アルトラ ローンピーク

アルトラのローンピークはトレランで使っているもので、ドロドロに汚れて「どうにでもなってしまえ」っていう気持ちで使ってます。もう1つアルトラの「スペリオール」を持っているんですが、これは仕事で使っていて『帰りに軽くランしよう』なんていう時にもよくて、比較的綺麗に履くようにしています。

ローンピークのクッション性

アルトラ ローンピーク

ローンピークのいいところはクッション性で、厚すぎず薄すぎないというところです。毎朝一生懸命走って会社に来ると、スペリオールだと足が疲れちゃうんです。なのでローンピークぐらいのクッション性があった方がいいなあということで使ってます。5キロ~30キロぐらいまではローンピークを使って、それ以上の距離だとよりクッション性があるものと考えるようにしています。

アルトラ・ゼロドロップの良さ

アルトラ ローンピーク

人によってだと思いますが、僕の場合1センチ~4ミリのドロップがあるシューズを以前履いていて、そこからゼロドロップに変えたんですけど、1ヶ月ぐらいはふくらはぎが大変なことになってました。

 

アルトラ ローンピーク

それまでは結構ガニマタで走ってたみたいなんです。自分ではそんなに気にしてなかったんですけど、全体のフォームもおかしかったと思います。それもゼロドロップに履き替えたことをキッカケに矯正して直して、足の置き方なども改善したんです。そういう心がけを実践したのもあって、最初の1ヶ月の足の負担は凄くて、歩くのも辛いくらいでした。

アルトラで走って整った身体

アルトラ ローンピーク

そんな経験を積んで、いろいろなものが直りました。例えば走ったあとに膝が痛かったり、足が痛かったりしていたのが、大分良くなりました。走っているとトラブルが多かったんですが、最近ではそういうのが大分減った気がします。

 

アルトラ ローンピーク

30キロ以上とか距離を走らなければローンピークで十分だと思ってます。トレランシューズも毎日使っていると半年ぐらいでだめになっちゃうので、うまいことアルトラの新作が発売される頃に買い換えるというようにしています。ローンピークは長く続いていて、アルトラ全体にも言えるんですけど、新しいのが出る度によくなるんですね。だから買い換えるのも1つの楽しみになってます。

この記事のタグ