エバニューから軽量で小さなクッカーにしまうことができる携行性に優れた、チタン製の五徳が2種類リリースされています。それぞれメリットとデメリットがあり、登山で使うならどちらが良いか比較してみました。

チタンゴトクTriveTi&チタン十字ゴトクの比較表

チタン五徳TriveTi&チタン十字五徳の比較表

チタンゴトクTriveTiとチタン十字ゴトクはどちらも非常に軽量で、分解すればフラットに収納でき、携行性にも優れた五徳に仕上がっています。以下はそれぞれの特徴を比較した表です。

製品名チタンゴトクTriveTiチタン十字ゴトク
重量13g16g
サイズ8.1×4cm9.6×2.8cm
価格(税込)¥1,430¥1,210
収納できるクッカー例400FDTi570Cup
汎用性アルコールストーブ以外の固形・ジェル燃料も使用可能アルコールバーナー専用
安定性低い高い

少し大きめのクッカーを使って安定性を求めるのならばチタン十字ゴトク、400ミリリットルほどの小さなクッカーを使用するのならばチタンゴトクTriveTiというように選ぶのが一般的です。

使用しているクッカーへのスタッキング

使用しているクッカーへのスタッキング

五徳をクッカーの中にスタッキングする場合は、分解してフラットに収納できる特徴を活かすべきでしょう。今回はエバニューの400FDとTi570cupを例にとっていますが、チタンゴトクTriveTiは直径8.1cmのクッカーであれば底に収納することができ、エバニューの400FDとTi570cup、どちらも収納可能です。SnowPeakのチタンシングルマグ450も直径86.2cmなので収納可能です。

使用しているクッカーへのスタッキング

対してチタン十字ゴトクは9.6cmあるので、400FDやSnowPeakのチタンシングルマグ450の底に入れると斜めになってしまいます。Ti570cupであれば問題ありません。

登山で活用する燃料と安定性の重要度について考える

登山で活用する燃料と安定性の重要度について考える

登山でお湯を沸かすために使用する燃料がアルコールストーブだけであれば、チタン十字ゴトクの安定性の良さは捨てがたいです。

チタン十字ゴトクの安定性
汎用性の高いチタンゴトクTriveTi

チタン十字ゴトクの安定性はアルコールストーブの凹凸部分にフィットするような形になるので、高さが抑えられることによる安定性だけでなく、ぐらつかない点でも安定性が向上しています。お湯を沸かすだけならば、お湯が沸くまでクッカーに触ることはほぼありませんが、カレーやスープを温めたりする時に、かき混ぜるなどでクッカーに触るときは五徳の安定性は重要です。

汎用性の高いチタンゴトクTriveTiが良いでしょう。

アルコールストーブ以外の燃料として固形燃料やジェル燃料も使用するのならば汎用性の高いチタンゴトクTriveTiが良いでしょう。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年09月27日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム