nemo フィッロエリート

山に出かけたときには特に『寝る』っていう行為は大事にしたいと考えてます。だけれども山で使うとなると持ち歩く必要が出てくるので軽くて快適なのに越したことはないです。

 

nemo フィッロエリート

そんな要望に応えてくれるのがnemoのフィッロエリートで、快適さを追求しつつ極限までの軽量化を実現しています。エアピローによくあるズレ感が全くなく『これがエアー?』って思うほどに頭を包み込んでくれる快適さが魅力です。家でも普通に使いたくなる心地よさは逸品です。『この枕いいね』っていうとき、テント泊に使う枕としての『いいね』なのか、家で使うのに『いいね』なのかで解釈が違うと思うんですが、これはそこに妥協なしで家で使うのにも『いいね』っていう良さがあると感じてます。

洗濯も簡単なフィッロエリート

nemo フィッロエリート

そしてどれだけヨダレをたらしてもカバーを外せて洗濯できるのも魅力です。付属のスタッフサックに収納するとテニスボールくらいになるコンパクト性も凄いですね。

最近はnemoにはまっていて『面白いもの作るなあ』って思ってます。テンサーっていうマットが今とっても興味があってまだ使ってないんですけど、寝心地のよさは凄くいいんじゃないかと踏んでるんです。

家でも使っていて、そのままアウトドアにスライドして持っていけるっていうのが一番いいですよね。だけど自分の趣味の世界だけでだったらいいけど、家族の一員としてアウトドアギアばかり使ってると、妻や子供にも変わり者にしか映らないですね。(笑)

でもアウトドアギアって災害時にも使えるしよく考えると凄く便利で頼りになるものだと思うんです。今回紹介した枕も例えば災害時に家で寝ることができないような時にも活躍するだろうし、アウトドアシーンにだけ使うという考えを抜きにしても非常に頼りになると思ってます。