ベネクス リカバリーウェア

僕はトレイルラン、体力作りにロードラン、登山、キャンプといったアクティビティを楽しんでいるんですが、楽しむ時にパフォーマンスが悪く、思った行動ができないとなると、本来面白いはずの時間もつまらなくなってしまう可能性を考えて『日々の疲れをリラックスタイムと睡眠でしっかりとる』ということを大事にしています。その心がけに欠かせないのがベネクスのリカバリーウェアです。

リカバリーウェアって何?

ベネクス リカバリーウェア

リカバリーウェアって何?って周りに聞かれることが多いんですが、ナノプラチナと呼ばれる鉱物が組み合わせて作られた素材を使ったウェアなんですね。この素材がカラダを包み込み体力が回復しやすい環境を整えてくれるというものらしいんです。

 

ベネクス リカバリーウェア

使用方法をチェックすると、運動中や活動中以外のシーンで使用すると書かれていて、特に運動直後や就寝中の着用がおすすめということらしいです。これを読むと着るサプリメントというイメージが強いですね。それと車の運転の使用は避けるようにという注意書きもあることから集中力を必要とするような場面では着用を避けるようにしています。

3つのリカバリーウェアを愛用

ベネクス リカバリーウェア

僕が着用しているのはリチャージショートスリーブというもので、運動直後のカラダをリセットする積極的な休養に良いとされているモデルです。直接素肌に着ることをすすめていますが、下着や薄手の肌着程度であれば、期待できる効果にほとんど差はないみたいです。

 

ベネクス リカバリーウェア

実感もちゃんとあって、個人差はあると思うんですが起きた時のスッキリ感が違うように感じてます。いつも6時に起きるんですが、これを着て寝たときに4時に目が覚めて「よく寝たなあ〜」って実感があったんです。

リチャージモデル以外にはリラックスとリフレッシュというモデルもあるんですが、運動向けのモデルというイメージがリチャージにはあったのでこれを選びました。

ベネクスのリカバリアクセサリー

ベネクス リカバリーウェア

アクセサリーにも色々あって、僕が愛用しているものは2つあります。その1つがリカバリークロスです。1100mm×500mmという大きさがあり、旅行時に持ち運ぶのにもちょうどいい大きさなんです。キャンプに行った時のリラックスタイムにひざ掛けに使ったり、寝る時に腹巻にしたりと使い用途も様々です。

 

ベネクス リカバリーウェア

ベネクス リカバリーウェア

ボタンも付いているので、肩からかけてマントのように使用することもできるんです。首まわりも包み込んでくれるので、冬場部屋の中でちょっと寒いという時にも使いやすく重宝しています。

 

ベネクス リカバリーウェア

もう1つはアイマスクです。テント泊の時にこれが抜群に良いんです。明日はゆっくり起きて過ごそうなんて思っても、周りのテント泊の人たちは4時頃に起きだすなんてことはざらだと思うんです。そうすると結構ヘッドライトが眩しくて起きちゃうんです。そういう時にはこのアイマスクと耳栓です。リカバリーウェアやリカバリークロスは縦走時には荷物になってしまうので、そういう時には持ち歩かないんですが、アイマスクは小さくなって重さも全然気にならないので、いいんです。アイマスクだけでも自己回復力をあげてくれているような気がしています。

医療用品ではないし、誰もが効果を実感できるものではないと思うんですが、僕の場合は着用した次の日の疲れの残り方が違うなあという実感を得ています。なかなか面白いウェアだなあと感じてます。


トレイルランニンググッズを取り揃えるSo Cal
山旅々のLINE@はじめました
友だち追加