蝦夷富士の愛称で親しまれる羊蹄山は北海道西部にある独立峰です。端整な山容は遠くからも眺めることができます。この羊蹄山へ車で行くベスト登山プランと羊蹄山自然公園駐車場情報を紹介します。

羊蹄山への登山コースとアクセスプラン

山の名前羊蹄山(ようていざん)
都道府県北海道
山域支笏・洞爺
標高1,898m
天気・アクセスなど詳細情報

羊蹄山の登山口は京極、喜茂別、真狩、半月湖野営場の4箇所があります。登山口から山頂までの標高差はいづれも約1500mあり、日帰り登山は難易度の高いプランとなります。

蝦夷富士の愛称で親しまれる羊蹄山

これらの登山口の中でも真狩コース、半月湖野営場登山口からスタートする比羅夫コースがもっともポピュラーですが、今回案内するのは新千歳空港空港からのアクセスが便利で、比較的なだらかな登山道で整備も行き届いている真狩コースを紹介します。

登山コーススタート地点『羊蹄山自然公園駐車場』までのアクセス

登山時間が長丁場なので前泊が前提となる登山となります。真狩村に宿泊施設は少ないため近隣の村山市宿泊施設も選択肢に加えておきましょう。新千歳空港から約100kmの場所に羊蹄山自然公園があります。

羊蹄山自然公園駐車場について

羊蹄山自然公園駐車場について
v

自然公園には駐車場があり無料で停めることができます。駐車スペースは約50台でトイレがあります。

羊蹄山への登山コースについて

総距離約16.5km
コースタイム(往復)9時間40分
累積標高約1,847m
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定
羊蹄山の登山口

登山開始は樹林帯が続き2合目辺りから傾斜を増していきます。

4合目が近づく頃に視界が開けて、6合目を過ぎると岩場が現れ、高山植物も時期によってはこの辺りで楽しむことができます。

羊蹄小屋は避難小屋

羊蹄小屋は避難小屋で、夏になると管理人が常駐し有料となります。この避難小屋との分岐にあたる9合目から急登を超えると火口縁の一角に到着します。

蝦夷富士の愛称で親しまれる羊蹄山

反時計回りに山頂に向かうと、頂上からは歓声が上がるほどの360度の眺望が広がります。

火口跡がはっきりわかる羊蹄山

洞爺湖や太平洋の眺めが素晴らしく、火口跡がはっきりわかる羊蹄山ならではの景色も素晴らしいです。

下山後のおすすめスポット

真狩温泉は羊蹄山の景色を楽しめる露天風呂と、今回案内した真狩コースを見渡せる下山後に是非立ち寄ってもらいたい日帰り温泉施設です。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年11月05日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム