サンディエゴはカリフォルニア州の中ではロサンゼルスについで2番目に人口の多い都市で、名前からも推測できると思いますが、もともとはスペイン領、メキシコ領で地名や通りの名前にスペイン語に由来するものが多く存在します。

気温は平均21度ほどで、最低でも10度ぐらい、年間を通じて温暖な気候です。海までのアクセスは車で30分ほど、平日は仕事はじめの早朝にサーフィンを楽しむこともしばしばです。

サンディエゴのサーフポイント

サーフポイントはサーフィンのチャンピオンシップツアー(CT)の開催場所にもなったトラッセルズと言う場所がお気に入りのポイントです。世界各国からサーフトリップで訪れる人が多く、夏から秋にかけて南ウネリを拾い良い波が来ます。サイズは腰から頭半くらいまでが良いです。ボトムが岩なので上がる時に足を切らないよう注意が必要です。

サンディエゴのトレイル

海岸沿いは崖の形状になっている箇所も多く、そこには海が見渡せるトレイルが数多くあります。日本でいうと鎌倉や六甲など海と山の距離が短いエリアという点で近いかもしれません。サンディエゴに住んでいる人は山も海も選ばず遊ぶことができるので、アウトドア好きの方には天国のような場所だと思います。

山遊び、海遊びを楽しんだあとは、海岸沿いに点在するレストランで食事とお酒を楽しみます。刻々と変化する海の景色は日常のこととは言え、とても美しいです。

アメリカは自主性を重んじる文化が備わっているように思います。自転車遊びをしていると、日本のように境界線がなく、主体的な行動を自然と考えています。

週末のライフスタイル

昼間はサーフィンやトレイルランなどで体を動かし、夕方から自宅でBBQをしながら、クラフトビールを飲み、カリフォルニアワインで〆るというのがお決まりのスタイルです。海のものが豊富なのもカリフォルニア州のおすすめポイントです。ウニのお寿司も自宅で楽しむことができます。

BBQで楽しむ牛肉はどこでも売っていますが、お気に入りはWhole foodsのリブアイステーキです。1kgの塊を買っても3200円(1USD/106円換算)とそんなに高くありません。塩・胡椒を振り、オリーブオイルを塗ってグリルで焼けば20分ほどで出来上がります。

塩などの調味料は日本人にも人気があるトレーダージョーズのものが美味しく、我が家の定番アイテムです。※トレーダージョーズのアイテムは以下のリンクから購入可能です。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

この記事の紹介者