登山で楽しむ山ごはん中に、チェアがあると圧倒的な快適さを手に入れることができます。そこで今回は背もたれがついた、登山装備に加えたくなる超軽量アウトドアチェアを紹介します。

登山装備におすすめ超軽量アウトドアチェア

今回ピックアップする軽量のアウトドアチェアの形状は2種類。足のついたヘリノックスを代表とするタイプのチェアと、座椅子タイプのチェアを紹介します。登山装備に加えるならば500g前後までと考えてピックアップしました。

※横スクロールで表がスクロールできます。
ブランドヘリノックスヘリノックスヘリノックスルハナMoon Lenceクレイジークリークキャプテンスタッグ
商品名チェアゼロチェアワン ミニグラウンドチェアグラウンドチェア2wayローチェアヘックス2.0 オリジナルチェアザブトン FDチェア
重量(使用時)490g450g615g700g980g(脚を外し860g)610g220g
重量(収納時)510g500g640g730g
使用時サイズ(幅・奥行き・高さ)52cm×48cm×64cm40cm×34cm×44cm52cm×50cm×50cm50cm×53cm×54cm50cm×36cm×60cm38×83cm38×80cm
価格(税込)¥14,300¥9,900¥13,750¥4,990¥3,999¥9,350¥1,691

広い座面で510gの軽量性!ヘリノックス チェアゼロ

ヘリノックス チェアゼロ

ヘリノックスチェアのフラッグシップモデル『チェアワン』をさらに軽量化したモデルがチェアゼロです。シートには薄手でありながら丈夫なリップストップ生地を採用しています。座面は幅52×奥行き48cmと無理なく大人のお尻が入る大きさで座り心地を犠牲にせず軽量化された、登山にも最適なチェアです。

コンパクトで最軽量500g!ヘリノックス チェアワン ミニ

ヘリノックス チェアワン ミニ

ヘリノックスチェアの中で最も軽量でコンパクトなモデルです。座面高、さらに座面そのものもコンパクトにした子供でも座りやすいチェアです。大人も使用することができるチェアですが、もたれかかって長時間座ることを考えるとチェアゼロやグランドチェアがおすすめです。表を見てもわかるようにスタッフバッグの重量が50gと重いので、パッキングする際はスタッフバックなしでザックの側面などに収納することで軽量化を行うことができるでしょう。

ローススタイルで座り心地抜群!ヘリノックス グラウンドチェア

ヘリノックス グラウンドチェア

ヘリノックスチェアの中で最も座面が低いロータイプモデルの軽量チェアです。商品名の通りゆったりとくつろぎたいシーンにおすすめな作りで、座りながら足を伸ばし寝っ転がるような姿勢で寛ぐことができます。

5,000円とコストパフォーマンスに優れた軽量チェア!ルハナ グラウンドチェア

ルハナ グラウンドチェア

ヘリノックスがおおよそ1万円前後の価格に対して、ルハナのグランドチェアは約5000円と半額で購入することができます。重量は約200gほどヘリノックスと比べると重いですが座り心地やコンパクト性は評価が高く、ヘリノックスのグランドチェアのように寝っ転がるような姿勢で寛ぐことができます。

最安値!610gの軽量チェアMoon Lence 2wayローチェア

Moon Lence 2wayローチェア

ヘリノックスの比較対象として取り上げられるムーンレンスのアウトドアチェアは、紹介するチェアの中では最も重量がありますが、約4000円と価格が安く、さらに2way仕様で座面を高くすることも低くすることもできる特徴的なチェアです。座面を低くして使用する際は脚を外しますが、この脚の重さが約120gなので装備に加えないなどして軽量化を行うと良いでしょう。

耐久性に優れた大定番の座椅子クレイジークリーク ヘックス2.0 オリジナルチェア

クレイジークリーク ヘックス2.0 オリジナルチェア

座り心地の良さと優れた耐久性で、軽量折りたたみチェアのスタンダードブランドとして知られるのがクレイジークリークのヘックス2.0です。その中でも最も軽量なオリジナルチェアは座面のフォーム素材のパターンと、しなやかな素材で座り心地がよく、座椅子タイプで地面に目線が近く、足を伸ばしながらリラックスできるよさがあります。ストラップを外せばマットになるので寝転がって休憩するなんていう使い方もできます。

220gの軽さと座り心地に驚く!キャプテンスタッグ ザブトン FDチェア

キャプテンスタッグ ザブトン FDチェア

発泡ポリエチレンを210デニールのナイロンで構成した非常にシンプルな座椅子タイプのチェアです。クレイジークリークのように丸めてコンパクトにすることはできないので、パッキングする際はザックの背面などに収納すると良いでしょう。様々なアウトドア用座椅子を調査しましたが最も軽量でした。

【番外編】テントマットを座椅子に変えるアイテム

テント泊登山の際に使用するチェアを検討している方は、テントマットをチェアに変えることができるアイテムを使用することで装備の軽量化を行うことができます。

※横スクロールで表がスクロールできます。
ブランドシートゥサミットサーマレスト
商品名エアチェアトレッカーチェア
重量(使用時)230g290g
価格(税込)¥5,940¥5,500

シートゥサミット エアチェア

シートゥサミット エアチェア

70デニールのナイロン素材を使ったエアチェアは2種類のサイズ展開で、ほとんどのテントマットを座椅子に変えることができます。サイズは55cm幅と64cm幅の2種類で、テントマットの大きさによってサイズを選びましょう。

サーマレスト トレッカーチェア

サーマレスト トレッカーチェア

75デニールのポリエステルリップストップ素材を使ったトレッカーチェアはシートゥーサミットのエアチェア同様2種類のサイズ展開です。サイズは51cm幅と63cm幅の2種類で、テントマットの大きさによってサイズを選びましょう。

関連タグ

関連記事

あなたにおすすめ記事

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年06月29日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

yamatabi全ての軽量・便利アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム