知床半島の付け根に位置するシャリだけは左右に大きく裾野を伸ばした優雅な美しい山です。この斜里岳へ車で行くベスト登山プランと清岳荘駐車場情報を紹介します。

斜里岳への登山コースとアクセスプラン

山の名前斜里岳(しゃりだけ)
都道府県北海道
山域知床半島
標高1,547m
天気・アクセスなど詳細情報

登山道は清里町側の清里コースと、斜里町側の三井コースがあります。この2つのコースの内よく利用されている方は登山口に山小屋がある清里コースです。

斜里岳への登山コースとアクセスプラン

この清里コースは旧道の沢コースと新道の尾根コースに分かれ、ピストン登山ではありますが往路と復路で異なるコースを歩くことができる点が特長です。

もし東京から斜里岳登山をするのならば前泊が必要ですが、登山口にある山小屋の清岳荘か、登山口から約14キロメートル離れたJR清里町駅周辺にあるリーズナブルな温泉ホテルや民宿もおすすめです。

登山コーススタート地点『清岳荘駐車場』までのアクセス

清岳荘までは女満別空港から約60km離れた場所にあります。JR清里町駅は女満別空港から清岳荘駐車場のルート上にあるため、前泊するのに最適な場所です。

清岳荘駐車場について

清岳荘駐車場について

清岳荘駐車場は素泊まり専用小屋である清岳荘の手前に駐車場スペースがあります。小屋は6月下旬から10月上旬まで営業しています。駐車スペースは約45台です。 自動販売機とトイレがあり、協力金を支払う必要があります。

斜里岳への登山コースについて

総距離約9.8km
コースタイム(往復)6時間40分
累積標高約1,148m
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

駐車場から約1kmほど歩くと登山口となります。沢を渡り歩き、程なくすると下二股の分岐に到着します。

沢コースの旧道は下りの場合、岩場が濡れており滑りやすいため登りで利用するのがおすすめです。登山道の周りには大小さまざまな滝が次々と現れ、頂上に近づくにつれ鎖場が出現します。

何度か渡渉することとなるため登山靴が濡れないよう注意が必要です。上二股で新道と合流しその後ガレ場の登りとなり馬の背に到着します。

馬の背は眺めがよく、その後ハイマツ帯の稜線をたどると斜里岳神社を経由し山頂に到着します。山頂からは雄大な北海道らしい景色が広がります。

往路は上二俣まで下山し、新道コースを通って登山口に戻ります。

斜里岳とセットで登りやすいのが羅臼岳です。清岳荘まで戻ったらウトロ温泉もしくは岩尾別温泉まで移動することで羅臼岳の登山も楽しむことができます。

下山後のおすすめスポット

清里温泉ホテル緑清荘

下山後の日帰り温泉は前泊にも便利な清里温泉ホテル緑清荘がおすすめです。北海道らしい源泉かけ流しのお湯は気持ちよく、低温サウナや気泡湯などの設備も充実しています。

神の小池

北海道まで足を伸ばしたのならば是非寄ってもらいたいスポットが神の小池です。摩周湖の伏流水が湧き出る神秘的な雰囲気が漂います。

裏摩周展望台

また裏摩周展望台からは摩周湖の眺めが素晴らしく、山の上から眺める展望とはまた異なった感動を味わうことができます。

さくらの滝

さくらの滝は6月から8月の時期にサクラマスの滝越えを見ることができます。北海道ならではの大自然の景観を味わってみましょう。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年08月07日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

yamatabi全ての軽量・便利アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム