神奈川県のほぼ中央に位置するピラミッド型の大山は、江戸時代から庶民の信仰の山として知られ、「大山詣」として関東一円の人々が登った相模の名山である。いくつもの登山コースがあるが、ここでは南面からの表参道を登り、ヤビツ峠へ下るコースを紹介する。

大山表参道~ヤビツ峠の登山概要・難易度

丹沢大山1252mからヤビツ峠までは高低差約600m。難易度は低く初心者にもおすすめできる登山ルート。

難易度★★☆☆☆ 初心者おすすめ
合計所要時間1時間30分
累積標高561m
距離約4.3km

大山表参道~ヤビツ峠の登山ルートの注意点

小田急線伊勢原駅北口から大山ケーブル行きに乗り終点で降りる。みやげ物屋や旅館、食堂が建ち並ぶ表参道を15分ほど登ると、大山ケーブルカーの大山ケーブル駅がある。ケーブルカーに乗ればわずか6分で阿夫利神社下社に着ける。しかしこの項では、下社まで男坂、女坂と二つあるコースのうち、石段の急登が多い男坂を避けて、大山寺を経由する女坂を登ることにする。

大山ケーブル駅を通りすぐ上で男坂と女坂とに別れる。左側の女坂の方へ道をとり、橋を渡り石段を登り大山寺に着く。このあたりは秋にはモミジの紅葉が美しい。

現在大山寺にある本尊の不動明王などは、鎌倉時代の作として、国の重要文化財に指定されている。大山寺を過ぎ、急な階段を登って行くと、右側から男坂が合流する。下社まではもう少しで、ケーブルカー阿夫利神社駅人口や茶屋の前を通り、石段を上がったところが標高約700mの阿夫利神社下社である。

大山登山道入ロへは拝殿左奥の石段を登って行くが、いきなり急な登りとなる。ここを登り終え、坂道と石段とを繰り返し、登山道は大山山頂へと続いていく。道中、下社を1丁目、頂上を28丁目とする石柱が立っているので目安になる。8丁目には夫婦杉、蓑毛からの裏参道が合流するのが16丁目だ。16丁目には石尊大権現と書かれた大きな石柱がある。登山道は樹林帯を行き、25丁目でヤビツ峠からの道が合流する。

大山山頂はもう近く、27丁目で銅製の鳥居をくぐれば、28丁目の大山山頂に立つ。山山頂には阿夫利神社の本社である奥の院が祀られている。売店や休憩社があり、山頂の北東側にはトイレもある。山頂からの展望は雄大で、富士山、箱根連山、丹沢山塊などの山々や、相模平野、新宿の高層ビル群も眺めることができる。

下りはヤビツ峠コース分岐まで戻り、表参道と分かれて右側の通称イタツミ尾根を下って行く。下り始めてすぐのところで、丹沢表尾根から丹沢主脈に続く山並みが一望できる。道は樹林帯を通り、春岳山で左へ折れ、ジグザグに下って行けばやがてヤビツ山荘(閉鎖)が現れる。

バス停のあるヤビツ峠はこのすぐ下である。峠からのバスの便は少ないので、さらに蓑毛まで約1時間歩いてしまおう。蓑毛へはヤビツ山荘(閉鎖)の手前で右側へ下っていく柏木新道に入る。道は尾根の中腹をトラバースしながら進むが、やがてジグザグの坂道となり、春岳沢を渡って車道になる。しばらく下って行くと左側から大山裏参道が合流し、蓑毛バス停まではすぐである。

周辺の駐車場・トイレ情報

大山表参道~ヤビツ峠区間にはスタート地点とゴール地点にトイレがある。途中の登山ルート上には存在しない。駐車場はヤビツ峠レストハウス横に無料駐車場があり、25台ほど停められるが、土日休日は早朝の段階で満車になることが多い。

周辺のお風呂情報

お風呂は登山ルート周辺にはなくバスで小田急線方面に移動してからの周辺にあります。おすすめは3施設でいづれも登山客に親しまれたお風呂施設です。

超軽量アイテム

テント泊おすすめギア

アマゾンランキング

  • ダウン パンツ
    250g:ダウン パンツ
    Amazon
  • ダウンジャケット
    174g:ダウンジャケット
    Amazon
  • ベースレイヤー
    236g:ベースレイヤー
    Amazon
  • マグマ
    マグマ
    Amazon
  • SnowPeakチタン
    50g:SnowPeakチタン
    Amazon

楽天ランキング

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    Mens Womens
  • マーニャ・フリース・パンツ
    マーニャ・フリース・パンツ
    Mens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • ナノ・パフ・ジャケット
    ナノ・パフ・ジャケット
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者