魚沼グルメに足湯、温泉にスノーソーも!

    四季を通じて様々に魅せる苗場山や谷川山系の大自然、様々なアウトドアレジャーを楽しめる「みつまた」。道の駅みつまたは道中のお食事やカフェ、スキー&スノーボード帰りに温泉と魚沼自慢のお土産を。そして登山の備えにモンベルショップも。小さくても心尽くしの魚沼流おもてなしで旅の楽しさを彩ります。

    道の駅みつまたの概要

    • 住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字三俣1000
    • 営業時間:9:00~17:00(5月~11月)10:00~18:00(12月~4月)
    • 休日:火曜日
    • 電話:025-788-9410
    • 駐車場:大型3台 普通車13台(身障者用1台)(隣の街道の湯に大型駐車場有)

    大自然に囲まれた道の駅みつまた

    旧三国街道沿い、関東から新潟への玄関口に「道の駅みつまた」はあります。冬はかぐらでバックカントリー、ゲレンデでスキー&スノーボード。夏~秋は苗場山や平標山トレッキング。四季を通じて様々なアクティビティの拠点「みつまた」。道路・気象情報もリアルタイムで提供します。

    かぐらバックカントリーを行くライダーたち、正面は霧の塔、通称三角。

    三角手前より見る苗場山、標高2,145m。特徴的な山頂台地の無雪期間は600ヘクタールの広大な高層湿原です。

    標高2000m、さらさらの粉雪積もる かぐらはバックカントリースキー&スノーボードのメッカです。

    晩秋の平標山 道の駅みつまたから平標登山口までは9キロ、車で15分ほど。 

    晩秋の仙ノ倉山から望む万太郎山、谷川岳方面。

    かぐらスキー場の奥、第5ロマンスリフト。降雪後は粉雪を求めてスキーヤー・スノーボーダーが押し寄せます。

    かぐらスキー場ベースのみつまた駐車場と道の駅みつまたは隣接しています。

    魚沼の魅力満載の農産物にお土産

    魚沼と言えば米、米と言えば魚沼!それくらい全国区ブランドの魚沼コシヒカリの新米を。ひとえにコシヒカリと言っても生産者により美味しさにも個性が。お気に入りの魚沼コシヒカリを見つけてみませんか。

    美味しい米どころには旨い酒あり、魚沼自慢の銘柄が揃います。関東では買えない逸品も。

    魚沼きのこはおいしいよ!地元の野菜やきのこ。

    魚沼自慢の食材を存分に、レストラン&カフェ

    魚沼の逸品素材にこだわったレストランコーナー。おすすめは何といっても、トロトロの「もつ煮!」

    臭みの全くないミルキーな味わい、不思議な食感はモツ煮革命と言うべき美味しさ。宿場町で育った腕自慢の厨房スタッフが丹精こめて仕込み、トロトロと煮込んだ一品。いろんな食感を楽しめるように様々な部位のモツを使用してるとのことです

    けんちん汁にモツ煮、美味しいご飯と大満足の「モツ煮定食」

    他にも麺類や丼、魚沼こだわり食材のメニュー、本当に何を食べても美味い!

    カフェは無農薬栽培の自家焙煎コーヒーがおススメ。こしひかりを使用した玄米茶や魚沼そば茶など、地酒や越後ワインも。おやつには濃厚ソフトクリームに三俣産ハチミツをたっぷりかけたパンケーキやmont-bellプロデュースの米粉おやきも。

    レストランスペース

    心身ともにリラックス、旅の疲れ癒す足湯&温泉

    館内の足湯は登山靴・スノーブーツを脱いだ足に究極の癒しを。

    道の駅みつまたに隣接する「街道の湯」はゆったり30人ほどが入浴できます。今の時期、雪を眺めながらの岩造り露天風呂は至福の時間なのです。

    • 営業時間:AM 10:00〜PM 9:00(最終受付: PM 8:30)
    • 定休日:毎週火曜日 (祝日・年末年始・お盆期間の場合は後日振り替え)
    • 利用料:大人 600円 こども 250円(4才-小学生)
    • 回数券(10回): 大人 4800円、こども 2000円
    • 駐車場   60台
    • TEL      025-788-9229

    モンベルショップがアクティビティをサポート

    お忘れ物はありませんか?苗場山や谷川山系トレッキングの玄関口に便利なモンベルのアウトドア商品コーナー。バックカントリーへの備えも手に入る、これも道の駅みつまたならでは。

    ミドル、ベースレイヤーにアウターも。

    ピッケルやショベル

    スノーシュー

    スキー&スノーボードを装着できるバックカントリー用バックパックにスノーソー、小さくてもツボ押さえた品ぞろえ。

    山旅旅ショッピング

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    ソロキャンプ道具

    軽量化のための登山装備

    冬山登山 寒さ対策

    この記事をシェアする