ACRE(エーカー)バックパック

機能美溢れたACRE(エーカー)のバックパック

サンフランシスコ発信のブランドMission Workshop(ミッションワークショップ)のフィールドラインにACRE(エーカー)があって、そこから出ている14リッターサイズのバックパックです。ACRE(エーカー)は、あらゆるコンディションにも対応できる機能的な製品が多く出ていて、このバックパックも機能美にあふれた設計で、かつスタイリッシュだからあらゆる場所にもっていくことができるんです。

 

ACRE(エーカー)バックパック

ACRE(エーカー)バックパック

機能においては、まず1つにハイドレーションを取り付けることができます。Camlebak、Hydrapak、Platypus、Nalgeneなど3Lまでのほとんどのハイドレーションパックと互換性があります。

 

ACRE(エーカー)バックパック

次に背中に接触するナイロンメッシュですが、高い透湿性と優れた速乾性を兼ね備えているので、汗で濡れても内部は常にドライな状態を保ってくれます。

ウエストベルトは幅広いパッドを採用していることで腰周りに密着してくれるから、マウンテンバイクシーンなどの激しい動きでも、横ぶれがなくストレスなくライドを楽しむことができるんです。

ACRE(エーカー)の多様性

ACRE(エーカー)バックパック

素材はエックスパックで軽量且つ丈夫です。

 

ACRE(エーカー)バックパック

ACRE(エーカー)バックパック

メインの上部ポケットはストラップで止めておくこともできるし、ロールトップにすることもできます。

 

ACRE(エーカー)バックパック

ロールトップにすると使わないストラップが出てくるんですが、これらを使ってヘルメットをザックにとめておけるんです。ヘルメットにストラップを通すだけという簡単な操作も魅力です。

こういった細かな機能を使っていると、かゆいところに手が届くというか、すごい便利だなって思って使っているんです。

ACRE(エーカー)の大きさとポケット数

ACRE(エーカー)バックパック

14Lというサイズは、ワンデイライドにちょうどいい荷物を搭載できるんです。普段使いではノートパソコンや財布、携帯といった小物類を入れて持ち運んでいます。

 

ACRE(エーカー)バックパック

小物を整理して入れておけるポケットの数と大きさが抜群によくて、フロントポケットに財布、横のポケットにはiPhoneがちょうど入るというように、荷物の出し入れも容易です。

ACRE(エーカー)でアウトドアへ

ACRE(エーカー)バックパック

マウンテンバイクで山に入ったりする時は、ゴアテックスのジャケット、カトラリーやクッカー、ストーブ、それにコーヒー、ハンドミル、ハンモックをもって、キャンプ地でゆっくりコーヒーを飲むという時間が大好きなんです。

 

ハンモック

僕らサンウエストで提案しているアクティビティは、ハンモックとコーヒーを山の中に持っていって、ハンモックを張ってそこに座ったり、寝転んだりするんです。そうして休憩して、コーヒーを飲みながら周りの仲間と語らう。とっても贅沢な時間です。

 

ACRE(エーカー)バックパック

メッセンジャーバッグって肩から斜めにかけるシンプルなものであったり、重量感のあるしっかりとした生地で作ったものなどがある中、これはアウトドアよりの軽量でシンプルなつくりで、それでいてテクニカル過ぎない。

アウトドアシーンでも街中でも違和感なく使えるスタイリッシュなデザインがとにかく好きです。例えば自転車から降りて、そのままの格好で町で過ごしたりもできちゃう。そういうところがずっと使っていきたいと思えるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。