アークテリクスのマンティス2は登山、野営、キャンプと言ったアウトドアユースから、タウンユース、旅先と幅広いシーンで活用できる良さがあります。マンティス2という名称からも解る通り、マンティス1というサイズ違いの展開があります。サイズ違いについての比較レビューは以下で紹介していますので気になる方はチェックしてみてください。

    マンティス2は今までマカ2という名称で親しまれていたモデルで、使い勝手はそのままで素材がナイロンオックスから、平織りのナイロン生地へ変更され、ロゴの配置などが変更されました。

    商品概要

    商品名アークテリクス マンティス2
    価格¥5,500 (税込)
    重量180g
    容量3リットル

    アークテリクス マンティス2の収納力

    マンティス2の容量は3リットルでかなりのものを収納することができます。上の写真では、財布、スマホ、虫除けスプレー、ウインドブレーカー、カメラ、ハンドタオル、グローブ、水筒を入れても、まだ空きがあるという状態です。

    サイズは縦20センチ、横27センチ、奥行き5.5センチというのがオフィシャルサイズとなっています。

    2つのポケットがあり、メインの大きなポケットに500mlのペットボトルを入れてもゆうに隙間があり、日常のお出かけ時にも重宝します。

    アークテリクス マンティス2のポケット

    メインにポケットには仕切りがあり、ジッパー付きのポケットもあります。昭文社の地図、行動食、貴重品といったアイテムカテゴリーで仕分けができるのは使いやすいです。

    外側のポケットにはキークリップが視認性の高い赤いテープで付いています。山の中で物を出した時にふとした拍子に落っことして大変な目にあう、例えば車や家の鍵などをつけておくと安心感が高まります。

    マカ2の時代から使い続けている人の多くが「これ!すごい便利!」と言われるのがスマホ用ポケットです。マンティス2の背面(身体側)にスマホがピッタリと収まるポケットが付いています。

    マンティス2のスマホ用の背面ポケットは見た目、スマホが深々と入って取りづらいのではないか?と思ってしまいますが安心してください。

    スマホをポケットに入れると、上の写真のちょうど指のあたりでとまるようになっています。

    だからスマホが取りづらいということはありません。今の時代はスマホで地図、カメラなど登山などでひっきりなしに使用するので、ジッパーをあけて→取り出して→使って→仕舞って…と繰り返していると、ジッパーを開けっ放しにしていたとか、スマホを取り出す時に他のものを落としてしまった、というようなことは多くあり、リスクなのですが、これが皆無です。

    アークテリクス マンティス2の着け心地

    サコッシュのように使うときはショルダーがけをします。日常使いではこの着け方が多いです。目線の近くにポケットがあるので、物の出し入れはしやすいですが、暑いときや汗を多くかくときにはウエストポーチとして活用します。

    お尻側にしてもいいし、前面にポケットがくるようにしてもいいし、付け方は自由です。歩きを邪魔することはありません。細かなギアを沢山持ち歩く、釣りなどに重宝します。

    ベルトの調整は秀逸で、指一本で緩めることもできるし、身体にフィットさせることもできます。フィットさせた時に余ったベルトがぶらつかないようにゴムで止めてあるなど、不満をみつけるのが難しいアイテムです。

    ショルダーバックって頭をくぐらせて着脱しなくてはいけなかったのですが、マンティス2を身体から外すときは、バックルを外すだけでするりと着脱可能することが可能です。

    ベルトは上の写真のように背面のパネルの中に仕舞うこともできます。これだけでみるとザックの雨蓋のような形状なのですが、それはさて置き、バックパック内に収納するジップサックのような使い方もできます。素材がメッシュ地なので、汗で濡れても乾きやすいのも特徴です。

    山旅旅ショッピング

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    軽量化のための登山装備

    この記事をシェアする

    関連キーワード