登山用ファーストエイド

僕はアクティビティとして登山ではテントを担いだ長期縦走から日帰り登山まで、またファストパッキングにトレランと楽しんでいますが、それぞれにどういう危険がはらんでいるかを経験や、仲間が行っている気遣いなどから学びとるのはとても大事な事だと思ってます。

そういう知見の積み重ねで、今のところベストだと考えている僕のファーストエイドを紹介したいと思います。

怪我をした時は湿潤治療で治す

まずは転ぶなどして血が出るような傷をおったとき、傷の大きさと深さの違いで幾つかのファーストエイドを持っていってます。

自分だけで治すことができる小さな傷は湿潤治療によって治すように心がけてます。

大きな傷の場合はオオゴトにならないように病院まで辿り着けるようにするための応急処置というように考えてます。

まずは小さな傷の場合ですが、先に話した湿潤治療で治すんですが、僕が小さい頃、それこそ30年前は傷ができたら

  • 傷の消毒
  • 傷の乾燥
  • 傷にクリーム状のものを塗る
  • 絆創膏を貼る
  • カサブタを作り治す
  • というのが一般的だったと思うんですが、かつての常識が非常識になる事は多々あり、どんな世界も日進月歩で、それはすり傷、切り傷の世界も同じなんだなあと感じます。

    現在の常識は

  • 消毒しない
  • 傷に直接ガーゼなどをあてない
  • 異物を除去するために水で洗う
  • 傷にクリームは塗らない
  • 傷を乾燥させるような絆創膏は使わない
  • といったことのようで、いわゆる人間がそもそも持っている自己治癒力で傷を治すことで結果

  • 傷の治りが早い
  • 傷痕が残りにくい
  • という事に結び付くようで、その実感を感じてます。

    瑞光メディカルの優秀なファーストエイド

    登山用ファーストエイド「絆創膏」

    だから山で転んで擦り傷などができてしまったら、水で洗い流して、治癒を早めるために瑞光メディカルの救急ばんプラスモイストを貼って直してます。

    救急ばんプラスモイストは浸出液のコントロールをしてくれるので適度な湿潤状態に整えてくれ治癒まで保護してくれます。傷口の乾燥やかさぶた形成による固着を防いでくれるので救急ばんを交換するときも痛みが少ないんです。傷口からでる浸出液、いわゆるジュクジュクは傷を治す大切な成分を持っているんですが、過剰に出すぎると傷口以外の皮膚がふやけたり、カブれたりといったトラブルに繋がりやすいんです。救急ばんプラスモイストはこの浸出液が過剰に出れば吸収してくれるので、皮膚トラブルも生じにくい構造になってるんです。

    テープ部は水に強い撥水仕様で、伸縮性と柔軟性があって通気性素材を採用しているので、ムレずにフィットしてくれます。まるで優秀なウェアのような機能性を持ってるんです。こういう特徴を持った救急ばんだから子供が怪我をした時や、火傷なんかにも使えて便利なんです。

    傷の範囲が広い場合は、小さな救急ばんプラスモイストでは傷を覆いきれないので、大きな方を使います。皮膚は排泄器官だから救急ばんは1日1回の交換を心がけてます。はがす時は皮膚を痛めないように体毛にそってゆっくりはがすといいです。