【レビュー】パタゴニアR1デイリー−伸縮性に優れたミドルレイヤーに使いやすいフリース

パタゴニアのR1は保温性と通気性のバランスから、冬山やスキーなど、行動中のミドルレイヤーとして大変人気のあるフリースです。そしてパタゴニアのR1は環境(気温や天候)や運動量と体温調整によってR1、R1エア、R1デイリー、R1テックから選択することができます。その中でも今回は日常にもアウトドアにも活用できるR1デイリーを紹介します。

おすすめポイント

  • ポケット部分に凹凸がなく、またツルリとした素材のため、上からハードシェルやダウンなどを着用しやすくミドルレイヤーとして使いやすい
  • ストレッチが効いており動きを妨げず手をあげるなどの行動にストレスを感じない
  • 襟と首の後ろ、裾にはキャプリーン・クール・ライトウェイトの素材を使用し吸湿速乾と防風性を備えている
  • YKKのビスロンを使用しており、スムーズに片手で開け閉めが可能
  • 全てのポケットの内側はキャプリーン・クール・ライトウェイトの素材を使用

商品概要

ブランドパタゴニア
商品名R1デイリージャケット
商品説明寒冷な状況で体を温かく快適に保つようデザインされたテクニカル・レイヤー。
価格¥15,950 (税込)
重量337g(M)

管理人の評価レビュー

総合評価★★★★☆
汎用性★★★★★
軽量性★★★★☆
保温性★★★★☆
コストパフォーマンス★★★★☆
パタゴニア公式サイト メンズ・R1 デイリー・ジャケット

R1デイリーの使用シーン・R1の素材比較

R1デイリーは商品名からも想像できる通り、日常使いはもちろん、アクティビティではトレイル・ロードランニング、スノースポーツのレイヤリングに使いやすいフリースです。

左:R1 中:R1エア 右:R1デイリー

R1がポーラテックパワードライを使用したグリッド構造、R1エアがジグザグ構造で凹凸の施しによって本性と通気性のバランスを備えているのに対して、デイリーは見た目は凹凸のない薄いソフトな起毛素材が全体で使用されています。起毛部分はR1デイリーが最も薄く仕上がっており生地と生地の隙間というものは存在しているので全体で程よく保温しつつ通気性を備えた作りとなっています。

パタゴニア公式サイト メンズ・R1テックフェイス・ジャケット

R1はフリース部分の嵩が高く、ストップ&ゴーを繰り返す厳冬期のバックカントリースキーなどのアクティビティ、所謂、通気性と同時に保温性も重視されるシーンでは最も適しています。

パタゴニア公式サイト メンズ・R1エア・フルジップ・フーディ

R1エアは最も通気性に優れたR1シリーズで、吸湿発散性とともに通気によって発汗を抑えるような冬の低山登山や稜線に出ない登山シーンがおすすめです。

パタゴニア公式サイト メンズ・R1 デイリー・ジャケット

R1デイリーはR1とR1エアの中間的な位置づけで、幅広い用途に柔軟に対応するフリースとなっています。R1デイリーを着用してみて暑いと感じればR1エアを、寒いと感じればR1を着用するというように自分自身の体温バランスを理解するのにも便利です。

R1デイリーの素材とそれによる特徴

R1デイリーの素材は6.3オンス・リサイクル・ポリエステル94%、ポリウレタン6%のフラットフェイス・フリースです。

R1デイリー ストレッチ性能

ポリウレタン6%が混紡されているためストレッチが効いており動きを妨げず手をあげるなどの行動にストレスを感じません。伸縮力は素晴らしく、伸びやかな動きがしやすいのが特徴のミドルレイヤーです。

上からハードシェルやダウンなどを着用しやすくミドルレイヤーとして使いやすい

フラットフェイス・フリースはポケット部分に凹凸がなく、またツルリとした素材のため、上からハードシェルやダウンなどを着用しやすくミドルレイヤーとして使いやすいウェアです。

キャプリーン・クール・ライトウェイトの素材を使用

襟と首の後ろ、裾にはキャプリーン・クール・ライトウェイトの素材を使用しています。この素材は吸湿発散性に優れているので、汗をかいた時の乾きの速さを補い、フリース素材に重ねることで防風性を補っています。

重量は337g(Mサイズ)と軽量で、スリム・フィットでダボっとせず、ストレッチ性能と相まって良い意味で着用感がありません。

ミドルレイヤーとして登山で着用

実際に1月の群馬で登山を楽しんだときにR1デイリージャケットをミドルレイヤーとして活用してみました。ベースレイヤーにはファイントラックのドライレイヤーにパタゴニアのサーマルウェイトを着用しました。

R1デイリージャケットの素材

ハイクアップ時は汗をかきやすいのですが、登りはじめはかなり寒く、R1デイリージャケットの上にハードシェルを着用して行動をスタートしました。少し登ると体がポカポカしてきたのでハードシェルを脱ぎ行動を継続します。

R1デイリージャケットのジッパー

このハイクアップしの温度調整はR1デイリージャケットのジッパーの開け閉めと袖をまくるなどで行います。ジッパーはYKKのビスロンを使用しており、スムーズに片手で開け閉めが可能です。

袖をまくってもフィット感がほどよくあり、ずり落ちてきません。また風に当たっても体に沿ったラインでバタつくことがないのも心地よく感じました。

R1デイリージャケットのジッパー

R1デイリージャケットのフリースの程よい通気性によって汗をかきづらく、休憩中と行動中はハードシェルの着脱とR1デイリージャケットのジッパーの開閉のみで温度調整を行い快適に登山ができました。ハードシェルの着脱を邪魔しない素材感、着用した際の中のごわつきの皆無はミドルレイヤーとしてとても優秀なフリースだと思います。

3つのポケットと機能性

R1デイリージャケット ポケット
R1デイリージャケット ポケット

R1デイリージャケットには左右のジッパー付きハンドウォーマーポケットとジッパー付き胸ポケットが付いています。全てのポケットの内側はキャプリーン・クール・ライトウェイトの素材を使用していて程よく風を防いでくれます。寒い季節にはスマホやチョコなどの行動食を入れておくと落下防止にもなり、体温で温めてくれるので行動食は固くなりづらく便利です。

パタゴニア公式サイト メンズ・R1 デイリー・ジャケット

関連タグ

関連記事

あなたにおすすめ記事

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年05月19日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

全ての軽量・便利アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム