サロモン OUTpath GORE-TEX®

ブーツ型の登山靴って重くて窮屈で、登山終了時に登山靴を脱ぐと開放感を感じるほど、ストレスを感じてました。ブーツ型の登山靴って色々な場所で『捻挫がしにくい』などと言われてますが、そんなことはなくて捻挫をするような状態で足をひねればブーツだろうが、捻挫は起きてしまうと思うんです。ブーツである利点は、ガレ場などの多い山道で岩からくるぶしを守ってくれるとか、小石や砂利などが靴の中に入りづらいとか、行く山によってブーツが良い時と、ブーツでなくとも良い時とがあり、持っていく装備やウェアを選ぶのと同じように登山靴も選ぶようにしています。そんな中ストレスレスに履き心地が抜群なのがサロモンのOUTpath GORE-TEX®です。

 

サロモン OUTpath GORE-TEX®

トレイルランニング用のシューズと見間違えるほどにシンプルなつくりは、余計なものを省いているので重量なんと335g。だからスピードハイク用のシューズとして履き心地と安心感は抜群なんです。

スピードハイクって?

スピードハイク

このシューズを購入する時にスピードハイクについてショップスタッフの方が、ご自身の考え方を話されていて面白かったので紹介すると、『トレイルランニングをしていた人が、テントや寝袋など宿泊をするための軽量な装備を背負って山を駆け抜けるのをファストパッキングと呼び、ハイカーさんが同じようなことをするとスピードハイクって呼ぶようになると思うんです』と言われてました。厳密に呼び名のルールはなく、解りやすい呼び方ってどっち?というシンプルな考え方だと思うんですが、共通点はどちらも【より遠くへ、より早く移動する、スピーディーな行動で長距離山行を楽しむ】って事なんです。だからシューズは軽量であり、足さばきがしやすく、その上柔軟性と耐久性が求められます。

サロモンOUTpath GORE-TEX®のソール

サロモンOUTpath GORE-TEX®のソール

スポンサードリンク

サロモンのOUTpath GORE-TEX®が採用しているソールはサロモンのオリジナルソールブランド「コンタグリップ」の上位モデルに使用されている『プレミアムウェットトラクション』といって、様々なシチュエーションでの使用を想定した、安定感に優れた独自開発のソールなんです。

サロモンの技術力の凄いところは、シューズそれぞれに合ったソールを独自で開発しないと、最高のパフォーマンスを発揮するシューズを作れないという考えで、スキーやスノーボードで培ったあらゆる素材を駆使した3D設計が採用されているんです。

 

サロモンOUTpath GORE-TEX®のソール

サロモンのシューズはボトムユニットとアッパーの形状がそのままリンクされていて他では味わえないフィット感が実感できるんです。普通ソールの特徴を気にする時はグリップ力の良さといった話になりがちなんですが、サロモンの場合はフィット感にも関係しているんです。

『プレミアムウェットトラクション』は、その名の通り濡れた岩場でもグリップ力を発揮します。スピードハイク時でも登り、下りでグリップ力を発揮するパターンで、その安心感は実際に履いてみると強く感じます。

 

サロモンOUTpath GORE-TEX®のソール

また粘着力のあるソール(実際にお店でソールを触ると解ると思います)と、内蔵されたシャーシによって、路面状況がガレ場などの安定しない場所でも安定感が高いんです。スピードハイク時にこういったガレ場で足をひねることが多いと思うんですが、この心配が軽減されるのは頼もしいです。

スポンサードリンク