山の過酷な条件で使用するレインウェアには「防水透湿素材」と呼ばれる雨や風などから身体を守りながら、衣服内をドライに保つ透湿性がある素材が使われています。その「防水透湿素材」には様々な種類があり、代表的なものの1つに「ゴアテックス」がありますが、それ以外にも「ネオシェル」や「eVent」、ブランド独自で開発している特徴的な素材等もあり、レインウェア1つとっても様々です。今回はそんなレインウェアについて、おすすめ商品の紹介と特徴を交えながら紹介していきます。第一回はモンベルのストームクルーザーの紹介です。

レインウェアの選び方 その第一歩

防水性と透湿性に優れアフターケアもし易いバランスに優れた素材として多くの登山者の信頼を得ている素材が「ゴアテックス」です。

日本のように雨が多く、特に山の稜線などで暴風雨に吹きさらされる状況の中で体を守ることを考えると「ゴアテックス」素材のレインウェアを選ぶと言うのは有効な選択肢の1つだと思います。

その上でゴアテックスよりもさらに透湿性に優れたレインウェアや、ストレッチ性を兼ね備えたレインウェアなど、ゴアテックス以外の素材のレインウェアもあり、登山者は自分の楽しみたいアクティビティの特徴や自身の経験によって多くのレインウェアの中から自分に合った1着を選ぶことができるようになっています。

もちろん金額面でのジャッジもあるかと思いますが、まずはバランスよく防水透湿性に優れた「ゴアテックス製」のレインウェアを選ぶか、それ以外の特徴的な性能を持つ素材のレインウェアを選ぶかっていうのがはじめのジャッジポイントになります。

状況にもよりますが、アルプスとかの標高が高い稜線歩きがメインで、クライミングとかはあまりせず一般縦走を楽しむ方の場合はアウトドアメーカーが造る「ゴアテックス製」のレインウェアが安心で安全性が高いと思います。

モンベル ストームクルーザーの優れたコストパフォーマンス

以前から変わらず上下セットで買うことができ、日本人のサイズに合っていて、ゴアテックスの信頼感があり、メンテナンスも安心できるモンベルのストームクルーザーは多くの登山者に大変人気です。

とにかく圧倒的なコストパフォーマンスが魅力で、サイズレンジもカラー展開も豊富。自分の体型と好みに合わせて購入できるのも魅力です。

上下セットアップで揃えることができますが、ジャケット、パンツそれぞれ別に購入することができるので例えばレインパンツはもっと厚手のものが良いとか、既にパンツは持っているなどでジャケットだけ購入したいなどのニーズもかなえることができます。

別々で購入できるからいろいろな考え方が出来ます。例えば「パンツはMサイズだけど、スポーツをしていて肩が張った体型だからジャケットはLサイズにしよう」などといったサイズ違いで選ぶことができるし、肌触りがよく柔らかな裏生地「C-Knit」を使い立体裁断の優れた作りのストームクルーザーパンツまで高価じゃなくてよいから、パンツだけモンベルのレインダンサーパンツにすることで価格を抑える、といった購入の仕方もできます。

レインパンツは椅子に座るとか岩場に擦るなどして破けやすいから、買い替えを考えてさらに安く済ませたい場合は「ゴアテックス」ではないけどさらに安価で信頼感があるモンベルオリジナルの防水透湿素材「DRY-TEC」を使用したサンダーパスパンツにするというのも選択肢の1つです。

ストームクルーザーのスペック

重量は上下合わせて約440グラム、素材は「ゴアテックスC-Knitテクノロジー」で柔らかな肌触りが魅力です。これ一昔前だと超軽量雨具の部類に入る重量です。「C-Knit」を使ったゴアテックスで20デニールのリップストップナイロンを使用してそれなりの耐久性もあり、レインウェアも随分進化したな~と感慨深くなります。

デメリットも考えておこう

  • まずは価格が若干高めなこと。
  • ゴアテックスは防水性、透湿性が高い次元でバランスよく機能するが、若干生地自体にごわごわ感があること。
  • 一般的な昔ながらの日本人体型に合わせたレインウェアなので、細身でスラットした方の場合は着丈と袖丈が合わなかったり、サイズ選びが難しい方が稀にいらっしゃること。
  • とにかく多くの登山者が愛用しているレインウェアなので、山で人と格好が被ることが多い。

あの人もストームクルーザーこの人もストームクルーザーといったような状況で、山小屋で自分のレインジャケットがどれだか分からなくなり、最悪の場合、間違ってしまうと言うこともあるかもしれません。

まとめ

日本は高温多湿で雨が降りやすい環境なので、登山におけるレインウェアは大変重要です。今回紹介したモンベルのストームクルーザーは、日本のレインウェアの中で最高品質の1つといっても語弊がない素晴らしい作りで、多くの登山者に人気を集めています。

さかいやスポーツウェア館

東京神田神保町に店を構えて65年。多くのアウトドア好きに愛される「登山・アウトドア用品の専門店」。

  • 住所: 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-48
  • 電話番号: 03-3262-0432
  • FAX番号: 03-3262-7285

おすすめのレインウェアと選び方

レインウェアに採用される素材として認知の高いゴアテックス・eVent・パーテックスシールド・ポーラテックネオシェル・各メーカー独自素材の違い、またレインウェアを選ぶ際に必要な防水性・透湿性について、そしてレインウェアを特徴づけるピットジップやフード形状など、登山だからこそ重視すべきレインウェアの特徴について紹介しています。雨が降って寒い思い、暑い思いをしないように正しいレインウェアを選べる知識をみにつけましょう。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者