夏は高山植物、秋は見事な紅葉が広がるトムラウシ公園を抱えたトムラウシ山は登山コース上にテント場があり、テント泊登山を楽しむこともできます。天上の楽園のような美しい景色と、吹きさらしの環境ゆえ、天候悪化時には厳しい寒さにも見舞われることが多い様々な顔を持つのがトムラウシ山です。このトムラウシ山へ車で行くベスト登山プランとトムラウシ山短縮コース登山口駐車場情報を紹介します。

トムラウシ山への登山コースとアクセスプラン

山の名前トムラウシ山(とむらうしやま)
都道府県北海道
山域石狩山地
標高2,141m
天気・アクセスなど詳細情報

トムラウシ山へ向かう際はトムラウシ温泉からの日帰り登山か、トムラウシ山の山頂直下にある南沼キャンプ指定地でのテント泊のいずれかとなります。トムラウシ温泉からは車で林道を8km程分け入った先に短縮コース登山口があります。短縮という名前がつきますがそれでも標高差約1500mを往復する行程となります。

登山コーススタート地点『トムラウシ山短縮コース登山口』までのアクセス

東京起点の場合は新千歳空港か帯広空港のどちらかを利用するのがおすすめです。関西起点の場合は新千歳空港となるでしょう。

新千歳空港からトムラウシ山短縮コース登山口までは約200kmと長い道中となります。

トムラウシ山短縮コース登山口駐車場について

トムラウシ山短縮コース登山口駐車場について

短縮コース登山口駐車場までは未舗装の林道を走る必要があります。林道を走った先に無料スペースがあり、約30台の駐車が可能です。駐車場にはトイレがあります。

トムラウシ山への登山コースについて

総距離約17.1km
コースタイム(往復)8時間40分
累積標高約1,564m
難易度★★★★☆(テント泊の場合★★★☆☆)
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

短縮コース登山口から約20分ほど歩くとトムラウシ温泉からの登山道と合流します。カムイ天上を過ぎると登山道はぬかるみ、足元が不安定になるので気をつけましょう。

カムイ天上を過ぎると登山道はぬかるみ

沢へ向けて下った先にはコマドリ沢出合いがあり、そこから雪渓の残る沢を下り、岩場を抜けると前トム平に到着します。

池塘が点在するのがトムラウシ公園の特徴

ナキウナギの声がこの辺りから聞こえてきます。ハイマツと岩の間に池塘が点在するのがトムラウシ公園の特徴です。歩いて行くとキャンプ指定地のある南沼畔に到着します。この辺りは秋になると紅葉、夏は高山植物が素晴らしいです。

人工物が視界に入らない大パノラマが広がるトムラウシ山頂

人工物が視界に入らない大パノラマが広がる山頂までは岩の積み重なる道を歩く必要があります。天気が良ければテント場に荷物をデポしてピストンでトムラウシ山へ向かうのも良いでしょう。

下山後のおすすめスポット

トムラウシ温泉には一軒宿の国民宿舎東大雪荘があります。山奥の秘湯感はあまりありませんが内風呂は天井が高く露天風呂もありトムラウシ山の登山を楽しむ人たちに人気のあるスポットです。

関連タグ

関連記事

あなたにおすすめ記事

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年06月29日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

yamatabi全ての軽量・便利アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム