モンベルの軽アイゼン「スノースパイク6クイックフィット」。制動力のある6本爪で、手軽に装着できることから、登山者に人気の商品です。ここでは、実際に使用した経験を含めて、「スノースパイク6クイックフィット」のレビューをしていきます。

【モンベル|スノースパイク6クイックフィット】の特徴

モンベル スノースパイク6クイックフィット
モンベル スノースパイク6クイックフィット

6本爪の軽アイゼンで、ラチェットにより手軽に装着できるのが特徴。サイズはS・M・Lの3サイズ。また、足幅を金具で調節することにより、幅広く登山靴に合わせられます。雪山の軽登山や夏の雪渓歩行に活躍する軽アイゼンです。

名称スノースパイク6クイックフィット
メーカーモンベル
素材本体:S55C炭素鋼[板厚2mm]、バンド:エラストマー
重量(ペア)520g(スタッフバック含むと580g)
サイズS(21.5~23.0cm)、M(23.0~26.5cm)、L(26.5~30.0cm)
収納サイズ12×19×9cm

装着がしやすい「ラチェットバックル」

モンベル『スノースパイク6クイックフィット』の一番の特徴は「装着がしやすい」こと。ラチェットタイプの固定方式により、手軽に装着できます。そのため、装着するときの煩わしさを感じることはありません。また、手袋を着けたままでも脱着できるので、手を冷やしてしまう心配もないでしょう。

さらにモンベルの商品は安全性もしっかり考えられて作られています。特許を取得したラチェットバックルにより、ラチェット部分への雪の詰まりや、岩などへの引っ掛かりによる不意のリリースを防ぎます。

雪が付きづらい「波形アンチスノープレート」

裏面に波形のプレートを使用することで、雪が団子状に引っ付いてしまうのを防いでくれます。爪が雪で隠れることなく刺せるので、アイゼンがもつ制動力を十二分に発揮します。

アイゼンを使用していくうちに雪がついて、歩きにくくなることは往々にしてあるため、この『波形アンチスノープレート』はうれしい機能です。

アイゼンは登山靴に合わせて調整が必要

スノースパイク6クイックフィットの調整
スノースパイク6クイックフィットの調整

モンベル『スノースパイク6クイックフィット』は、使用前に調整する必要があります。具体的には、登山靴の足幅に合うようにアイゼンの金具を調整するのです。この調整をしないと登山靴にアイゼンが入らなかったり、途中でアイゼンが外れたりする原因になります。

調整の仕方は簡単で、以下の通りに調整します。

スノースパイク6クイックフィットの調整方法
①付属の6角レンチで金具を2カ所緩めて、幅いっぱいに広げる
②アイゼンに登山靴を乗せて足幅を合わせる
③6角レンチで金具を締める

以上のように調整ができたら、登山靴にアイゼンを装着してみて、緩みがないか確認しましょう。

【スノースパイク6クイックフィット】の脱着の仕方

スノースパイク6クイックフィットの装着
スノースパイク6クイックフィットの装着

以下では、スノースパイク6クイックフィットの脱着の仕方について解説します。

・装着の仕方
①土や雪などの汚れを落とし、登山靴とアイゼンを合わせる
※1 アイゼンの突起が靴底の土踏まずのへこみに合わせる
※2 ヒールベルトはかかとの一番上にくるようにする
②後部ベルトをバックルに通し、黒色の締め付けレバーを上げて締める
③前部ベルトも同様に締める
ベルトが必要以上に余っていたら、5cm以上残してカットする

スノースパイク6クイックフィットと登山靴を合わせる
スノースパイク6クイックフィットと登山靴を合わせる

・外し方
①赤色の解放レバーを上げて緩める

【スノースパイク6クイックフィット】が活躍するシーン

登山靴にアイゼンを着ける女性
登山靴にアイゼンを着ける女性

筆者が実際に使った経験から、スノースパイク6クイックフィットが便利だと実感したシーンについてご紹介します。

何度も脱着する残雪期の雪渓歩き

残雪期の山では、登山道に雪渓があったり、または雪が溶けて地表が出ていたりと、状況がよく変わります。そのため、何度もアイゼンを履き替えるということも。そんな残雪期の雪渓歩きで「スノースパイク6クイックフィット」が活躍します。アイゼンの脱着が手軽にできるので、煩わしさがありません

冬の低山ハイクで手を冷やさずに装着できる

冬季の登山では、アイゼンの装着時に手を冷やさないことが重要です。「スノースパイク6クイックフィット」は手軽に装着できるため、手袋を着けたままでの装着が可能。また素早くつけられるので手を冷やしてしまう心配はありません

【スノースパイク6クイックフィット】が向かないシーン

スノースパイク6クイックフィット 収納袋
スノースパイク6クイックフィット 収納袋

「スノースパイク6クイックフィット」を筆者が実際に使った経験から、こういう点はあまり向かないなと思ったシーンについてご紹介します。

使うか分からない雪渓歩きでの持ち運び

「スノースパイク6クイックフィット」の欠点はかさばるという点。ザックにずっと入れておくには少々かさばりが気になります。

そのため、使うか分からない雪渓歩きでの持ち運びというシーンでは、もっとコンパクトな軽アイゼンが好ましいでしょう。たとえば4本爪のものやチェーンスパイクの方が使いやすいです。

傾斜がきつくなる山のシーン

「スノースパイク6クイックフィット」は、つま先やかかとに爪がないので、制動力が高くありません。軽アイゼン全般にいえることではありますが、傾斜がきつくなると制動力が効かなくなります。そのため、使用シーンに合わせたアイゼンの選定が必要です。

今回は、モンベルの「スノースパイク6クイックフィット」についてレビューしました。魅力的な点は、装着がしやすいことと、裏面に雪が付きづらいこと。とくに何度も脱着する残雪期の雪渓歩きで重宝します。反対に、かさばるのが欠点で、使うか分からない雪渓歩きでの持ち運びには向かないでしょう。利点や欠点を理解し、ご自身に合ったアイゼンを選んで登山を楽しんでくださいね。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2023年01月24日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム