武尊山の登山コース

日本百名山に数えられる武尊山は標高2,158mの群馬県川場村のシンボルとなっています。日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像が山頂近くに奉らるなど、古来より山岳信仰の霊山として知られ毎年多くの登山客が訪れる人気の山として知られています。多種多様な動植物が生息する武尊山は夏に限らず、秋は紅葉、冬は雪景色と1年を通して楽しめる山です。武尊山には登山コースがたくさんあり、初級者向けコースから上級者向けコースまで難易度の幅が広いレベル別登山コースが豊富です。これらコースとアクセス、周辺のおすすめスポットを紹介します。

武尊山の概要・気温について

武尊山の概要・気温について

北アルプスの穂高岳と区別するため上州武尊山と呼ばれる群馬県の独立峰で、日本百名山、新・花の百名山に選定されています。日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征の故事によるというのが名前の由来で、1850年(嘉永3年)に、前武尊に日本武尊の像が建立されています。各方面からの登山道があり、スキー場も多くオールシーズン訪れる人が多い山としても知られています。

山域独立峰
都道府県群馬県
標高2,158m
※横スクロールで表がスクロールできます。
123456789101112
最高気温-8.4-8.2-4.24.41215.719.119.913.87.82.4-3.9
最低気温-15.3-16.6-11.7-6.2-14.38.9106.2-1.8-6.8-11.8

武尊山の登山が人気の理由

武尊山の登山の人気の理由を挙げだしてみると納得することが多々あります。武尊山へ足を運んだ経験がある人は頷ける内容だと思います。初めて武尊山への登山を考えている方は人気のポイントをなぞりながら登山を楽しんでみてはいかがでしょう。

初級者向けから上級者向けまで幅広い登山ルート

初心者向けには川場キャンプ場駐車場から登山コースがあり遠くの山々まで見渡せる眺望に感動します。武尊スキー場駐車場から武尊牧場キャンプ場を通り、頂上を目指すルートは中級者コースで鎖場を通りつつ、ブナ林を堪能できます。中・上級コースには裏見ノ滝入口から向かう、はしごや鎖場、ガレ場のある登山道がありと、自分の体力と経験値によって選択することができます。いづれのコースも自家用車でのアクセスがおすすめで、日帰り登山として楽しむことができます。

初級者向けから上級者向けまで幅広い登山ルート

オールシーズン楽しめる登山コース

標高2,158mある武尊山は、夏の最高気温で平均約20度で、厳冬期は約-16度になります。四季によって表情が様変わりする武尊山の春は、山の南東斜面が花咲エリアで山菜狩りが楽しめます。6月になると武尊牧場一面にレンゲツツジが咲き誇り、多くの観光客が訪れます。

オールシーズン楽しめる登山コース

10月~11月上旬になるとブナ林の紅葉が絶景で日本の四季の素晴らしさを堪能することができます。厳冬期には雪に覆われた武尊山を楽しむ登山客が多く、スキー場のリフトを使えばゲレンデ頂上へ一気に上ることが出来て、雪山入門コースとしても人気があります。

武尊山周辺には観光エリアが豊富

武尊山の南東には武尊渓谷があり、渓流を見下ろしながらのハイキングは秋は紅葉、夏はマイナスイオンを浴びながら楽しめます。天王桜は群馬県の天然記念物で、幹回り6m、枝幅17m を超える推定樹齢300 年以上の大きな一本桜です。周辺には温泉やキャンプ場も多くあり、山旅好きにはおすすめのエリアです。

武尊山へアクセスするための登山ルート

武尊山は初級、中級、上級と3種類の代表的なルートが存在します。この3種類のルートはいづれも登山口が異なりますが、いづれも武尊山山頂を目指すルートです。いづれも公共手段が少ないため、自家用車を使用して登山口へアクセスする人が多いです。

高手山から西峰、剣ヶ峰とつないで沖武尊へと登る初級者コース

駐車場から武尊山頂まで道標完備されています。危険なところはありません。沖武尊に向かう剣ヶ峰山の下りは急で滑りやすい道です。最後の沖武尊への登りはガラ場の急登です。初級者コースとはいえ、累積標高もあるため、健脚向きです。

①川場キャンプ場駐車場→②剣ヶ峰山→③武尊山

必要日数日帰り登山
総コースタイム※8時間26分
距離約16km
累積標高2,196m
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

駐車場・トイレ

トイレはありませんので、事前に済ませておきましょう。150台の駐車スペースで、駐車料金は無料です。旧武尊高原川場キャンプ場・高手新道の入口前の県道263号線沿いにある川場スキー場の第4駐車場です。アクセスは関越道の沼田インターチェンジを下りて国道120号線の日光・尾瀬方面へ左折、すぐ先の下久屋町の交差点で県道64号線の川場方面へ左折、道標に従い道なりに7kmほど進み、川場スキー場の案内板で左折して8.2kmほど進むと右手に広い駐車スペースがあります。

セビオス岳・中岳を経由して武尊山へ登る中級者コース

スキー場の駐車場からキャンプ場までの舗装路まで高低差があります。ほぼ尾根通しのなだらかな道で快適な登山道です。中ノ岳の手前に三か所ほど鎖場が連続します。頂上からは晴れていれば尾瀬方面の景色を堪能できます。

①武尊スキー場駐車場→②武尊避難小屋→③セビオス岳→④中ノ岳→⑤三ツ池→⑥武尊山

必要日数日帰り登山
総コースタイム※8時間40分
距離約17km
累積標高1,845m
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

駐車場・トイレ

トイレはありませんので、事前に済ませておきましょう。50台の駐車スペースで、駐車料金は500円/1日です。登山の場合はリフト脇の駐車場を利用(夏山リフトは2017年シーズン以降運休中)、施設利用の場合は奥のキャンプ場駐車場も利用できます。

武尊神社をスタートする最もメジャーな中・上級者コース

中腹の紅葉が季節になると美しです。この登山コースは鎖場が多くありますが、初心者でも問題なく登れますが、時計回りか反時計回りかで、鎖場の難易度が変わりますので注意しましょう。ガレ場・根っこ・苔岩・粘土質・ぬかるみなど天気によって滑りやすい登山道も多く装備周りも注意しましょう。

①武尊山・裏見ノ滝駐車場→②武尊神社→③剣ヶ峰山→④武尊山→⑤武尊山避難小屋

必要日数日帰り登山
総コースタイム※7時間30分
距離約13km
累積標高2,125m
難易度★★★★☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

駐車場・トイレ

駐車可能台数は60台で、料金は無料です。裏見の滝駐車場敷地内に観光トイレがあります。

武尊山周辺のキャンプ場情報

片品ほたか牧場キャンプ場

片品ほたか牧場キャンプ場

片品ほたか牧場キャンプ場は広々とした場所でキャンプを楽しむことができます。敷地内にはテントサイトのほかバーベキューハウスやオートキャンプサイト、ログハウスなど施設が多くあり、トレッキングコースや6月上旬あたりからはレンゲツツジを楽しむことができます。武尊山への登山口もあるためキャンプも登山も楽しみたいと言う人にとってはお勧めのスポットです。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者