夏山登山で注意が必要なのが、発汗によるミネラル不足が原因の筋肉の痙攣や貧血、ビタミン不足による倦怠感や疲労感によるガス欠です。強い日差しによって、これらの症状が出やすくなる夏山登山で、僕が持っていっている栄養補給の為の食品を紹介します。

OS1パウダー−脱水症状とミネラル不足には絶対これ

OS1パウダー−脱水症状とミネラル不足には絶対これ

大塚製薬の経口補水液OS1は、風邪を引いた時に摂取するものと理解していましたがそんなことはなく、登山で汗をたくさんかいてミネラルが不足した時に最も効果的な飲みものだと考えています。

ミネラルが不足していない時に飲むとまずく感じますが、登山でたくさん汗をかいた最中に飲むととても美味しく感じることに驚くと思います。

OS-1は一般的なスポーツドリンクと比べてナトリウムは2倍、ブドウ糖は約3分の1の量が含まれています。成分だけを見ると塩分が多く感じるかもしれませんが、脱水状態の状態で飲むと「甘み」を感じます。脱水状態時には循環血液量が減少しているため、体はナトリウム(塩分)を「おいしい」と認識するようになり、相対的に糖分を強く感じるようです。したがって、脱水状態でOS-1を摂取すると「甘み」を感じ、反対にそうでない状態で飲むと「塩気」を感じるというわけです。

梅エキス−余分な塩分の排泄と豊富なカリウム

梅エキス−余分な塩分の排泄と豊富なカリウム

梅の効能は登山時においてとにかく効果的だと感じることが多いです。特に暑さと疲れによってバテてしまった時に、梅エキスを舐めるだけで疲れが吹っ飛ぶ時が多く、夏山登山では必須アイテムの1つです。

梅はカリウムと鉄分を多く含んでおり、強い抗酸化作用を持つビタミンEも多く含んでおり、さらにクエン酸の働きで疲労回復にも効果的です。

夏バテ状態になると、固形物を受け付けなくなるのですが、これが継続するとエネルギー補給ができなくなり、吐き気も催すようになってしまいます。そんな時に梅エキスを舐めると胃腸の調子を整えてくれ調子が回復します。

有機生姜シロップ−お腹の調子が改善

有機生姜シロップ−お腹の調子が改善

梅エキスもお腹の調子を整えてくれるのですが、生姜シロップも、この効果が非常に高いと感じています。ジンゲロール、ショウガオールと呼ばれる成分が、胃の中の食べ物の消化吸収を助けるようで、エマージェンシー的な役割を果たしてくれる食品です。

また思った以上に山の上が寒かった時や、体調が優れず行動量が落ちて寒気を感じる時にも非常に効果的なのが生姜シロップです。

かぼす果汁−クエン酸効果で乳酸を分解

かぼす果汁−クエン酸効果で乳酸を分解

日焼けの際に気になるシミの予防にも効果的なのが、強い抗酸化作用と豊富なビタミンCを含むカボスの摂取です。

かぼすの酸味はクエン酸によるものなので、疲れの元となる乳酸を分解し疲労回復を速める働きをしてくれるので、疲れたと思ったらカボスを摂取するようにしています。

OS-1パウダーを混ぜた水の中にカボス果汁を混ぜることが多いです。とにかく汗をかいて疲れた時にカボスの酸味によって、多くの元気をもらえます。

塩熱サプリ−電解質を素早く摂取

塩熱サプリ−電解質を素早く摂取

塩タブレットや塩飴など、夏になるとドラッグストアやコンビニなどでよく目にしますが、そのほとんどがカリウム、マグネシウムなどが多く含まれていません。

特にマグネシウムは筋肉の痙攣を抑える働きがあるため、夏山登山では大変重要な栄養素と考えています。

塩熱サプリは汗で失われる電解質、糖質の分解と代謝を助ける栄養素、水分吸収を助けるクエン酸、リカバリーを助けるビタミンCビタミンB6などがバランスよく含まれている食品です。

梅エキス、生姜シロップ、カボス果汁は200mlのスパウトで持ち歩く

梅エキス、生姜シロップ、カボス果汁は200ml のスパウトで持ち歩く

200mlサイズのセンタースパウトはAmazonで購入しています。様々な用途で使用することができる少量6枚セットで、この中に梅エキス、生姜シロップ、カボス果汁を入れて持ち歩いています。全て混ぜて水筒に入れた水と混ぜて飲んでいます。

梅エキス、生姜シロップ、カボス果汁は200ml のスパウトで持ち歩く

ちなみに梅エキスと生姜シロップは、1つのスパウトの中に5対5で入れてお湯と混ぜるととっても美味しくいただけます。500ml程の魔法瓶に入れて、登山中に飲むのが寒い時期の定番です。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年09月27日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム