行動着としても休憩着としても着用できるタイツを探していて、今年の冬、大活躍してくれそうなのがパタゴニアのキャプリーンエアボトムです。

    キャプリーンエアボトム

    おすすめポイント

    • 3Dニット構造で縫い目がない
    • レイヤリングしやすく冬場の登山に使いやすい
    • 日常のパジャマにおすすめ

    商品概要

    ブランドパタゴニア
    商品名キャプリーン・エア・ボトム
    商品説明革新的な縫い目のない3Dニット構造を採用し、驚くほどの保温性と快適ゾーンを提供。
    価格¥ 17,600(税込)
    重量167 g
    素材メリノウール51%/リサイクル・ポリエステル49%

    管理人の評価レビュー

    総合評価★★★★☆
    快適性★★★★★
    軽量性★★★★★
    コンパクト性★★★★★
    価格★★★★☆
    パタゴニア公式サイト メンズ・キャプリーン・エア・ボトム

    キャプリーンエアボトムの構造

    キャプリーンエアボトムの構造

    特徴はまず縫い目がなく3 D ニット構造を採用している点です。素材はメリノウールとリサイクルポリエステルを使用しており、ニット素材なので通気性、吸湿発散性と速乾性を備えて、さらにメリノウールによる防臭効果も維持された作りとなっています。

    キャプリーンエアボトムの生地

    ニット素材による通気性は行動中に熱がたまるということを防いでくれ、程よく保温してくれます。

    例えば厳冬期におけるハイクアップではキャプリーンエアボトムとシェルパンツの2枚で行動するというような使い方をしています。

    キャプリーンエアボトムのニット構造

    僕の友人はこれだと暑いと話をしていたので人によってレイヤリングに差が生まれるものだと思います。

    キャプリーンエアボトムを取り入れたレイヤリング

    キャプリーンエアボトムを取り入れたレイヤリング

    最近気に入っているレイヤリングはキャプリーンエアボトムの上に同じくパタゴニアのトレイルランニングパンツとして人気があるテルボンヌジョガーズを重ねて冬の登山を楽しんでいます。

    山小屋について寒くなればテルボンヌジョガーズの上にフーディニパンツを重ねたり、ダウンパンツを重ねるなどして防寒対策を図ります。

    キャプリーンエアボトムを取り入れたレイヤリング

    キャプリーンエアボトムは一着だけでも着用できるので山小屋のパジャマとして、冬場寒い時期の部屋着としても活用できます。

    晩秋から初春にかけてこのタイツ一本あるとハイキングや日帰り登山、山小屋泊といった縦走登山の行動から休憩までをカバーしてくれるのでとても助かっています。

    パタゴニア公式サイト メンズ・キャプリーン・エア・ボトム

    山旅旅ショッピング

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    ソロキャンプ道具

    軽量化のための登山装備

    冬山登山 寒さ対策

    この記事をシェアする

    関連キーワード