青梅丘陵トレイルランニング

玉川沿いに広がる青梅市の北には標高400mほどの小高い山が続いています。これが青梅丘陵で穏やかな山並みの中にトレイルがあり、ハイキングやトレイルランニングをする人々に親しまれています。JR青梅線沿いにトレイルが走っているため体力に応じて自分でコースを決めることができる点が初心者から上級者におすすめポイントです。

トレイルランナーレベル★☆☆☆☆
スタート青梅駅
ゴール軍畑駅
走行距離約10.7km
累積標高約876m
通常の登山コースタイム約10.7km
都道府県東京都
登る山・通る山三方山(454m)、雷電山

注意点とアドバイス

今回紹介するコースは青梅丘陵を思う存分楽しむことができるコースで、距離は約10キロ、序盤は林道を走ることになります。小刻みなアップダウンが続くこのコースは、ぱっと見の印象より手強く感じることでしょう。途中に補給できる水場や自動販売機などはないのでしっかりと水と行動食を準備してトレイルランニングを楽しみましょう。

トレイルランニングコース紹介

青梅駅からのアクセスが良いため自由に時間を決めてトレイルランニングを楽しむことができます。まずはじめに駅近の青梅永山公園からすぐのハイキングコースに入ります。 序盤は林道区間を3km走ります。道幅が広く走りやすいのが特徴ですが地元の方も多く利用しているため迷惑にならないよう行動をしましょう。途中この区間には4つの休憩所があります。それぞれ青梅の街を眼下に見下ろせる眺望が良い特徴があります。

青梅丘陵トレイルランニング
青梅丘陵トレイルランニングでの眺め

矢倉台という展望台辺りから本格的なトレイル区間となります。木の根っこ、急な木段、アップダウンが続くトレイルなど…トレイルランニングのスキルを試されるようなコースで楽しく走ることができるでしょう。

三方山

榎峠まで来ると舗装路にぶつかりここから来た道を引き返すのも良し、軍畑駅まで約1.5km下って終了するのもよし、自分の体力に合わせて考えることができます。

雷電山
青梅丘陵トレイルランニング

ちなみに今回紹介しているコースは榎峠をトレイルのゴールとして軍畑駅まで向かうコースとしています。

スタートとゴール地点のアクセス

JR青梅線の青梅駅をスタート地点としゴールは軍畑駅。どちらの駅も青梅線の駅のためアクセスはすこぶる良好です。 手荷物が多ければ青梅駅の改札外にあるコインロッカーを利用しても良いでしょう。また途中にあるJR青梅線各駅へエスケープすることも容易なので初心者のトレイルランナーに大変おすすめできるコースです。

おすすめ立ち寄りスポット

河辺温泉「梅の湯」

河辺温泉「梅の湯」

登山者やトレイルランナーに人気の河辺温泉「梅の湯」はコンコース直結の駅ビル内にあり、途中下車となるがアクセスが良いため利用客も多い日帰り温泉です。お食事処「梅寿庵」では手軽な金額で料理も楽しめます。

アマゾンランキング

パタゴニア注目ウェアすべて見る

軽量・便利アイテムすべて見る

楽天ランキング

関連キーワード

この記事の紹介者