手作り虫除けスプレー

暖かな時期になると、気になるのが虫除け対策です。僕は登山やトレラン、また渓流に出かけてテンカラを楽しむんですが、そんなアクティビティを楽しんでいる時に大敵なのが、ブヨやアブ、あとはメマトイといって目にまとわりついてくる小さな虫がいるんですが、こいつらがとにかく厄介で、登山を、釣りをつまらないアクティビティに導く嫌な奴らです。

ハッカ油 虫除け 作り方

そんな虫除け対策に、手作りの虫除けスプレーで対策をしています。以下は最近までの虫除けスプレーの作り方です。

  • 無水エタノール…10ml
  • ハッカ油…20~60滴
  • 精製水…90ml

ハッカ油は多く垂らせば、その分香りも強くなって虫除けレベルがアップする実感があります。しかしながら最近、より効果を見込め、更に安価に自作できる虫除けレシピをRSR(リバーサイドランブラー)の河野辺さんに教えてもらったので、皆さんにも紹介したいと思います。

手作り虫除けスプレーの作り方

手作り虫除けスプレーの作り方

  • 無水エタノール…20ml
  • 精製水…180ml
  • メントール結晶…大匙1.5杯ほど
  • クローブ(丁子)…大匙1杯ほど
  • シトロネラオイル…40~60滴

上のレシピはあくまでも目安で、微調整をして作ります。

手作り虫除けスプレーで使用のハッカ

またハッカ油は20ml(グラム)で500円ぐらいなんですが、メントール結晶は100グラム1,200円ほどで手に入るんです。メントール結晶の存在を河野辺さんに教えてもらってから激的に製造コストが下がって助かってます。

メントールが多すぎると皮膚がヒリヒリして危険なので少しづつアルコールに足して確認した方が良いよ、と教えてもらい微調整してます。

虫よけに効果のあるクローブ

クローブは、独特の甘い香りの主成分「オイゲノール」というのを含んでいて、この香りを苦手とする虫を近寄らせない効果があるようなんです。クローブを入れてから時間が経過すると徐々に茶色になってきます。

クローブが濃いと、白い生地に染みができるようで、これが嫌であればシトロネラオイルオンリーが良いかもという事でした。虫除けの効果の違いについて劇的な差はありません。

シトロネラオイルで虫よけ効果アップ

シトロネラオイルはレモンに似たスッキリとした香りが特徴で、様々な防虫グッズに活用されてます。この前100円均一で手に入れた虫除けリングもシトロネラが使われていました。この香りは、汗の臭いや体臭を防ぐデオドラント効果にも優れていて気持ちがいいです。

シトロネラを虫除けスプレーに活用するようになってから、劇的に蚊、ブヨが来なくなりました。香りもよいので、手作りの虫除けスプレーには必ず入れています。

虫の多い川で虫よけスプレーを使用する

そもそも手作りスプレーはノンケミカルなので、子供に使用するのにも安心だし、安心して家の中でも使用できます。ただし作り方を間違えるとそれぞれが刺激の強いものなので危険で、使用量には注意が必要です。

手作り虫除けスプレーの材料はアマゾンで購入

  • 無水エタノール…20ml
  • 精製水…180ml
  • メントール結晶…大匙1.5杯ほど
  • クローブ(丁子)…大匙1杯ほど
  • シトロネラオイル…40~60滴

手作り虫除けスプレーの詰替え方法

虫よけスプレーを作ったら爪かwるための道具

出来上がった虫除けスプレーは大きめのビンの中などに保存してます。これをスプレーに移し替えるために使っているのは、無印良品の小分けボトルのスプレータイプと、詰替えセットです。2つ合わせて350円程とお財布にも優しいです。

虫よけスプレーの作り方の最後の行程

無印良品の詰替えセットにはじょうご・スポイト・ヘラが付いています。ヘラはクリーム状のものをボトルに詰替える時に使うものなので、ここでは必要ありません。

ボトルにじょうごを指して、スポイトで作ったスプレーを吸って移し替えるだけです。この時注意した方がいいのが、作ったスプレーをしっかり振ってかき混ぜて置くことです。その上で移し替えると内容物が均等に移し替えられます。

虫よけスプレーの作り方の最後の行程

スプレーの大きさは僕の場合は50mlですが、この大きさで3~4日、友人2人に貸しながらでも持ちました。なので、1人で山に出かける、しかも1泊ぐらいだったらもっと小さいボトルで良いかもしれません。

虫よけスプレーで快適にアウトドアを楽しむ

また夏場に木曽駒ヶ岳に登った際に、テント拍で夜中結構寒くて、その次の日の縦走でこの虫除けスプレーを使おうとしたら、メントール結晶が固まってしまって。この状態でスプレーしてもスースーしないから、虫除けの効果もいまいちでした。

お昼を過ぎて暖かくなったら、メントールが溶けてくれて復活したんですが、高山に登る場合はメントール結晶ではなくてハッカ油のほうがいのかもしれません。

虫よけの正しい使い方

虫よけの正しい使い方

手作りせずに市販で発売されている虫よけスプレーや虫よけシートを使用する際に、多くの方が勘違いされていると思われる情報を洗いだし、正しい使い方を紹介しています、こちらもご覧ください。

虫よけの正しい使い方 登山好きなら知っておくべき