テント泊登山で使える便利なアイテムとして、明るくテント内を照らしたり、テントの前で食事をする際に役立つのがランタンです。実は、登山用のランタンにはいくつかのタイプがあります。その中でも代表的なのはLEDランタンです。

  • LEDランタンは軽量かつコンパクトで明るい
  • ヘッドライトを使用したランタンシェードは最も軽い
  • 太陽光で充電できるソーラーランタンは電池寿命の心配がいらない

これらの3つのタイプ別に登山向けの軽量なランタンの選び方と、明るくて軽量かつコンパクトなおすすめモデルを紹介します。

登山向け軽量ランタンの3つのモデルの違い

軽量ランタンを登山に持ち歩く方はテント泊をする方が多いと思います。だから登山装備はテント、シュラフ、防寒着、ヘッドライト、クッカーなど多くの装備を持ち歩くことになるため、できるだけランタンは軽量でコンパクトなモデルを選ぶことで登山装備の軽量化になります。

登山装備に加えるランタンの選択肢は大きく分けて3種類です。それぞれにメリット・デメリットがあるので自分好みのランタンを選ぶようにしましょう。

※横スクロールで表がスクロールできます。
タイプLEDランタンヘッドライト&ランタンシェードソーラーランタン
イメージ
軽量性60~90g4~10g50~80g
明るさ50~400ルーメンヘッドライトに準ずる10~100ルーメン
充電電池式やUSBヘッドライトに準ずる太陽光
メリット明るい・使いやすい軽いコンパクト・電池不要
デメリット重い光の調整がしづらい晴れていないと充電されづらい

ランタンが扱いやすく明るさを重視したい方はLEDランタンがおすすめです。とにかく軽量にこだわりたい方はランタンシェードがおすすめです。長期縦走登山などで電池の減りが心配な方はソーラーランタンがおすすめです。

登山向けランタンの選び方

登山向けのランタンには3つのモデルがあり、それぞれのモデルで賢いランタンの選び方があります。

LEDランタンの選び方

LEDランタンに何を求めるかによって選ぶランタンが異なります。以下のリストはランタンが持つスペックです。主なものは12種類あります。

  • 本体寸法
  • 重量
  • 光束(ルーメン)
  • 照射距離
  • 点灯時間
  • 調光方法(無段階なのか段階が定められているか)
  • 発光(電球色・昼白色・昼光色)
  • 充電方法(USBの種類、電池のみ)
  • 充電時間
  • 動作温度範囲
  • 保護等級
  • 保証期間
  • 明るさを重視したい方は光束(ルーメン)と点灯時間を確認するようにしましょう。
  • 軽量コンパクト性を重視したい方は、本体寸法と重量を確認しましょう。
  • 縦走登山などで使用する際、電池切れが気になる方は点灯時間と充電方法&時間を確認するようにしましょう。

それ以外にも好みの明かりの質や色、調光方法、明かりの広がり方、ボタンやカラビナ部分の使い心地などを細かく比較するようにしましょう。LEDランタンは軽ければ良いという単純なものではありません。

ランタンシェードの選び方

ランタンシェードを選ぶときには、シェード以外にどのような使い方ができるのか、明かりの拡散力は優れているのかなどを確認しましょう。ランタンシェードだけではなく、クッカーのスタッフバッグ兼用のランタンシェードなど、アイディアに富んだアイテムがあります。

ソーラーランタンの選び方

出典:CARRY the SUN

太陽光から充電するソーラーランタンは、LEDランタンと比較すると光束(ルーメン)が少ないため、光束(ルーメン)のスペックをチェックしましょう。また電球色・昼白色・昼光色など明かりの色を選ぶことができるので、チェックするようにしましょう。

ソーラー充電なのでザックの外に取り付けるなどして充電することになります。耐水性能、岩や木々に擦れた時に破れない耐久性能などもキャンプで使用するのとは訳が違うので確認するようにしましょう。

登山向けランタンを3つのモデルでおすすめを紹介します。LEDランタンは様々なメーカーから販売されているので、お好みのランタンを選べるように比較表と一緒に紹介します。

テント泊登山におすすめのLEDランタン

まずはじめに各メーカーで代表的なLEDランタンをピックアップして表で比較していきましょう。表の中からおすすめのLEDランタンをピックアップしてご紹介します。

※横スクロールで表がスクロールできます。
メーカーHEXAR     HEXAR      レッドレンザー     ゴールゼロ    5050WORKSHOPブラックダイヤモンドUCO        ナイトアイズモンベル    
製品名UL3UL4ML4マイクロ フラッシュミニマライトジップレスシャイ ゴールドムーンリット マイクロランタンミニランタン
価格(税込)¥6,600¥7,700¥5,940¥5,200¥2,860¥4,950¥2,970¥2,530¥2,860
寸法75(105)mm × Ø 33 mm105(135)mm × Ø 33 mm97mm× Ø29 (35) mm93mm× Ø37.75mm123mm× Ø26.5mm80×54×25mm98mm× Ø40mm58mm× Ø40mm9~13mm×Ø35mm
重量63g101g約71g78g約107g100g69g19g67g
明るさ:使用時間300lm:45 秒間
200lm:2.2 時間
100lm:5 時間
2lm:120 時間
400lm:45 秒間
300lm:6 時間
100lm:16 時間
3lm:380 時間
300lm:30 秒間
150lm:2.5 時間
50lm:8 時間
5lm:45 時間
150lm:7 時間
75lm:15 時間
20lm:80 時間
10lm:170 時間
180‐250m:6時間
80-200lm:10時間
150lm:30時間110lm:2.5時間
ロービーム:4 時間
ストロボ:7 時間
80lm:60時間11lm:15時間
140lm:5時間
バッテリ容量1000mAh3000mAh750mAh2600mAh2500mAh
充電端子USB Type CUSB Type CUSB式の専用マグネットチャージャーUSB Type AUSB Type C電池式電池式電池式(CR2032)電池式
充電時間約2.2h約3.5h約2.5h約3.5h約3h
照射エリア全方位全方位水平(真下が暗い)水平(真下が暗い)水平(真下が暗い)全方位水平(真下が暗い)全方位全方位
調光無段階・モードメモリー機能付き無段階・モードメモリー機能付き4段階調光4段階調光2段階調光なし3段階調光なし2段階調光
電球色モードありありなし/あり(2機種展開)なしありなしなしなしあり
フラッシュライトあり
橙色あり(フィルター)
あり
橙色あり(フィルター)
あり
赤色あり
あり
赤色なし
あり
赤色なし
あり
赤色なし
あり
赤色なし
なし
赤色なし
なし
赤色なし
動作温度範囲-20℃~40℃-20℃~40℃-20℃~40℃0~40℃不明不明不明不明不明
保護等級IP66IP66IP66IPX6IPX4IPX4IPX5不明IPX4
蓄光スイッチありありありなしなしなしなしなしなし
低誘虫フィルター付属付属オプション:1,400円オプション:1,560円なしなしなしなしなし

全てにおいて平均以上のナンバーワンおすすめランタン『HEXER UL3』

2023年に販売が開始された大注目の登山用ランタンです。明るさは無段階調整が可能で、発光モードは電球色 LED と昼白色 LED を組み合わせた7種類の発光モードが準備されています。好みに合わせてその場の雰囲気を微調整することができる、今までのランタンにはなかった調整機能がついています。

カラビナでぶら下げる以外に、不安定な地面に安定して置くことができるデザインも特徴です。暗闇で見つかる蓄光パーツ、転がりづらい形状、ランタンシェードにもなるポーチ付き、昆虫の飛来を抑制する独自のランタン用キャップ、強力マグネット付など、登山以外にもキャンプや車中泊に便利な特徴が備わっている超おすすめのランタンです。

充電はUSBのType Cが使えるので、充電が必要な時に専用のケーブルを持ち歩かなくても良いのもポイントが高いです。

ハイパーモードの300lmはより明るさが欲しい探し物をする時に使用するのに便利です。LEDとバッテリーの寿命が損なわれるので、30秒で減光します。

メーカーHEXAR
製品名UL3
価格(税込)¥6,600
寸法75(105)mm × Ø 33 mm
重量63g
明るさ:使用時間300lm:45 秒間
200lm:2.2 時間
100lm:5 時間
2lm:120 時間
バッテリ容量1000mAh
充電端子USB Type C
充電時間約2.2h
照射エリア全方位
調光無段階・モードメモリー機能付き
電球色モードあり
フラッシュライトあり
橙色あり(フィルター)
動作温度範囲-20℃~40℃
保護等級IP66
蓄光スイッチあり
低誘虫フィルター付属

最も明るくわずか約100gのLEDランタン『HEXER UL4』

登山に最適なLEDランタンの中でも300ルーメンで6時間点灯するのは大変珍しいです。

重量もわずか101gと軽量で『HEXER UL3』同様の7種類の発光モード、登山で使いやすい考えられたデザイン、USBのTypeCによる充電など明るさが欲しい複数人数での登山に重宝するLEDランタンに仕上がっています。

メーカーHEXAR
製品名UL4
価格(税込)¥7,700
寸法105(135)mm × Ø 33 mm
重量101g
明るさ:使用時間400lm:45 秒間
300lm:6 時間
100lm:16 時間
3lm:380 時間
バッテリ容量3000mAh
充電端子USB Type C
充電時間約3.5h
照射エリア全方位
調光無段階・モードメモリー機能付き
電球色モードあり
フラッシュライトあり
橙色あり(フィルター)
動作温度範囲-20℃~40℃
保護等級IP66
蓄光スイッチあり
低誘虫フィルター付属

質の高い明かりで登山ユーザーに人気モデル『レッドレンザーML4』

HEXER UL3の登場で若干陰が薄くなってしまったように思うレッドレンザーML4。白色系ライトと暖色系ライトの2種類の展開で、1つのランタンで色の切り替えはできません。紹介するランタンの中では唯一赤色への切り替えが可能です。

重量はHEXER UL3に比べると8g重く、バッテリー容量も250mAh少ない点が挙げられます。照射エリアはテント内で真下への明かりがHEXER UL3と比較すると少ないです。

HEXERUL3と同様に、300lmのブーストモードが備わっています。レッドレンザーのブーストモードは45秒で消える仕様です。

メーカーレッドレンザー
製品名ML4
価格(税込)¥5,940
寸法97mm× Ø29 (35) mm
重量約71g
明るさ:使用時間300lm:30 秒間
150lm:2.5 時間
50lm:8 時間
5lm:45 時間
バッテリ容量750mAh
充電端子USB式の専用マグネットチャージャー
充電時間約2.5h
照射エリア水平(真下が暗い)
調光4段階調光
電球色モードなし/あり(2機種展開)
フラッシュライトあり
赤色あり
動作温度範囲-20℃~40℃
保護等級IP66
蓄光スイッチあり
低誘虫フィルターオプション:1,400円

USBケーブル不要の人気モデル『ゴールゼロ ライトハウスマイクロフラッシュ』

USBケーブルを必要とせず、USBTypeAがランタンに直接備わっています。このランタンは最大150ルーメンで7時間点灯します。レッドレンザーML4と比較しても約4.5時間長く、バッテリー容量が多く使用可能な時間が長いランタンです。

重量は78gなのでレッドレンザーML4よりも7g重く、HEXER UL3よりも15g重いです。電球色モードは備わっていないシンプルな作りです。

メーカーゴールゼロ
製品名マイクロ フラッシュ
価格(税込)¥5,200
寸法93mm× Ø37.75mm
重量78g
明るさ:使用時間150lm:7 時間
75lm:15 時間
20lm:80 時間
10lm:170 時間
バッテリ容量2600mAh
充電端子USB Type A
充電時間約3.5h
照射エリア水平(真下が暗い)
調光4段階調光
電球色モードなし
フラッシュライトあり
赤色なし
動作温度範囲0~40℃
保護等級IPX6
蓄光スイッチなし
低誘虫フィルターオプション:1,560円

安くて明るい注目モデル『5050WORKSHOPミニマライト』

価格が税込みで2860円と安くバッテリー容量もゴールゼロと同様に多いタイプのランタンです。他のランタンと比較すると100gを超える重量なのが気になるところです。非常に明るいランタンで、電球色モードの切り替えなどができることから人気があるモデルです。

また充電はUSB Type Cが使えます。

メーカー5050WORKSHOP
製品名ミニマライト
価格(税込)¥2,860
寸法123mm× Ø26.5mm
重量約107g
明るさ:使用時間180‐250m:6時間
80-200lm:10時間
バッテリ容量2500mAh
充電端子USB Type C
充電時間約3h
照射エリア水平(真下が暗い)
調光2段階調光
電球色モードあり
フラッシュライトあり
赤色なし
動作温度範囲不明
保護等級IPX4
蓄光スイッチなし
低誘虫フィルターなし

もしもの時に便利なコンパクトランタン『ナイトアイズ ムーンリットマイクロランタン』

他のランタンと比較すると80ルーメンと明るさは少ないですが、19gと非常に軽量なので、手元を照らしたり、もしもの時のエマージェンシー的な使い方におすすめのランタンです。360度全方位照らすことができるユニークなデザインも特徴です。

メーカーナイトアイズ
製品名ムーンリットマイクロランタン
価格(税込)¥2,530
寸法58mm× Ø40mm
重量19g
明るさ:使用時間80lm:60時間
バッテリ容量
充電端子電池式(CR2032)
充電時間
照射エリア全方位
調光なし
電球色モードなし
フラッシュライトなし
赤色なし
動作温度範囲不明
保護等級不明
蓄光スイッチなし
低誘虫フィルターなし

LEDランタンのスペック比較

下にあるLEDランタンの表を見てLEDランタンのスペックの比較をしてみます。

※横スクロールで表がスクロールできます。
メーカーHEXAR     HEXAR      レッドレンザー     ゴールゼロ    5050WORKSHOPブラックダイヤモンドUCO        ナイトアイズモンベル    
製品名UL3UL4ML4マイクロ フラッシュミニマライトジップレスシャイ ゴールドムーンリット マイクロランタンミニランタン
価格(税込)¥6,600¥7,700¥5,940¥5,200¥2,860¥4,950¥2,970¥2,530¥2,860
寸法75(105)mm × Ø 33 mm105(135)mm × Ø 33 mm97mm× Ø29 (35) mm93mm× Ø37.75mm123mm× Ø26.5mm80×54×25mm98mm× Ø40mm58mm× Ø40mm9~13mm×Ø35mm
重量63g101g約71g78g約107g100g69g19g67g
明るさ:使用時間300lm:45 秒間
200lm:2.2 時間
100lm:5 時間
2lm:120 時間
400lm:45 秒間
300lm:6 時間
100lm:16 時間
3lm:380 時間
300lm:30 秒間
150lm:2.5 時間
50lm:8 時間
5lm:45 時間
150lm:7 時間
75lm:15 時間
20lm:80 時間
10lm:170 時間
180‐250m:6時間
80-200lm:10時間
150lm:30時間110lm:2.5時間
ロービーム:4 時間
ストロボ:7 時間
80lm:60時間11lm:15時間
140lm:5時間
バッテリ容量1000mAh3000mAh750mAh2600mAh2500mAh
充電端子USB Type CUSB Type CUSB式の専用マグネットチャージャーUSB Type AUSB Type C電池式電池式電池式(CR2032)電池式
充電時間約2.2h約3.5h約2.5h約3.5h約3h
照射エリア全方位全方位水平(真下が暗い)水平(真下が暗い)水平(真下が暗い)全方位水平(真下が暗い)全方位全方位
調光無段階・モードメモリー機能付き無段階・モードメモリー機能付き4段階調光4段階調光2段階調光なし3段階調光なし2段階調光
電球色モードありありなし/あり(2機種展開)なしありなしなしなしあり
フラッシュライトあり
橙色あり(フィルター)
あり
橙色あり(フィルター)
あり
赤色あり
あり
赤色なし
あり
赤色なし
あり
赤色なし
あり
赤色なし
なし
赤色なし
なし
赤色なし
動作温度範囲-20℃~40℃-20℃~40℃-20℃~40℃0~40℃不明不明不明不明不明
保護等級IP66IP66IP66IPX6IPX4IPX4IPX5不明IPX4
蓄光スイッチありありありなしなしなしなしなしなし
低誘虫フィルター付属付属オプション:1,400円オプション:1,560円なしなしなしなしなし

軽量なLEDランタン

ナイトアイズのマイクロランタンはエマージェンシー的な位置づけになるので重量比較では省きます。

最も軽量なのが63gのHEXER UL3、続いて67gのモンベルミニランタン、続いて69gのUCOレスシャイゴールドという順番です。2と3位のLEDランタンは光量が少ないのに対し、1位のHEXER UL3はバッテリー容量が1000mAhもあり最も軽量なので優れたスペックであることが分かります。

  • 1位:63g『HEXER UL3』
  • 2位:67g『モンベルミニランタン』
  • 3位:69g『UCOレスシャイゴールド』

明るいLEDランタン

明るさが欲しい時にブーストする機能が備わっているlEDランタンは、HEXER UL3(300ルーメン45秒間)、HEXER UL4(400ルーメン45秒間)、レッドレンザーML4(300ルーメン30秒間)は明るさ比較の際は省きます。

その上で最も明るいのが300ルーメンで6時間も点灯するHEXERUL4です。その次に明るいのが250ルーメンで6時間点灯する5050WORKSHOPミニマライト、続いて200ルーメンで2.2時間点灯するHEXER UL3という順番です。明るいLEDランタンはどうしても重くなりがちですが、HEXERのUL4,3はいずれも軽量化にも励んでいます。

  • 1位:300ルーメン『HEXER UL4』
  • 2位:250ルーメン『5050WORKSHOPミニマライト』
  • 3位:200ルーメン『HEXER UL3』

おすすめのランタンシェード

ランタンシェードは登山で必ず持ち歩くヘッドライトを使ってランタン変わりに使用するアイテムです。非常に軽量でコンパクトに持ち歩くことができるので装備の軽量化にインパクトを及ぼすことができます。

2種類の使い方ができる『山旅クッカーバック兼ランタンシェード』

山旅クッカーバック兼ランタンシェードは、軽量で耐久性に優れたダイニーマ生地を使用したランプシェードです。このランタンシェードは円柱型で、EVERNEWやスノーピークのクッカーを収納することができます。サイズは2種類の展開で、どちらのランタンシェードも4gで、ランタンシェードの中では最も軽量です。

400サイズは、装備の軽量化に力を入れている方に人気のクッカーバッグに活用することができます。

  • EVERNEWチタンカップ400
  • EVERNEWチタンマグポット500
  • SNOWPEAKチタンシングルマグ450

500サイズは、400よりもわずかに大きく作られていて、こちらも装備の軽量化に人気のイカの口がバックに活用することができます。

  • EVERNEWTi570cup
  • EVERNEWTi570cup+Ziplocスクリューロック473ml

使用しているダイニーマは1.0という厚みで、形状を保つことができる張りのある素材です。だからヘッドライトを地面に置いた上から被せればランタンにすることができるなど、他のランタンシェードとは違った使い方ができるデザインに仕上がっています。

コストパフォーマンスに優れた『モンベルクラッシャブルランタンシェード』

モンベルのクラッシャブルランタンシェードは通常サイズが7gでコンパクトなタイプ(∅6×12cm)なのに対し、Lサイズは8gで通常サイズに比べ一回り大きな(∅10×16.5cm)ランタンシェードです。使用しないときは畳んでしまうタイプなので、ランタンシェード以外の使用はできません。

おすすめのソーラーランタン

電池が無くとも太陽があれば、その日の夜の明かりを確保することができることから、登山用ランタン以外にもエマージェンシーキットとして便利なアイテムです。

登山の使用に適した『キャリーザサンソーラーランタン』

キャリー・ザ・サン『ソーラーランタン』太陽の光でどこでも明るさを作れる

サイズとカラーを選ぶことができるバリエーションが豊かなソーラーランタンです。ミディアムサイズは86gで、約10ルーメンで72時間、最も強い明るさで100ルーメンで10時間と、ソーラーランタンの中でも優れたスペックを誇ります。

スモールサイズは57gで、約15ルーメンで15時間、最も強い明るさで30ルーメンで10時間です。ミディアムサイズはスモールサイズと異なり充電残量表示がついていたり明かりの強さをスモールサイズが2段階なのに対しミディアムサイズは3段階など、スペックが異なります。どちらのタイプもウォームライトが白色のクールブライトから選ぶことができます。

あなたにおすすめ記事

山旅旅30人隊

週間ランキング

注目の記事

山旅軽量ギア

パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2023年09月21日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム