ブナ林と歴史ある温泉施設が魅力の名峰が雨飾山です。長野と新潟県の県境にある妙高連峰の西の端に位置する雨飾山へ車で行くベスト登山プランと雨飾高原駐車場情報を紹介します。

雨飾山への登山コースとアクセスプラン

山頂の東面には荒々しい岩壁の布団菱。南北2つの山頂からは白馬連峰と日本海を一望できます。山頂へは4本の登山道があり、初心者から上級者まで楽しめる登山道となっています。最短時間で登ることができる長野県側の小谷温泉の道が最もよく歩かれ、山麓には山のいで湯「小谷温泉」があるのも魅力の1つです。

山の名前雨飾山(あまかざりやま)
都道府県新潟県・長野県
山域妙高山周辺
標高1,963m
天気・アクセスなど詳細情報

登山コーススタート地点『雨飾山登山口』までのアクセス

登山コーススタート地点『雨飾山登山口』までのアクセス

雨飾山の登山口は雨飾高原キャンプ場の入り口に位置し、駐車場、トイレ、水場があり、登山をスタートするにあたって便利な場所です。山頂までは登山口から約4km、累積標高差は約900mで小谷温泉道を往復することになります。

  • 関東起点の場合は練馬インターチェンジから長野インターチェンジまで約200km
  • 長野インターチェンジから雨飾山登山口まで約70km
  • 関西起点の場合は吹田インターチェンジから糸魚川インターチェンジまで約420km
  • 糸魚川インターチェンジから雨飾山登山口まで45km

雨飾高原駐車場について

雨飾高原駐車場について

登山口の手前に第一駐車場とそこから200m下った場所に第2駐車場があります。第一駐車場が約50台、第2駐車場が約20台、合計70台の駐車スペースがあり、共に無料で駐車することができます。トイレや水場、自動販売機は第1駐車場のそばにあります。

登山口の名前雨飾高原キャンプ場(あまかざりこうげんきゃんぷじょう)
天気・アクセスなど詳細情報

雨飾山への登山コースについて

総距離約7.7km
コースタイム7時間5分
累積標高約1,097m
難易度★★★☆☆
雨飾山への登山道

登山口から尾根への取り付き点までは季節によっては水芭蕉が咲く湿地の中を木道を使って歩いて行く景色に恵まれた登山道です。取付点からは急登となり、頂上までの登山道の途中にはブナ平と呼ばれるブナ林に囲まれた明るい場所があり休憩スポットに最適です。

雨飾山東面の布団菱の岩壁

少し降ると荒菅沢に到着し水場があります。ここから雨飾山東面の布団菱の岩壁が一望できます。荒菅沢からは紹介するコース最大の難所となるガレ場のある急登を登り、稜線上の笹平分岐へと向かいます。この先で新潟県側からのコースと合流し最後にきつい急登を登り雨飾山の山頂に到着します。

雨飾山の山頂

北側の雨飾山荘からの薬師尾根道は小谷温泉道同様の急登が続きます。こちらは中の池周辺のお花畑が美しい登山道で、こちらを利用するのもおすすめです。

下山後のおすすめスポット

小谷温泉は雨飾山登山口から国道148号へ向かう途中にあり信玄の隠し湯の一つとして古くから湯治場として親しまれています。

雨飾高原バス停の近くにある奥の湯雨飾荘とさらに下った先に山田旅館がありともに日帰り温泉入浴も可能です。

奥の湯雨飾荘
山田旅館

奥の湯雨飾荘の近くには小谷村の村営露天風呂や新潟県側の登山口となる雨飾温泉雨飾山荘でも立ち寄り入浴が可能となっており、登山者には嬉しいスポットです。

関連タグ

関連記事

あなたにおすすめ記事

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年06月29日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

yamatabi全ての軽量・便利アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム