ランとテンカラで山旅を楽しむ『マウンテンカラ部 Vol.2 ~2日目~』

マウンテンカラVol2

マウンテンカラ部、初回の管理釣り場での練習から、おおよそ1ヵ月間の個人練習期間を挟み、第2回となる今回は大自然に出てマウンテンカラ実践。1日目のレポ野営のレポにつづいて今回は最終章となる2日目のマウンテンカラについてのレポ。

1日目、2つのグループに別れてどちらのほうが釣果があったかなど話し合った結果、2日目は全員で1つの沢に照準を合わせて釣り上がることになった。少し疲れが見える雷太さんはテン場の近くで釣りを選択。その他のメンバーはより深く沢を登ってみようという事で奥へと向かった。

 

バリエーションルート

スポンサードリンク

1日目同様にヤブ山をトラバースし、ふた手に別れて渓に入った。僕はナミネムくんと、そしてムッチーくんはジローくんと高橋くんを引き連れて沢の核心部へと向かった。熊鈴をこれでもかと鳴らしながら、奥へ奥へと歩を進める。熊鈴1つとっても響き方や鳴りの持続の違いなどがあり、実際に山の中で熊に恐れながら使うと『少しぐらい重量があっても遠くまで聞こえるだろう響きの強いものがいいなあ』と感じた。1つ勉強。

 

ナミネムくん釣り

昨日に比べると、「うむぅ~」当たりが全くない。なんというか昨日の馬力というか精神の部分が散漫になっているのか、なんとも集中に欠ける。少なくとも僕はそんな状態だった。だからなのかライントラブルも多く、1日目は1度もフライを無くさなかったのに2日目の午前中だけで2つも無くしてしまった。

悪循環とはこういうもので、集中力が欠けてトラブルを起こし、トラブルが起きると心が萎える。これを繰り返していくとどんどん深みにはまっていく。スポーツ選手もこういう悪循環を回避すべく精神の鍛錬をしているんだろう・・。そんな事を思いながら『あ~釣りっていうのは精神統一という己との戦いっていう側面もあるのかなあ』なんて考えていた。2つ勉強

スポンサードリンク