東海道五十三次 日坂宿

東海道五十三次は東海道にある53の宿場を指す。風光明媚なスポット、名所旧跡を楽しめる場所も多く、昔と変わらない景色に巡り合うことで、その昔の人々の苦労を知る手掛かりにもなる。今回は東海道五十三次の25番目の宿場である日坂宿から、24番目の宿場である金谷宿を結ぶ旧街道ランニングを楽しみにでかけた。

 

東海道五十三次 小夜の中山

日坂宿から金谷宿までの道のりには東海道の三大難所の一つとされる峠「小夜の中山」がある。峠と言われるだけあって、ちょっとした山に登るような急な勾配があり、登りきった後はまるで縦走をしているかのように、左右共に景色に恵まれた道を走っていく。

 

東海道五十三次 日坂宿

東海道五十三次 日坂宿

東海道五十三次 日坂宿

スタート地点は日坂宿。町の酒屋に、広場に、家に立札があり「自身番」「本陣-扇屋」「蛭子屋」などなど目にとまる。昔この場所には旅篭屋があり、自身番といって町内警備を担う番所があったということがわかる。ここ日坂宿までは東京であれば新幹線で掛川下車。そこから東山線のバスでおおよそ30分で到着する。

 

東海道五十三次 日坂宿

日坂宿は、古くは入坂、西坂、新坂とも書かれていたことが文献でもわかる。鎌倉時代の文献に初めて「日坂」という名が登場したそうだ。1843年の記録には、家数168軒、人口750人とあって、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠屋33軒。宿場の西口から東口までの距離は約700mと東海道53の宿場の中で3番目に小さな宿場町。大井川の川止め(江戸時代、河川が増水した時、川越を禁じたこと)や、大名の参勤交代などで昔は賑わっていたということ。町並みの形態は今と同様で、当時の風情を今に伝えている。