モンベルのウインドブレーカーの中で唯一ストレッチする特徴を持ったシェルジャケットです。

U.L.ストレッチウインド ジャケットは、超軽量ウインドシェルジャケットに分類されるウインドブレーカーで携行性にも優れています。

今回は動きやすくて軽いU.L.ストレッチウインド ジャケットを紹介します。

今回のレビューでは

  • まず商品の簡単な紹介をして
  • 次に個人的に好きなポイントを紹介します
  • 最後にサイズ感について紹介します。

軽量なウィンドブレーカーを探している方、動きやすいモンベルのウィンドブレーカーを知りたい方に、何か参考になる情報をお届けできればと思います。なので最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

商品概要

ブランドモンベル
商品名U.L.ストレッチウインド ジャケット
商品説明ストレッチ性を備えた超軽量シェル素材とバイアスストレッチを組み合わせることで、動きやすさと軽量性を両立したウインドシェルジャケットです。
価格(税込み)¥7,590
重量91g
素材12デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ[はっ水加工]

管理人の評価レビュー

総合評価★★★★☆
快適性★★★★☆
軽量性★★★★★
コストパフォーマンス★★★★★

商品の簡単な紹介

左がU.L.ストレッチウインドジャケット、右がEXライトウィンドジャケット

モンベルの超軽量ウィンドシェルシリーズには、大きく2種類のモデルが存在します。今回紹介するU.L.ストレッチウインド ジャケットと、EXライトウィンドシリーズです。

※横スクロールで表がスクロールできます。
モデル名EXライトウインド パーカEXライトウインド ジャケットU.L.ストレッチウインド パーカU.L.ストレッチウインド ジャケット
平均重量56g45g108g91g
価格(税込)¥10,120¥8,580¥8,360¥7,590

どちらもジャケットタイプとフードタイプ、また、メンズとウィメンズが展開されています。とにかく軽量なシェルジャケット重視ということであればジャケットタイプを、稜線に出るなどで風にあたって耳や頭の防風対策を考えたい方はフードタイプがおすすめです。

ストレッチするモンベルオリジナル素材を使用

耐久性に優れ、軽くてコンパクトな素材として知られるモンベルオリジナルの素材『バリスティックエアライト』をシェル素材に採用しています。

12デニールのバリスティックエアライトにクリンプ(縮れ)を加えて、さらにバイアスストレッチとの併用で高いストレッチ性を実現しています。

バイアスストレッチとは生地を斜めに使って生地本来のストレッチ性を活用した技術です。これによってしなやかな動きに追随します。

背中、袖部分、パンツの後ろ見頃にこのバイアスストレッチを採用しているため、手を上げる動作や、かがむ動作などに素材が追随するので、動きやすくアクティビティに集中できます。

以下の表はモンベルの代表的なウィンドシェルを軽量な順で3つ比較したものです。今回紹介する『U.L.ストレッチウインド ジャケット』はモンベルのウィンドシェルの中でストレッチする素材を採用した、動きやすさに重きをおいたモデルであることがわかります。

※横スクロールで表がスクロールできます。
特徴軽量コンパクトストレッチ耐久性&透湿性
モデル名EXライトウインド ジャケットU.L.ストレッチウインド ジャケットウインドブラスト ジャケット
平均重量45g91g148g
価格(税込)¥8,580¥7,590¥5,720
シェル素材7デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ12デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ40デニール・ナイロン・タフタ

軽量コンパクトに持ち歩ける

平均重量は91gで、パッカブルできるのでコンパクトにして持ち歩けます。

内側にマジックテープがついた収納用ポケットがあり、この場所にパッカブルができます。パッカブルすると細引きがついているので、カラビナなどに取り付けてザックに引っ掛けておくこともできます。

パッカブル用のポケットは右裾の内側に備え付けられ、クレジットカードや鍵などを収納しておけるサイズです。

耐候性に優れた特徴を備えている

91gと軽量ですが、ジッパー付きハンドウォーマーを備え、さらに裾にはドローコードが付いているので体にフィットさせ行動することができます。

ドローコードの先端がハンドウォーマーポケットの中に備わっており、この先端を引っ張るだけで裾のフィット感を高めることができます。

襟の部分は少し高めに作られていて首を温めてくれます。襟の内側の素材は肌触りの良く汗で濡れても気持ち悪くなりづらいです。

個人的に好きなポイント

次にU.L.ストレッチウインド ジャケットの個人的に好きなポイントを紹介していきます。

ポイント①:勾配の多い登山道で動きやすい

勾配のある登山道や、岩場の多い登山道では、手をあげたり、鎖や梯子を掴んだりする際にかがむのですが、この時ウィンドブレーカーの上からザックを背負って行動をしていると、シェルが突っ張って行動を妨げることがあります。

この時ウインドブレーカーがストレッチすることで、行動に集中できるので、特にリスクの多い登山では『ストレッチをする』ということが重要な特徴です。

ポイント②:軽量性と耐候性のバランスに優れている

軽いことで様々なものが省かれがちですが、『U.L.ストレッチウインド ジャケット』は、裾のドローコード、ジッパー付きハンドウォーマーポケットなど、風が強いことが予想される登山では安心感のあるウインドブレーカーです。

袖口にはゴムバンドが備わっていますが、肌に当たる部分にやわらかな素材が使用されているので、腕あたりがソフトで気持ちいいです。

サイズ感について

僕は身長179cm、体重66kgです。僕が現在着用しているのはMサイズです。中にはベースレイヤーを1枚着用している場合を想定しています。

腕を真っ直ぐ前に伸ばした時に手首が露出しないという点を重視してサイズを選びました。最終的にMとLサイズで迷いましたが、フィット感に優れたMサイズを選びました。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2023年01月24日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム