モンベルの軽量シリーズに属するダウンジャケットの中で最も価格が安く、さらに800フィルパワーのダウンでぬくぬくと過ごせる、保温力に優れたダウンジャケットが今回紹介するスペリオダウンジャケットです。

レビューの流れは

  • まず商品の簡単な紹介をして
  • 次に活用シーンを紹介します
  • その後個人的に好きなポイント
  • このダウンジャケットを選んだ理由
  • 最後にサイズ感について紹介します

軽量で温かいダウンジャケットを探している方、モンベルのダウンジャケットが気になっている方、冬だけでなく一年中使えるダウンジャケットを探している方に、何か参考になる情報をお届けできればと思います。なので最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

商品概要

ブランドモンベル
商品名スペリオダウンジャケット
商品説明高品質ダウンと超軽量シェル素材を組み合わせ、保温性と軽量性を高次元で両立したジャケットです。独自のキルティングパターンや帯電防止加工を施し、快適な着用感を実現しています。
価格(税込み)¥14,520
重量188g
素材10デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ

管理人の評価レビュー

総合評価★★★★☆
快適性★★★★☆
軽量性★★★★★
保温性★★★★☆
コストパフォーマンス★★★★★

スペリオダウンジャケットの簡単な紹介

スペリオダウンジャケットの簡単な紹介

スペリオダウンジャケットはモンベルの軽量シリーズに属するフードがないタイプのダウンジャケットです。

重量はモンベルのプラズマ1000ダウンジャケットに次いで2番目に軽いモデルです。ダウンは800フィルパワーを使用しており、シェルには10デニール・ナイロン・リップストップを使用しています。

※横スクロールで表がスクロールできます。
分類軽量シリーズ軽量シリーズ軽量シリーズ軽量シリーズ軽量シリーズ
製品名スペリオダウンジャケットスペリオダウンパーカイグニスダウン パーカプラズマ1000 ダウンジャケットプラズマ1000 アルパインダウン パーカ
価格¥14,520¥17,940¥36,300¥27,940¥41,800
重量188g247g278g130g236g
ダウン量不明不明不明不明不明
フィルパワー800FP800FP1000FP1000FP1000FP
構造独自キルト独自キルト独自キルト独自キルト独自キルト
シェル素材表裏:10デニール・ナイロン・リップストップ表裏:10デニール・ナイロン・リップストップ表:13デニール・ナイロン・リップストップ
裏:7デニール・ナイロン・タフタ
表裏:7デニール・ナイロン・リップストップ表裏:7デニール・ナイロン・リップストップ
収納サイズ∅10×15cm∅11×19cm∅12×20cm∅10×14cm∅12×20cm
フード××
女性モデル
シェル素材の特徴バリスティック エアライトバリスティック エアライトバリスティック エアライトバリスティック エアライトバリスティック エアライト
ゴアテックス インフィニアム×××

価格は税込みで1万4520円と驚くような価格設定でちょっと高級なメリノウール製のベースレイヤーと同じくらいの価格でこれだけのダウンジャケットを購入できてしまいます。

左からイグニスダウン、プラズマ1000アルパインダウン、スペリオダウン、プラズマ1000ダウン、ナルゲンボトル1L

暖かなダウンジャケットを持っていない方や、ちょっと重いダウンジャケットから軽量なモデルに買い換えて装備の軽量化をしたいと思っている方におすすめのモデルです。

モンベルのダウンジャケットの中では保温力は最も低く位置づけられていますが、真ん中より右側のモデルは主に高所における雪山登山向けと考えれば、スペリオダウンシリーズは登山で最も汎用性に優れたモデルだと考えています。

スペリオダウンシリーズは登山で最も汎用性に優れたモデル

ポケットはジッパー付きのハンドウォーマーポケットが備わっていてスマホや貴重品などを入れておいても安心です。

スペリオダウンシリーズは登山で最も汎用性に優れたモデル

内側には縦長のインナーポケットが左右についていているので、グローブを入れておくと体温で暖かく保持しておけます。僕はテント泊をする時に次の日、ポカポカな状態で靴下を履きたいので、この場所に靴下を入れています。特に匂いは気になりません。

スペリオダウンジャケットの活用シーン

スペリオダウンジャケットの活用シーン

スペリオダウンジャケットは冬の低山の防寒着、3シーズンの高所登山における防寒着に使える保温力があり、さらに188gと軽量で装備の軽量化にもインパクトを及ぼすので、ファストパッキングにも使える汎用性に優れたダウンジャケットです。

スペリオダウンジャケットの活用シーン

僕はジャケットタイプを愛用していますが、フードタイプもあります。フードタイプは重量が247gとなり約60gの差があります。フードをかぶらなければいけないような寒さでは、ビーニーやレインジャケットのフードを活用するので、軽量化のためにジャケットを選んでいます。

※横スクロールで表がスクロールできます。
メーカーモンベルモンベル
製品名スペリオダウンジャケットスペリオダウンパーカ
価格¥14,520¥17,940
重量188g247g
ダウン量不明不明
フィルパワー800FP800FP
構造独自キルト独自キルト
シェル素材表裏:10デニール・ナイロン・リップストップ表裏:10デニール・ナイロン・リップストップ
収納サイズ∅10×15cm∅11×19cm
フード×

個人的に好きなポイント

次にスペリオダウンジャケットの個人的に好きなポイントを紹介していきます。全部で3つあります。

ポイント①:優れたコストパフォーマンス

ポイント①:優れたコストパフォーマンス

以下の表はモンベル以外のメーカーで同等レベルのダウンジャケットをピックアップして並べた比較表です。マウンテンイクイップメントやマムートは200gを切るダウンジャケットがなかったので省いています。またジャケットタイプが無いものについてはフードタイプのものを比較表に入れています。

※横スクロールで表がスクロールできます。
メーカーモンベルモンベルパタゴニアノースフェースアークテリクスRab
製品名スペリオダウンジャケットスペリオダウンパーカメンズ・アルプライト・ダウン・ジャケットサンダージャケットセリウムLTフーディMythic Alpine Light Jacket
価格¥14,520¥17,940¥41,250¥28,600¥59,800¥41,800
重量188g247g270g275g280g252g
ダウン量不明不明不明ダウン54%、ポリエステル40%、フェザー6%不明80g
フィルパワー800FP800FP800FP不明850FP900FP
構造独自キルト独自キルト不明不明シングルキルトステッチスルー構造
シェル素材表裏:10デニール・ナイロン・リップストップ表裏:10デニール・ナイロン・リップストップ10デニール・リップストップナイロンPERTEX Quantum Pro ECOアラト 1010D Pertex® Quantum
収納サイズ∅10×15cm∅11×19cm不明不明不明不明
フード××

この表を見てもわかるように、スペリオダウンジャケットは価格が1/2から1/3で購入できるダウンジャケットで、この表を見ると改めて驚くような価格設定であることが分かります。

またフードがあるタイプでは、スペリオダウンパーカーが、重量が最も軽くて登山装備の軽量化に最もインパクトを及ぼすモデルであることがわかります。

残念ながらモンベルのダウンジャケット全てにおいてダウン量の記述がないのでわからないのですが、着比べて十分な暖かさがあります。

ポイント②:優れた保温力を兼ね備えたダウンジャケット

ポイント②:優れた保温力を兼ね備えたダウンジャケット

800フィルパワーは非常に高品質であることは承知の通りですが、パタゴニアやアークテリクスなどの高品質なダウンジャケットと比較しても優れたダウンを使用していることがわかります。

その理由の1つにダウンの抜けがあります。羽毛が抜ける理由の一つに、使用しているダウンに芯があることが挙げられますが、このようなダウン抜けが少ないことから良いダウンを使っていることがわかります。

ポイント②:優れた保温力を兼ね備えたダウンジャケット

また軽量なダウンジャケットは構造がシングルキルトであることが多いのですが、スペリオダウンジャケットはコールドスポットができにくい独自のキルティングパターンを採用しています。これによって軽量なダウンジャケットなのだけれども保温力に優れたモデルに仕上がっています。

ポイント③:コンパクトに持ち歩ける

ポイント③:コンパクトに持ち歩ける

ダウンジャケットはどのような登山でも防寒着として必ず持ち歩くようにしています。だからコンパクトに持ち歩けるというのは重要なポイントで、スペリオダウンジャケットは付属のスタッフバッグに収納すれば直径10cm、長さ15cmで収納して持ち運ぶことができます。大きさはiPhone12ぐらいです。

持ち運びの際、僕は念のためにロールトップ型のドライバッグに収納して雨や汗に濡れないようにしています。ダウンは濡れてしまうと保温力がものすごく落ちてしまうので、ドライバックはとても重宝します。この山旅ドライバッグSはダイニーマで作られていて、わずか17gととても軽量でダウンジャケットをしまっておくのに便利です。

モンベルの中でスペリオダウンジャケットを選んだ理由

ダウンジャケットを選ぶ時に気にしたことは以下の3つです。

  • 登山でオールシーズン使えること
  • 軽量でコンパクトであること
  • お財布に優しく購入しやすいこと
モンベルの中でスペリオダウンジャケットを選んだ理由

その上で絞り込んだのが、スペリオダウンジャケットとモンベルのプラズマ1000ダウンジャケットです。プラズマ1000ダウンジャケットは、スペリオダウンジャケットと比較すると58g軽量で、価格は約1万3000円高く設定されています。この差はダウンのフィルパワーが1000フィルパワーであることに由来しますが、この約50gを1万3000円追加で出して購入するか?ということで迷いました。

※横スクロールで表がスクロールできます。
分類軽量シリーズ軽量シリーズ
製品名スペリオダウンジャケットプラズマ1000 ダウンジャケット
価格¥14,520¥27,940
重量188g130g
ダウン量不明不明
フィルパワー800FP1000FP
構造独自キルト独自キルト
シェル素材表裏:10デニール・ナイロン・リップストップ表裏:7デニール・ナイロン・リップストップ
収納サイズ∅10×15cm∅10×14cm
フード××
女性モデル
シェル素材の特徴バリスティック エアライトバリスティック エアライト
ゴアテックス インフィニアム××

重量差とそれによる価格差をどのように考えるかで選ぶと良いと思います。

サイズ感について

サイズ感について

僕は身長179cm、体重66kgで、お腹ぽっこりの痩せ型タイプです。僕が現在着用しているのはMサイズです。中にはベースレイヤーを1枚着用している状態です。このレイヤリングは夏山登山の防寒着を想定しています。

サイズ感について

スペリオダウンジャケットは袖口、裾にドローコードがないシンプルな作りなので、着用した時にフィットして冷気が侵入しないということと、腕を真っ直ぐ前に伸ばした時に手首が露出しないという点を重視してサイズを選びました。

最終的にMとLサイズで迷いましたが、フィット感に優れたMサイズを選びました。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2023年01月24日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム