グレゴリー創設者ウェイン・グレゴリー

1977年にグレゴリーの創設者ウェイン・グレゴリーがグレゴリーを始めた時に、「靴にはサイズがあるのに、なんでバッグにはサイズがないんだ?」という疑問から始まっていて、山で長時間ストレスなくバックパックが背負える大切さを大事にした物作りを徹底しているブランドです。

フィッティングからスタートしたグレゴリー

この疑問から始まっているので、グレゴリーはフィッティングからスタートしたという背景があるんです。だから競合他社と比べて何が強みなのか?高機能、耐久性、軽量性、価格色々な視点があると思うんですけど、カジュアルバッグを除いたアウトドアザックに限定していうと、グレゴリーはフィッティングが強みなんです。

グレゴリーのバックパック作りの目的

グレゴリーのフィッティング哲学

例えば、山に入ったときに一番最悪なのって、靴が合わずに靴ずれを起こして歩く度に痛くて、本来とっても楽しい所に来ているはずなのに楽しめない。靴が良ければ、靴のことを意識しないで景色を自然に楽しめる。

ザックも同じで、ザックがストレスにならないように、しっかり体にフィットするような作りであれば、より自然の中で長時間、何日歩いてもストレスなく自然そのものを楽しめる。それがアウトドアの道具として大切なんじゃないかという考えが基本にあるんです。

背面長の測り方
背面長の測り方
背面長の測り方

この考えを叶えるために、ウェイン・グレゴリーは第七頚椎(後ろ首の骨が出っ張っているところ)が、ある年齢を超えると成長の過程で伸びないというロジックを発見して、第七頚椎から腰骨までのトルソーの長さ(背面長)を計ってザックのサイズを分ければ、人それぞれでピッタリあうサイズのバックパックを作れるはずだっていう考えに至ったんです。

グレゴリーのバックパック「カシン」

グレゴリーのザック「カシン」

そこから「カシン」というモデルが誕生して、遊歩大全という本でコリンフィッチャーが「グレゴリーのザックは凄いぞ」って紹介をして大ヒットになったんです。そこからブランドに火がついて、売れていったという歴史があるんです。この「カシン」は30年以上前のモデルなんだけど、考え方の大方を今のモデルも受け継いでいる完成系に近いモデルなんです。