登山用バックパックは重い荷物を背負って登山をするための特徴を備えています。日帰り登山、小屋泊登山、テント泊登山といった目的別でバックパックの選び方とおすすめのザックが異なります。今回は間違えのない登山用バックパックの選び方とおすすめのザックメーカーについて紹介します。

登山目的別でバックパックの容量を知る

日帰り登山、小屋泊登山、テント泊登山。大きく3つの目的別登山での大きな違いは登山装備の容量です。

登山装備の容量が違うと重量とそれに伴ってバックパックの大きさも変わります。まず初めに自分がどのような登山をしたいのかを考えて必要なバックパックの容量を知ることから始めましょう。

※横スクロールで表がスクロールできます。
目的日帰り登山小屋泊登山テント泊登山
主な装備一覧・レインウェア
・クッカー
・ファーストエイド
・防寒着
・行動食
・水
・食料
・着替え
左に追加で
・朝夜用防寒着
左に追加で
・テント
・テントマット
・シュラフ
容量20~30L30~45L45L~60L
バックパック重量1.2~1.4kg1.3~1.7kg2.1~2.6kg

大は小を兼ねるという考え方がありますが登山用バックパックではこれは通用しないと考えるべきでしょう。容量が大きいバックパックの中に小さな容量の荷物を入れることで、中の登山装備が登山中に揺れてしまいます。登山装備が揺れることで歩きづらく、それによって疲れやすく転倒の危険も増してしまいます。目的別で使用するバックパックを変えるように心がけましょう。

バックパックのパーツ名称

バックパックの各パーツの名称を知っておくことでバックパックの使い方や特徴をより深く理解することができます。

例えば【ショルダーハーネスの形状が体に沿うように作られている】

といった説明を見聞きしてもそれがどこのパーツを言っているのか分からなければ該当のバックパックの特徴を知ることができません。バックパックのパーツ名称と役割を理解しましょう。

※横スクロールで表がスクロールできます。
番号パーツ名称役割
雨蓋(トップリッド)バックパック上部に付いている蓋で、これによって上からの雨によるメインポケットへの雨の侵入を防ぎます。多くの雨蓋にはポケットが付いており、すぐに取り出したいアイテムを収納するのに役立ちます。雨蓋が取り外せてウエストバックになるものもあります。
フロントアクセスメインコンパートメントの荷物の出し入れを容易に行うことができます。
コンプレッションストラップバックパックの中で荷物が移動しないようにコンプレッションをかけることができるストラップです。
サイドポケット水筒などの小物を収納するのに役立つ左右サイドに取り付けられたポケットです。ザックを背負ったままアクセスできるメリットがあります。
ウェストベルトポケット行動食やスマホなどザックを背負ったまま頻繁に手に取りたい小物類を収納しておけるポケットです。
上気室下気室が存在する場合、区別するために上気室と呼ばれます。メインコンパートメントとも言い、装備の多くを収納しておくためのスペースです。
フロントポケットレインウェアやウインドブレーカーなどのウェア類、小物を収納しておけるポケットです。メッシュ素材で作られているものが多く、意図せず荷物が落下しないように作られているバックパックが多いです。
下気室2気室モデルの場合、存在する収納スペースです。メインの荷室を2つに分けることができ、ボトムに収納したものをバックパックの外側からアクセスでき取り出すことができます。
※横スクロールで表がスクロールできます。
番号パーツ名称役割
ショルダースタビライザー(ロードリフトストラップ)バックパックを体に近づけて重量を体の中心に移動させることでバランスを保って行動することを目的としたストラップです。
ショルダーハーネス肩にかけてバックパックを背負うためのハーネスです。クッション性のあるモデルはハーネスが肩に食い込まない目的があり、クッション性が少ないモデルはバックパックの軽量化目的があります。
ショルダーストラップ肩に背負った際、ショルダーストラップを調整することで、上下正しい位置にバックパックを調整するためのストラップです。
ウエストストラップ腰荷重を行うためにウエストベルトを正しい位置で固定させるためのストラップです。容量の少ないバックパックの場合は体から離れないようにするためのストラップとなります。
グラブループバックパックを手に持って移動するためのストラップです。
チェストストラップショルダーハーネスを肩、胸の正しい位置に調整するためのストラップです。
背面パッドバックパックと背中があたる場所で、通気性によって背中にかいた汗を乾かす特徴を備えたバックパックがあります。
ウエストベルト(ヒップフィン)腰荷重を行うためのベルトです。クッション性のあるモデルは腰荷重に重きを置いたモデルで、重量を分散させることで体への負担を軽減させる特徴があります。

登山バックパックの機能を知る

登山バックパックには実に様々な機能と特徴が備わっています。各バックパックメーカーは様々な特徴を引き出し、差別化を図っています。これらの機能を知ることでご自身に合った最適なバックパックを選ぶことができるようになります。

※横スクロールで表がスクロールできます。
機能特徴イメージ
腰荷重バックパック重量を全て肩で受け止めずに腰にも重量を分散させ、結果背中全体で重量を受け止めることができます。肩3に対して腰7が理想的な荷重と言われます。そのためにウエストベルトと呼ばれるベルトがバックパックに備わっています。容量の少ないバックパックの場合はこのベルトは腰荷重するためのものではなく、体から離れないようにする為のベルトとなっている場合があります。バックパックの腰荷重
フレーム背負った際に安定感を補うためにバックパック本体の背面にフレームが入っているモデルがあります。容量の多いバックパックの場合は縦方向に大きくなるため、フレームが無いバックパックの場合は安定が損なわれ体への負担が大きくなります。容量が大きく装備重量を多く持ち歩くバックパックの場合はフレームのあるタイプを選ぶと良いでしょう。
通気性バックパックを背負った際に背中や肩、腰にバックパックをフィットさせます。その際に密着する部分が汗で蒸れて発汗を助長させてしまう可能性があるため、通気性をバックパックに持たせて汗をかいても乾きやすい作りとなっているモデルがあります。バックパックの通気性
気室1気室、2気室と表現されるのは内部のポケットへのアクセス数を容易にするためのすストレージの数を表しています。1気室の場合は1つのメインポケットに装備を詰めていく構造で、2気室の場合はバックパック下部に内部ポケットへアクセスすることができ、一番下にパッキングされているものを容易に出し入れすることができる特徴を備えています。ストレージが2つあること、ジッパーが追加されていることなどから2気室の構造をもつバックパックは1気室構造のバックパックに比べ重い傾向があります。バックパックの気室
雨蓋バックパック上部に付いている蓋で、これによって上からの雨によるメインポケットへの雨の侵入を防ぎます。雨蓋が付いていないモデルではロールトップ構造で雨の侵入を防ぐモデルも見受けられます。雨蓋
耐久性バックパックは登山道で岩や木々にこすったりすることで破ける可能性がありますが、このリスクを軽減すると共に長く使用できることを目的に耐久性のある生地を使用して作られています。最近のバックパックは軽量且つ耐久性に優れた素材が用いられています。
軽量性軽量性に優れたバックパックはフレームレスといってフレームがなかったり、シンプルな構造でポケットの数や腰荷重の為のクッション性を省くなどしてバックパックそのものの重量を抑えた作りとなっています。50L容量の通常のバックパックが、おおよそ2kgに対して、軽量性に優れたバックパックは500g~900gの重量のものが多く見受けられます。
サイズ調整バックパックを背中全体で受け止めて体に効率よくフィットさせるために、ウエストベルト、ショルダーストラップなどのベルト群を調整することができます。バックパックによっては背面長の細かな調整ができるモデルもあり、自分の体のサイズに合わせてサイズを調整することで疲れにくい登山をすることができます。バックパックのサイズ調整
ポケット装備の殆どをパッキングするためのメインポケットとは別にウエストベルトポケット、サイドポケット、フロントポケット、トップポケット(雨蓋)のようにアクセスがしやすいように、外側にポケットが備わっています。行動食や水、地図やサングラス、ファーストエイド、レインウェアなど直ぐに取り出すことが必要になる登山装備を収納することが出来ます。バックパックのポケット

ストラップの調整手順

正しいストラップの調整方法を知っておくことで、誤ったサイズのバックパックを選ぶリスクを軽減できます。また調整順序を覚えておくことで快適な背負心地を作ることができます。

まずバックパックを背負う前にコンプレッションストラップをしっかり締め、体にフィットさせるためのストラップが緩んでいることを確認してバックパックを背負います。

※横スクロールで表がスクロールできます。
順序ストラップ名称気にするポイント
ステップ1ウエストベルトお腹を締めるのではなく、腰にザックの重量がかかるようにフィットできているか確認しましょう。足上げがしやすいかもチェックをしましょう。
ステップ2ショルダーストラップ肩にショルダーハーネスが食い込まない程度に、また背面パッドが背中にフィットするように締めます。
ステップ3ショルダースタビライザーバックパックの荷重によって重心位置が背中から離れるようにかけられているのを、体の中心にもっていくためにフィットさせます。これを締めることで格段に歩きやすさが向上します。
ステップ4チェストストラップ登山中ショルダーハーネスが左右外側に離れていってしまわないように、フィットさせます。上下にストラップ位置を移動して、胸が苦しくならないように調整しましょう。

バックパックの適正サイズ

ご自分に合ったバックパックのサイズ選びも重要です。バックパックのサイズを選ぶ際はトルソー、またの名を背面長と言いこの長さを使用します。下のイラストの黒い線の間部分の長さとなります。

背面長とは背骨の長さのことを指し、第7頚椎(首の後ろの付け根部分にある出っ歯ている骨)から腸骨の上(骨盤の出っ歯ている骨)までとなります。ザック側ではショルダーストラップの付け根から腰ベルトまでの長さとなります。

背面長の長さの測り方は首の下にボコッと出ている骨にメジャーを当て腰の付け根部分までの長さを測ります。

おすすめのバックパックメーカー

登山用バックパックを専門としているメーカーは技術力が高く長年にわたって開発を行い、より良いバックパックを生産しているため、おすすめです。資金力についても重要で、フレームや使用する素材に変化が出て、それによって格段と背負い心地が良くなります。

ドイター

ハンス・ドイターによりドイツ・アウグスブルクで創業しました。セイル(帆)、リネン素材、袋類の生地、車や馬等のブランケットなどを生産する一方で、テントのレンタル事業をもてがけ成長を図ったのがはじまりです。現在も進化をし続けフィット感と背面システムの特徴は素晴らしい機能として知られています。

※横スクロールで表がスクロールできます。
目的日帰り登山小屋泊登山テント泊登山
おすすめモデルフューチュラ 26フューチュラ Pro 38 SLエアコンタクト 50+10 SL
容量26L38L50+10L
重量1.4kg1.6kg2.22kg

オスプレー

1974年、オスプレーはカルフォルニア州サンタクルーズ(USA)にバックパックメーカーとして産声をあげました。創立当初は自分の為、そして登山家の為のオーダーメイドのパックを製造。後、使用者の要望や開発者の意見をフィードバックし、理想のパックへより近づくよう製品開発に惜しみない努力を注ぎました。その結果、オスプレーパックは高品質、信頼性、革新性を長期に渡って発揮する優れたパックという、ゆるぎない地位を獲得しています。

※横スクロールで表がスクロールできます。
目的日帰り登山小屋泊登山テント泊登山
おすすめモデルストラトス26ケストレル38イーサープラス60
容量26L38L60L
重量1.27kgS/M=1.46kg、M/L=1.54kgS/M=2.54kg、L/XL=2.66kg

グレゴリー

ウェイン・グレゴリーは、14歳の時にボーイスカウトプロジェクトの一環で、彼の初めてのバックパックとなる木製フレームパックを自作しました。ウェインは、バックパックビジネスにおいてフィッティングが何にも勝り重要な物と確信していました。グレゴリー社の革新的なアイデア、人間工学に基づいたデザイン、最高品質へのこだわり・・・。その情熱は冷める事なく、今日に至るまで最新のパック開発に反映されています。快適な背負い心地、フィット感、耐久性、機能性を常に追求し、進化を与え続け、それを背負う皆を驚かせ続けています。

※横スクロールで表がスクロールできます。
目的日帰り登山小屋泊登山テント泊登山
おすすめモデルズール30ズール40バルトロ65
容量30L40L65L
重量1.21kg1.33kg2.11kg

ミステリーランチ

1985年にデイナとレネーはバックパックに代表される荷物運搬システムのカテゴリーで業界基準となるほどの評価を受けるDana Design(デイナデザイン)を立ち上げました。デイナがデザインしたアークフレックスフレームはより高い荷重分散効果を発揮するために、数種類のマテリアルのそれぞれの特性が最大化されるよう組み合わされた最初のフレームでした。90年代初頭には“デイナデザイン=背負いやすく高品質”という評価が定着し羨望の的となりました。

※横スクロールで表がスクロールできます。
目的日帰り登山小屋泊登山テント泊登山
おすすめモデルクーリー 25クーリー 40テラフレーム 65
容量25L40L65L
重量1.3kg1.7kg2.6kg

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者