初めてのロングトレイル『ジョンミューアトレイル ~装備編~』

ロングトレイルで持ち歩いたザック

ロングトレイルとの出会い『出会い編』、実際に歩いた感想を綴った『実践編』につづいて最後になる今回は装備編です。

ロングトレイルって調べると「ウルトラライトな装備」ってセットで出てくるんですね。だから「私の装備の重量はどうなんだろう」と思って、持っていく装備をリストアップして重さをそれぞれ量り総重量をチェックしてみたんです。そうすると重い道具が解ってきて「軽い別のものを買わなくちゃ!」って考えるんですね。例えば私が持っていたストーブはガス式のものだったので重量がある程度あって「より軽くと考えるとアルコールストーブかな」って買い替えを検討するんです。

 

ロングトレイル ジョンミューアトレイルでの焚き火

そうしてウルトラライトの装備を購入しようとアウトドアショップに出かけて、ロングトレイルについて質問をしたんです。お店の方はロングトレイルを多くされている方で、投げかけた質問に真摯に答えてもらえました。私が軽量な装備の購入検討をしている事に彼は「ウルトラライトな道具っていうのも大切だけど、1番は使い慣れている道具を使うっていう事が大事だし、道具を買うお金があるんだったら、現地で楽しむ為に使った方がいいよ」って助言してくれたんです。

スポンサードリンク

 

ロングトレイル ジョンミューアトレイルで使ったバケツ

それを聞いて安心して、それでもこれは必要だろうというものは買おうと思ったんです。例えばアメリカのトレイルでは、汚れた衣類を湖や川に直接入れて洗っちゃいけない。だからバケツに水を汲んできて何メートルか離れたところで洗濯をするんです。その為に軽く折りたためるバケツを買わなくちゃって思ったんですけど、その彼は「それは買わなくていいから、これを使いなよ」って言ってくれたものが、プラティパスの底を半分切ったようなものだったんです。おそらく商品ではなくて自作で作られたようなものだったと思うんですけど、それが凄く役に立ちましたね。

スポンサードリンク