テレマークスキー

19世紀後半にノルウェー南部のテレマルク地方を中心に発展した現代スキーの原型とも言えるスタイルがテレマークスキー。アルペンスキーがスキー板にブーツを完全に固定するのに対して、テレマークスキーはスキー板にブーツのつま先だけを固定し、踵を浮かす事ができるのが最大の特徴です。