登山やハイキングなどに使用するアウトドアウェアの撥水加工について徹底的に解説していきます。まず撥水についての基本と目的を知って撥水加工の重要性を知り、誰でも行える正しい撥水加工の方法と、おすすめの撥水剤を紹介します。

撥水性って何?

撥水性って何?

撥水性とは生地表面にコーティングを行うことで水を球状にして弾く加工のことを指します。撥水素材の多くが中毒性に問題があるフッ素樹脂やシリコン樹脂などを使用していたため、生産過程における人権問題、使用時における事故について問題視されていました。現在ではこれらの樹脂を使用しない撥水剤がスタンダードになっています。

なぜ撥水するのか?

なぜ撥水するのか?

レインウェアやウィンドシェル、フリースなどの表生地の多くは水を吸収する性質があるため、雨に濡れると水を吸収して重くなってしまいます。また汚れが付着することで、ウェアが持つ透湿性能や通気性能が損なわれてしまいます。

このように水や汚れなどからウエアを守るために撥水加工を行います。

撥水と防水の違いは何?

撥水と防水は大きな違いがあります。撥水は水を弾くことを指し、防水は水を通さないことを指します。

レインウェアを例に取ると、撥水は表生地が保水して重くならない、また汚れて性能が失われないように加工することを指します。

防水とは加工することではなく、メンブレンの水を通さない機能のことを指します。

撥水加工の種類

撥水加工の種類

撥水加工の方法には2種類の方法があります。1つ目は洗濯機を使用する方法、2つ目がスプレーをする方法です。

洗濯機を使用する方法は浸け置きするためウェアの細かな場所まで撥水加工を行うことができるのに対して、スプレータイプは短時間で簡単に撥水加工を行うことができますがムラが生じやすい点があげられます。

登山で使用するレインウェアなどを撥水加工する場合は、ムラなくしっかりと撥水加工ができる洗濯機を使用する撥水剤をおすすめします。

正しい撥水加工方法

洗濯機を使用した撥水加工方法を紹介します。まず最初に撥水剤がしっかりとウェアに付着するよう、しっかりと汚れを落とすことから始めましょう。

ステップ1:汚れを洗濯でしっかりと落とす

汚れを落とすことが撥水加工を行う際、最も重要です。洗剤はNIKWAXやグランジャーズ、ファイントラックのオールウォッシュなどのアウトドア専用洗剤でしっかりと汚れを落としましょう。

洗濯をする際に注意するポイント

  • ウェアの洗濯タグで水洗い可能か確認
  • ベルクロやファスナーなどしっかり閉じる
  • ドローコードを緩める
  • 洗濯機の洗剤投入口に他の洗剤が付着していないか確認する
  • 汚れのひどい箇所には原液を直接塗る
  • 洗剤を入れる前にボトルをよく振る
  • 正しい容量の洗剤を入れる
  • 香りや柔軟剤のついた洗剤は絶対使わない

洗濯をする際、香りや柔軟剤は撥水加工する際、汚れと一緒で付着の妨げとなります。またグランジャーズの2イン1 ウォッシュ&リペルは汚れを落とすと同時に撥水性を失った生地に撥水加工を施す優れものです。

洗濯をする際は脱水なしのコースを選択します。洗濯終了後は洗剤が落ちていることを確認し、落ちていない場合は再度すすぎ洗いをしましょう。

着用して間もないウェアの場合は、洗濯だけで撥水性が蘇ります。撥水性が復活しなくなったら撥水加工を行いましょう。ジッパーの中など余分な水分を絞り出しながら取り出したら次は撥水加工です。

ステップ2:洗濯機で撥水剤をウェアに付着させる

洗濯し終わったウェアのベルクロストラップやファスナーなど全て閉じていることを確認します。またドローコードを緩めることも忘れないようにしましょう。

濡れた状態のウェアを洗濯機に投入し、洗濯機の水量を設定します。水量は使用する撥水剤メーカーによって異なります。また撥水加工をするウエアの数によっても異なります。

メーカーNIKWAXグランジャーズモンベル
ウェア1着に対して必要な撥水剤の量50ml75ml32ml
水の量6l10l15l

脱水無しのコースを選択し、水が溜まったら洗濯機を一時停止し撥水剤を投入します。撥水剤はしっかりと振って入れるようにしましょう。撥水剤の量は水量と同様、使用する撥水剤メーカー、ウエアの数によって異なります。撥水剤を入れたら洗濯を再スタートさせます。

!ポイント

撥水剤を入れた後に手でかき混ぜ、10分ほど浸け置きすることで、撥水剤を定着させることができます。

終了後は余分な撥水剤が落ちていることを確認して、落ちていない場合は再度すすぎ洗いを行います。ジッパーの中など余分な水分を絞り出しながら取り出したら次は乾燥です。

ステップ3:乾燥して撥水剤をウェアに付着させる

乾燥して撥水剤をウェアに付着させる
乾燥して撥水剤をウェアに付着させる

乾燥方法は2通りあります。1つは自然乾燥です。自然乾燥の場合は直射日光でウェアを痛めてしまうので、陰干しするようにしましょう。乾燥機を使用する場合は、ウェアの洗濯表示の通りに行います。

ウェアの洗濯表示
  • 「・・」はタンブル乾燥ができる(排気温度上限80 ℃)
  • 「・」は低い温度でのタンブル乾燥ができる(排気温度上限60 ℃)
  • 「✕」はタンブル乾燥禁止

!ポイント

撥水剤は熱を加えると効果を発揮します。なので乾燥させた後にドライヤーやアイロン(低温かつスチームなしで、当て布をして強く押し付けないようにする)で乾燥させると、強い撥水性を得ることができます。

おすすめの撥水剤3種類

今回紹介した洗濯機を使用した撥水剤にオススメなメーカーは3種類です。レインウェアやウィンドシェルなどだけでなく、フリースや化繊ジャケットにも使用できます。

※横スクロールで表がスクロールできます。
メーカーNIKWAXグランジャーズモンベル
商品名TX.ダイレクト WASH-INクロージング リペルO.D.メンテナンス S.R.ウォッシュイン
撥水剤ウォーターベース溶剤アクリルポリマー非フッ素はっ水剤
容量300ml300ml300ml
価格(税込)¥1,870¥1,600¥1,650
洗濯機の使用
ウェア1着に対して必要な撥水剤の量50ml75ml32ml
水の量6l10l15l
濃度0.8%0.7%0.2%

ウォーターベースの撥水剤-NIKWAX TX.ダイレクト WASH-IN

NIKWAX TX.ダイレクト WASH-IN

エバニューが販売代理店を務めるNIKWAXは、通気性を確保し、強力撥水を施す代表的な撥水剤です。一度処理することで、数回の洗濯に耐えて効果を持続する特徴があります。

使用している溶剤は特許を獲得したウォーターベース溶剤で、不燃性のため自宅でも安心して使用できます。この溶剤は繊維一本一本に絡みつき、溶剤自体に伸縮性があるため、撥水成分が壊れにくく、そのために撥水効果が継続します。またウェアの特徴である通気性を損なうことなく撥水性を復活させます。

アクリルポリマー撥水剤-グランジャーズ クロージング リペル

グランジャーズ クロージング リペル

キャラバンが販売代理店を務めるグランジャーズは、日本の気候に似たイギリス生まれのメンテナンス剤メーカーです。エベレストや南極など世界中のあらゆる過酷な環境に対処するため、自社の研究所で研究開発に取り組んだ高い機能性を発揮する製品が特徴です。

使用している溶剤は、長年の研究開発から生まれたアクリルポリマーを採用しています。樹脂製の撥水剤の特徴である撥水性と耐久性、透湿性を損なわず環境に優しい撥水製品を提供しています。

フッ素不使用の撥水剤-モンベル O.D.メンテナンス S.R.ウォッシュイン

モンベル O.D.メンテナンス S.R.ウォッシュイン

300mlで1650円だからウェア1着に対して使用する溶剤の量が少なく、紹介する3種類の中では、最もコストパフォーマンスに優れた撥水剤です。フッ素を使用せず環境に配慮したものづくりを進めていると謳っています。溶剤は引火性で、スプレータイプのものは吸い込むと危険なので注意をしましょう。

メーカー別撥水剤の種類

NIKWAX、グランジャーズ、モンベルのウェア向け撥水剤の種類を表に表しています。

NIKWAXの撥水剤
※横スクロールで表がスクロールできます。
対象ウェアレインウェアなどのシェルフリースダウンウェア
商品名TX.ダイレクト WASH-INポーラプルーフ 2ダウンプルーフ
容量300ml300ml300ml
価格(税込)¥1,870¥1,870¥1,760
洗濯機の使用

NIKWAXはフリース用とダウンウェア用の撥水剤が販売されており、ウェア以外にはシューズで6種類、グローブ用、テント用と細かなカテゴリー別で撥水剤が販売されています。

グランジャーズの撥水剤
※横スクロールで表がスクロールできます。
対象ウェアレインウェアなどのシェルやフリース、化繊ウェアなど洗濯と撥水を同時に行う
レインウェアなどのシェルやフリース、化繊ウェアなど
吹付けタイプ
レインウェアなどのシェルやフリース、化繊ウェアなど
ダウンウェア、ダウンシュラフ洗濯と撥水を同時に行う
ダウンウェア、ダウンシュラフ
商品名クロージング リペル2イン1 ウォッシュ&リペルパフォーマンス リペル プラスダウン リペルダウン 2イン1 ウォッシュ&リペル
容量300ml300ml275ml300ml300ml
価格(税込)¥1,600¥2,000¥1,800¥1,600¥2,000
洗濯機の使用✕(スプレータイプ)

グランジャーズはダウンウェア用の撥水剤が販売されており、ダウン以外は上で紹介した撥水剤で賄うことができます。それぞれに洗濯と撥水を同時に行うことができる2イン1ウォッシュ & リペルがあります。またスプレータイプも販売されています。

モンベルの撥水剤
※横スクロールで表がスクロールできます。
対象ウェアレインウェアなどのシェルやフリース、化繊ウェアなどレインウェアなどのシェルやフリース、化繊ウェアなどレインウェアなどのシェルやフリース、化繊ウェアなど
商品名O.D.メンテナンス S.R.ウォッシュインO.D.メンテナンス S.R.リキッドスプレー
容量300ml300ml330ml
価格(税込)¥1,650¥1,650¥1,362
洗濯機の使用✕(スプレータイプ)✕(エアゾールスプレータイプ)

モンベルは全て同じ撥水剤で浸け置きタイプとスプレータイプとリキッドスプレータイプの3種類が販売されています。浸け置きタイプは洗う商品の洗濯ラベルを確認し、洗濯機での使用も可能としています。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年09月27日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム