草戸山からの眺望

高尾駅から多くの人が高尾山方面に向かうのに対して、人があまり向かわない城山湖方面に向かうと今回案内の草戸山に到着します。木立の中を走り抜ける静かなトレイルランニングコースを紹介します。

トレイルランナーレベル★☆☆☆☆
スタート高尾駅
ゴール高尾駅
走行距離約10km
累積標高662m
都道府県東京都 神奈川県
登る山・通る山草戸山(364m)

注意点とアドバイス

高尾駅から草戸山に向かう最初の1kmほどは住宅街を通って向かうことになります。住んでいる人たちの迷惑にならないように静かに向かいましょう。 また途中の四辻までは急登がいくつかあるのでマイペースに登りましょう。季節によってハイカーの方が多く歩いている場所ですのですれ違いや追い越す場合は迷惑のかからない行動も必要です。

トレイルランニングコース紹介

地元の中学生や高校生の運動部にとって高尾山でのトレーニングは日課のようです。 この草戸山往復のトレイルランニングコースはその中でも知る人ぞ知る隠れコースとなっています。

最初は高尾駅南口から京王線の高架をくぐり浅川小学校の前を通り川沿いの道を南西方向へ進みます。右折すると住宅街の中を進み舗装路が終わると四辻に向かう眺めの良い場所に出ます。

草戸山からの眺望

都心方面が一望でき天気が良いと筑波山まで見える穴場トレイルです。四辻から草戸山のトレイルは非常に気持ちの良い場所です。

細かなアップダウンも気持ちよく、帰りにここを下ることを考えるとモチベーションが上がります。四辻から草戸山まではハイカーの方々が増えてくるエリアです。草戸峠まで程よい登りのトレイルが続く里山を楽しめるエリアです。

草戸峠

草戸山の手前に草戸峠があり、ここからは北方に眺望が広がる絶景ポイントです。高尾山から城山に続く稜線が一望できるのも草戸山ならではです。

草戸峠と草戸山の地図

草津山山頂からはさらに城山方面へと距離を伸ばすこともできます。 高尾駅から草戸山の往復が約10kmとなるので自分の体力に合わせてコースを検討してみるのもまた面白いでしょう。

スタートとゴール地点のアクセス

スタートの高尾駅まではJRと京王線の両方を使うことができます。 新宿からはどちらでも約50分で到着でき、日帰りでトレイルランニングを楽しみたい人にとっては非常に良いコースとなっています。

おすすめ立ち寄りスポット-菅原道眞公の銅像

おすすめ立ち寄りスポット-菅原道眞公の銅像

高尾駅近くの、みころも公園の西側に台座を含めた高さ14.5mの日本最大級を誇る菅原道眞公の銅像が建てられています。高岡周辺地域を見下ろす高台にあるため、眺望も抜群なスポットです。この銅像は明治を代表する渡辺長男の作品で10日本橋のブロンズ像装飾、獅子や麒麟などでも有名な彫刻家です。

アマゾンランキング

パタゴニア注目ウェアすべて見る

軽量・便利アイテムすべて見る

楽天ランキング

関連キーワード

この記事の紹介者