ファイントラック ニュウモラップフーディ

ファイントラックのニュウモラップフーディは行動中でも休憩中でも常に着たままでいられるソフトシェルというくくりです。ストレッチ性があって行動しやすく、ウィンドストッパーを採用しているから耐風性も高いんです。

 

ファイントラック ニュウモラップフーディ

だいたいこのポジションはウィンドブレーカーを使う人が多いと思うんです。例えば夏場でも山に入れば寒くなることもあるので、そういったときに寒さを凌ぐために持っていくものと考えるとウィンドブレーカーが思いつくと思います。とっても薄く耐風効果もあるし非常にコンパクトに持ち歩ける良さがあります。

 

ファイントラック ニュウモラップフーディ

そんなウィンドブレーカーと比べてこれは何がいいかっていうとソフトシェルでありながらベンチレーションがあるんです。だから寒いと思って着用して登り始めてすぐ暑くなるなんていう経験って誰しもあると思うんですけど、そんな体温調整をしたい時に脱いだり着たりっていうのが少なく済んで、一気に衣類の中にこもった熱をベンチレーションを使って外に出せるんです。

このソフトシェル、ミッドレイヤーというポジションでベンチレーションが付いているウェアって少ないと思うので面白いなあと感じてます。

レイヤリングをじっくり考えてみる

ファイントラック ニュウモラップフーディ

ウィンドシェルを着て、上からダウンを着るとか、ハードシェルを着るとか、あんまり互換性の面で良いと感じていないんです。いわゆる同じ役割のものを重ねて着ているのってイマイチだと思うんですけど、ニュウモラップフーディだと上にダウン、ハードシェルを重ねても効果的に機能するんですね。

 

ファイントラック ニュウモラップフーディ

ニュウモラップフーディは透湿性が優れているので1年中活躍してくれます。夏はアウターとして重ねて着てもベンチレーションしかり透湿性の面でも気温への対応に柔軟性があるんです。しかも撥水性もあるのでちょっとした雨でも気にせず着続けて行動できます。冬は中間着としてハードシェルを着たままハイクアップしても熱がこもって暑くなりづらいんです。

ニュウモラップフーディの格好良さ

ファイントラック ニュウモラップフーディ

これだけ振り幅があるから、例えば寒い季節にはハードシェルは稜線に出て寒くなったら着用する。それまでの行動中はニュウモラップフーディを着てというように、シンプルな考えで山登りを楽しめます。寒い時期こそ汗をかくとリスクが増すのでレイヤリングには気を使う必要があると思います。

 

ファイントラック ニュウモラップフーディ

気付けばいつものニュウモラップフーディを着ています。トレランでもウィンターランには最高に使い心地がよくて、ストレッチ性も高く行動着としても抜群です。ウィンドストッパー採用を考えると耐風性の良さから、自転車で走ったりするときにも凄くよくて、肌寒い時に風をきるような遊びにも最適です。

皆が目を向けてないようなところに自分の好みが走るんです。そうして『みんな着てみたらその良さを感じるのになあ』て密かに思ってお店に置いてます。もちろん見た目も大事にしていて、この配色が好きなんです。グレーの色合いとジップの緑のカラーリングが好きで普段からも町で着ても括弧いいんです。


トレイルランニンググッズを取り揃えるSo Cal