駒ヶ岳(1356m)

    駒ヶ岳は神山の隣にそびえる山。山頂部分は岩が露出し、草に覆われている。展望が良く、山頂までロープウェイが利用できるため登山者は多い。山頂には箱根神社の前身、元宮神社が建てられている。

    金時山(1213m)

    箱根で最も人気のある山。休日には多くの登山者で賑わう。金太郎伝説と山頂の茶店、山頂から眺める富士山の展望が特徴。

    明星ヶ岳(924m)

    明星ヶ岳(924m)

    この山の中腹で毎年8月に大文字焼きが行われることで有名。山頂は稜線上にあるが展望は良くない。明神ヶ岳に登る際にセットで登る人が多い。

    明神ヶ岳(1169m)

    明神ヶ岳(1169m)

    山頂は広くなだらか。富士山や金時山などの眺めが良い。ここから金時山に縦走する人も多い。最乗寺から登るコースは箱根路の中で最古と言われている。

    箱根の自然

    気象

    1000m級の山が連なる箱根地域は全体的に山岳的気象を示している。特徴としては、雨が多く天気の変化が激しいということだ。しかし、ほかの山域と比較して登山に適した期間は長い。2月上旬から3月上旬にかけて積雪が15cm以上になることもあるが、この時期以外ならほぼ登山シーズンといえる。梅雨時には南西の風が強く、6~7月には霧が出やすい。9月の長雨時期にもかなり多量の雨が降る。初雪は12月上旬頃だが、根雪になるのは年が明けてから。最も天候が安定し、晴天が続くのは12月~2月。空気も乾燥し展望も広がる。

    動植物

    動物は小動物や鳥類、昆虫類が多い。大観山近辺ではニホンザルの姿が確認されている。そのほかにはイノシシやノウサギ、イタチなどが見られる。キツネやタヌキなどはめったに見ない。また、鳥類は200種類以上が確認されている。温暖で雨が多いため植物の種類は豊富。シダ植物以上の高等植物は1800種類以上が確認されている。ブナやミズナラ、ヒメシャラは箱根を代表する樹木。また、ハコネダケやハコネギク、ハコネウツギ、ハコネバラなどハコネという名の付いた植物も多い。

    自然観察ポイント

    観光客で混雑する大涌谷は、箱根の火山活動が今でも続いていることが間近で見られる場所。現在でも水蒸気や硫黄が噴出している。観察略や説明看板があり、火山の成立が学習できる。

    箱根の最後の噴火により堰き止められたカルデラ湖の北側が、水位を下げて湿原になった。それが仙石原湿原である。オオミズゴケやモウセンゴケ、ノハナショウブなどが見られる。また、箱根湿生花園では湿原に咲く植物のほか、平地では生育ができないコマクサなどの高山植物も豊富に展示されている。

    箱根の山へのアクセス

    小田原駅·箱根湯本駅から

    小田原駅を起点にしてほとんどの場所までバスが出ている。箱根登山鉄道からケーブルカー、ロープウェイを利用する場合は、箱根湯本駅まで小田急線、箱根登山鉄道を利用する。(ここからのコースは箱根旧街道東坂、湯坂路、石垣山など。)バス便もそれぞれ目的地付近まで張り巡らされているので安心だ。(旧街道西坂、金時山、明神ヶ岳、丸岳、三国山、芦ノ湖西岸歩道、駒ヶ岳、箱根石仏群など。)ただし、箱根登山鉄道バスと伊豆箱根鉄道バスは同じ地点に行くにもルートが違うので注意。

    熱海駅・湯河原駅から

    熱海駅から十国峠登り口経由の元箱根港行きのバスがある。湯河原駅からは幕山、南郷山、しとどの窟方面へのバス便がある。

    三島駅・御殿場駅から

    三島駅からは元箱根港行きのバスがある。御殿場駅からは桃源台、箱根園、仙石などに向けてバスがある。

    マイカー利用

    小田原厚木道路、東名高速道路の御殿場インターを利用する。駐車場のない登山口も多いので事前に確認すること。

    箱根の登山に関する書籍・地図

    山旅旅ショッピング

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    軽量化のための登山装備

    この記事をシェアする

    関連キーワード