登山はとても紫外線が強く、汗をかいて日焼け止めがとれてしまうと首や耳など気づかないうちに日焼けをしてしまい、痛い思いをすることがしばしばあります。そこで使用しているのがサンデーアフタヌーンズのソーラーカーテンです。

おすすめポイント

  • 登山だけでなくアウトドアシーンで幅広く活用することができるアイテム
  • 単体で使用することもできる
  • ソーラーカーテンをした後に上からハットをかぶることで、首後ろをしっかりと紫外線を防止
  • 頭へのフィットはドローコードなど一切なくゴムバンドのみでシンプルな作り
  • サングラスロックがついている

製品概要

ブランドサンデーアフタヌーンズ
商品名ソーラーカーテン
商品説明お気に入りのキャップに組み合わせるだけではなく、単体での使用や上からハットも被ることもできるネックケープ。
価格(税込)¥2,090
重量29g
素材ナイロン100%、バンド部ポリエステル100% 
機能●ネックケープ17cm
●UVカット(UPF 50+)
●汗止めバンド
●サングラスロック
●耐久撥水加工
●bluesign生地

管理人の評価レビュー

総合評価★★★★☆
快適性★★★★★
軽量性★★★★★
使いやすさ★★★★☆
コストパフォーマンス★★★★☆

サンデーアフタヌーンズ『ソーラーカーテン』の使い方

サンデーアフタヌーンズ『ソーラーカーテン』の使い方

このアイテムはお気に入りのキャップに組み合わせて使用することで首や耳を強い紫外線から守ることができるアイテムです。登山だけでなくアウトドアシーンで幅広く活用することができるアイテムで、海水浴、沢登り、海や川での釣り、スキー、キャンプ、マラソンなど様々なアクティビティで使用できます。

サンデーアフタヌーンズ『ソーラーカーテン』の使い方

キャップに合わせる以外に単体で使用することもできるので、ヘルメットとの相性も抜群です。

サンデーアフタヌーンズ『ソーラーカーテン』の使い方

またソーラーカーテンをした後に上からハットをかぶることで、首後ろをしっかりと紫外線を防止することができます。

ソーラーカーテンで登山の紫外線対策を万全に

ソーラーカーテンで登山の紫外線対策

登山ではキャップをかぶることが多い僕は、首にタオルを巻いて日焼け対策を行っていましたが、風で飛んでしまいそうになったり、樹林帯だと首にタオルを巻いているのが暑苦しく、今はサンデーアフタヌーンズのソーラーカーテンを使用しています。

ソーラーカーテンの使い心地

ソーラーカーテンの使い心地

首とソーラーカーテンとの間に空間ができるので暑苦しいことはなく、風が当たって涼しく紫外線から首周りを守ります。

ソーラーカーテンの使い心地

頭へのフィットはドローコードなど一切なくゴムバンドのみでシンプルな作りです。重量もわずか29グラムと軽量で、素材にはナイロン100%、UVカット UPF50+で安心です。

サングラスロック

サイドにはサングラスロックがついているのでソーラーカーテンを取り付けることでキャップの上にサングラスを取り付けても外れる心配がなくなります。

夏だけでなくオールシーズン登山では日焼け対策が必要なので、紫外線の強い冬にも活用できます。

ソーラーカーテンを顔の前に持って来て

登山中に気持ちの良い場所で昼寝をする時にはソーラーカーテンを顔の前に持って来てアイマスクのように使用することもできます。

また冷たい水に濡らして被ることで涼しむのは、低山でトレイルランニングを楽しむときのアイデアです。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年09月27日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム