エバニューTiフーボーコジーで作るラーメン

エバニューTiフーボーを購入するとついてくる風防ケースは、ポリプロピレンのケースで、食品衛生規格で100度までの熱いものを入れても問題ないとされています。しかしながら熱いものを入れて直接ケースを持つことは難しいです。そこでおすすめなのがエバニューTiフーボーコジーです。このアイテムを取り入れたラーメンの作り方と食ベ方を紹介します。

エバニューTiフーボーコジーとは

エバニューTiフーボーコジーとは

山旅旅のオンラインショップでは、ジップロックのスクリューロックを保温ケースに早変わりさせるスクリューロックコジーと、エバニューTiフーボーケースを保温ケースに早変わりさせるエバニューTiフーボーコジーが販売されています。

高い保温力を発揮するアストロフォイル

これらのコジーはアルミ純度99% 熱反射率97%と高い保温力を発揮するアストロフォイルを使用しており、熱いものをケースに入れても手に熱を伝えず、ケースの中で暖かさを保つ特徴があります。

エバニューTiフーボーコジーを使ったラーメンの作り方

カップラーメンリフィル、カップヌードル、袋麺を利用してラーメンを作ることができるのが特徴です。

麺量、お湯の量はそれぞれ以下のとおりです。

※横スクロールで表がスクロールできます。
商品カップラーメンリフィルカップヌードル袋麺(サッポロ一番 みそラーメン)
麺量60g78g90g
必要なお湯の目安量330ml300ml~400ml500ml
価格(税込)165円205円123円
袋麺の場合は半分に割ってフーボーケースの中に入れる

カップラーメンリフィルとカップヌードルは、エバニューTiフーボーコジーの中に乾麺やスープの素を入れてお湯を注ぎ、約3分間放置して完成させることができます。袋麺の場合は半分に割ってフーボーケースの中に入れる必要があります。お湯は風防ケースいっぱいまで注いで約400mlです。

カップラーメンリフィルやカップヌードルと同様約3分間放置

カップラーメンリフィルやカップヌードルと同様約3分間放置させますが途中で重なった麺の上下を入れ替えると麺の柔らかさに統一感がでる気がします。

エバニューTiフーボーコジーで作るラーメン

最後に粉末スープなどを投入して完成させますが、既定よりもお湯の量お湯の量が少ないので入れる量の調整が必要です。

カップヌードルの場合は中身の麺や粉末を事前にジップロックなどの袋に入れ替えることで、食後のゴミを持ち帰る必要がありません。

関連タグ

関連記事

あなたにおすすめ記事

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年05月19日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

全ての軽量・便利アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム