オールシーズン安心して着用できる登山用レインウェアには、ホグロフスのリムシリーズジャケットを活用しています。今回はこの軽量で透湿性に優れたホグロフスのレインジャケットを紹介します。

リムシリーズジャケット

おすすめポイント

  • 雨の侵入を防ぐ考えられた作り
  • 軽量とプロテクションのバランスが素晴らしい
  • 安心のGORE-TEXパックライトプラスを採用
  • ミニマムでシンプルな作り

商品概要

ブランドホグロフス
商品名リムシリーズ ジャケット
商品説明ホグロフス定番の軽量GORE-TEXレインウェア
価格¥39,600(税込)
重量210g(Mサイズ)
素材GORE-TEX Paclite® Plus

管理人の評価・レビュー

総合評価★★★★☆
快適性★★★★★
軽量性★★★★★
コンパクト性★★★★★
透湿性★★★★★
コストパフォーマンス★★★★☆

ゴアテックス パックライト プラス

ゴアテックス パックライト プラス

ホグロフスの定番レインウェア、リムシリーズジャケットはゴアテックスのパックライトプラスを採用しています。

この素材はコンパクトで軽量かつ高い耐久性と防水性を兼ね備えた特徴があり、ファストパッキングやトレイルランニング、3シーズンにおけるレインジャケットとして最適な素材と認識しています。

ホグロフス リムシリーズ ミニマム

ハードなアクティビティでも優れた透湿性を有するように設計されているので、ジャケット内にこもった汗の蒸れを効果的に逃がすことができる特徴を備えています。

だからレインジャケットとしての活用以外にウィンドブレーカーのような使い方もでき、結果装備の軽量化にも繋がる特性を持っています。

ホグロフス定番の軽量レインジャケット

ホグロフス レインジャケット

ホグロフスの中でも定番的な位置付けとしてリムシリーズジャケットは毎年人気を博しており、ゴアテックスパックライトプラスの素材の特徴を生かした作りが魅力的です。

この生地の軽量性を損なわないようシンプルかつミニマムな作りで重量はMサイズで210gという重さです。

ホグロフス

肩周りから脇袖の内側は無縫製を採用し軽量化と耐摩耗性を向上させています。

レインジャケット 袖

袖は伸縮素材を使用しており雨はもちろん稜線上に出た時に冷たい風が吹き込まないように作られています。

アジャスター 裾 ホグロフス レインジャケット

裾周りは片手で扱えるアジャスターが付いており体にフィットさせることが容易に行えます。

レインジャケットに求めること

ホグロフス 生地

バックカントリーやアルパインクライミングなどで求めるレインジャケットの特徴は、ヘルメットをしたままでもかぶれるフードや、冷たい雨風に叩かれた時に必要な生地の厚み(デニール)ですが、低山における登山、3シーズンにおける登山でのレインジャケットに求める特徴は、軽量性と、熱くなりすぎた時に汗をかかずに行動できる透湿性を求めます。

そういう意味でもホグロフスのリムシリーズジャケットは最適な作りと言えます。

僕の場合は体にフィットしすぎず、身体全体にゆとりを持たせることで体の熱が換気されるように、ワンサイズアップのレインジャケットを着用しています。

ホグロフスのレインジャケットの特徴

レインジャケット フード

レインジャケットを着ていても雨の侵入を確実に防ぐことは難しいと思っています。

それは袖からの雨の侵入、首からの雨の侵入というのが今までの経験上、雨の侵入経路として多いと思っています。

ホグロフスのリムシリーズジャケットをレインジャケットとして活用するようになってからは雨の侵入がほとんどなくなって安心して登山を楽しめるようになりました。

その一つにフードの作りに大きな特徴を見出せます。

フード レインジャケット

その一つにフードのツバ部分です。ホグロフスのリムシリーズのツバは、ひさしが大きく張りのある作りでフードから滴る雨が、顔や首に落ちずに、足元に落ちるように作られています。

もう一つがフード周りが頭にしっかりとフィットする機能性です。

フード フィット レインジャケット
フード フィット レインジャケット

フードのフィットには、耳から後頭部にかけて360度フィットさせるコードと、前頭部から側頭部にかけてフィットさせるコードがついており、立体的にフードを頭にフィットさせることができます。

こうすることで頭の上げる下げる、左右を見る、といった動きにもフードが追随し雨風の侵入を防いでくれます。

また寒い時に首元をしっかりと雨風から守ってくれるプロテクションはすばらしいものを感じていて、安心して登山を楽しめます。

ホグロフスのリムシリーズジャケットは軽量性にも長け、プロテクションにも力を入れた作りに魅力を感じており、バランスに長けたレインジャケットと言えます。

おすすめのレインウェアと選び方

レインウェアに採用される素材として認知の高いゴアテックス・eVent・パーテックスシールド・ポーラテックネオシェル・各メーカー独自素材の違い、またレインウェアを選ぶ際に必要な防水性・透湿性について、そしてレインウェアを特徴づけるピットジップやフード形状など、登山だからこそ重視すべきレインウェアの特徴について紹介しています。雨が降って寒い思い、暑い思いをしないように正しいレインウェアを選べる知識をみにつけましょう。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者