バックパックの正しい背負い方を学ぶ

ザック、バックパックの背負い方

バックパック、ザックの背負い方ですが、まずは自分にあったサイズのザックを選ぶことが大事で、それについてはグレゴリーのザックについての記事を参照頂くとして、こちらではサイズのあったザックをどのように背負うのが正しいのかというのをお伝えしていきます。

バックパックが持つショルダーのテンション

まずはじめにショルダーのテンションのかかり方にはショルダースタビライザーの最適な角度というのがあって、それがザックによって違います。グレゴリーのバルトロであれば、45度ぐらいが一番最適な角度ですが、歩きながら確かめるのが一番です。

 

グレゴリーのバックパックにおけるフィッティングスロットを使って背面長の長さを調整

スポンサードリンク

この手の大型で機能が多く備わっているザックは背負い慣れるまで2,3日かかります。2015年にバルトロがリニューアルした後、3泊4日でアメリカを歩いたときが、新しいバルトロを初めて使った時なんですが、やっぱり最初だから、スロットで背面長の長さを1回上にして半日歩いてみて、「やっぱり下かな」って感じて試してみたり、ストラップの位置がしっくりこないなあと感じては、細かく調整して歩き続けてると、ほんと3日目ぐらいに「あっ、最適ポイントここだ」って慣れてきてわかってくるんです。購入してからフィールドで3日経ってわかって、そのあとはロックして使い続ければ問題ないです。

※バックパックの調整には半年から1年かかるという意見もあるようです。ロングトレイルや縦走で長期間歩くと気持ちが変わるなどで再度調整を行う事もあるようで、難しいという意見を頂戴しました。(山旅々編集部より)

スポンサードリンク