ザノースフェース(the north face)TR6

トレランザックはザ・ノース・フェース TR6というものでレースにも練習にもと、いつでも使ってます。UTMFでも使用しました。現在使っているのは2017年春からの新型モデルなんです。

 

ザノースフェース(the north face)TR6

旧モデルと違う点としてはサイド部分がストレッチ素材になったこと、また追加でポケットも付いて収納力がアップしました。

 

ザノースフェース(the north face)TR6

走っているとウエストが絞れてくるんですね。そうするとベルトだと締め付けがあり調整が必要だったけど、ストレッチ素材だとその必要がないのが実際に使ってみていいなあと感じてます。

 

ザノースフェース(the north face)TR6

このザックは6Lなんですが、色々なシチュエーションで活躍してくれています。例えば夏であれば比較的軽装で済むので、泊まりがけで練習に行くときもこのザックを活用しています。山小屋やビジネスホテルを利用するような時でもTRに着替えも全部入れて出かけます。

トレランを始めるようになってからは色々なザックを使っていたけど、他のザックと比べるとTRはコンパクトなんだけど必要最低限の収納力があるので、これが今僕のお気に入りとなっています。

ザノースフェース(the north face)TR6

TR6に収納する装備たち

収納に関しては、サイドポケットには補給食、冬季シーズンになれば手袋などを入れたりします。右利きなので、右側の下部前面ポケットには頻繁に取り出すもの、例えばジェルを入れる事が多いです。

 

ザノースフェース(the north face)TR6

逆に左側の下部前面ポケットには、テーピング・鍵・お金・熊スズ・イーライトとか小さなものを入れてます。ここのポケットは小分けに出来るので便利なんです。

 

ザノースフェース(the north face)TR6

前側上部には500mlのソフトフラスコや携帯、お金を入れたりおにぎりなどの食糧を入れる事もしばしばです。

 

ザノースフェース(the north face)TR6

背中側には柔らかい物、例えばエマージェンシーシートなどと入れる場所を使い分けてます。背面の外側にはドローコードもついているので、レインウェアやウィンドブレーカーなどをくくりつけたりすることもできます。こんなにコンパクトなザックなのに、とにかく色々なものが収納でき、その上走ってもぶれない、背負い心地も抜群という機能性の良さが気に入っている理由です。

この記事のタグ