フーディニのパワーフーディとパワージャケットはフーディニの大定番フリースです。ポーラテックのパワーストレッチプロを採用した着心地の良さと保温力に優れたフリースです。今回はパワージャケットとパワーフーディの比較をしていきます。

パワージャケットとパワーフーディの基本情報を比較

パワージャケットとパワーフーディの基本情報を比較

価格の差は約1000円ほどで、重量は78gの差があります。どちらもポーラテックのパワーストレッチプロを使用し、伸縮性の高さと着心地と肌触りの良さを兼ね備えています。

商品名パワージャケットパワーフーディ
重量400g478g
価格(税込)27,50028,600

レイヤリングのしやすさ

レイヤリングのしやすさ

パワーフーディはしっかりとした厚みのあるフードで、頭全体をしっかりと風から守ってくれます。しかしながら上からシェルジャケットなどを羽織る際、フードを外に出さなければいけなく、レイヤリングはパワージャケットのほうがしやすいといえます。

レイヤリングのしやすさ

パワーフーディやパワージャケットをアウターとして活用する場合は、防寒性の高さという点ではパワーフーディの方が良いでしょう。

表面がツルッとしているのでハードシェルやダウンウェアの着脱がしやすいのも特徴です。

首周りの違い

首周りの違い

首からの冷気の遮断、首をネックウォーマーを使用するかのように温めることができるのも、パワージャケットとパワーフーディの特徴です。

しかしながらパワーフーディはジッパーをあげると顎の辺りまでジッパーが上がるので、人によっては少し苦しく感じる場合があります。襟の高さはフードの縁の部分、約2cmほどパワーフーディのほうが高いです。

首周りの違い

パワージャケットはジッパーをあげると首を覆い隠すことができる襟の高さが備わっており、首元を温めやすい作りです。

ダブルジッパーによる体温調整(共通機能)

ダブルジッパーによる体温調整

パワージャケットもパワーフーディもダブルジッパーによって体温調整がしやすく作られています。

サムホールによる保温力(共通機能)

サムホールによる保温力

手が冷たくなるシーンでは分厚い生地と肌触りの良い袖口に付いたサムホールで、袖口からの冷気を遮断し手のひら、手の甲を温めてくれます。

ハンドウォーマーポケットの機能性(共通機能)

ジッパー付きのハンドウォーマーポケットに手を入れるとドローコードとストラップが付いています。これを絞り込むことで裾部分を絞り、裾からの冷気を遮断します。

ハンドウォーマーポケットの機能性

ポケット内部はメッシュ地なので、ジッパーの開閉でベンチレーション機能を果たします。このメッシュポケットによって、ウェアの内側に縦型のポケットを形成しています。

サイズ感について(共通機能)

サイズ感について

身長180cm痩せ型の体型でSサイズを着用しています。タイトな作りですがストレッチ性が高いので動きやすく、ダボっとしないからシルエットが美しいです。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年11月02日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム