カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

【丹沢最高峰登山】神奈川県でいちばん高い山!蛭ヶ岳の難易度別ルート紹介

【丹沢最高峰登山】神奈川県でいちばん高い山!蛭ヶ岳の難易度別ルート紹介

蛭ヶ岳は神奈川県山北町と津久井町の境にある、神奈川県でいちばん高い山です。丹沢山地のほぼ中央に位置し、丹沢山塊最高峰でもあるためコースタイムが長くかかり、初心者向きではありません。山歩きの経験がある上級者におすすめの山です。日帰りは可能ですが、ハードな山行となるため、山荘に宿泊するほうがいいでしょう。

蛭ヶ岳の基本情報と魅力

神奈川県で最も標高が高い蛭ヶ岳は、神奈川県民や丹沢を愛するハイカーにとって1度は踏破したい山です。

丹沢といえばヒルが多いことで有名ですが、蛭ヶ岳の山名の由来は、猟師が山でかぶる「ヒル帽子」の形に似ているからとか、昔山頂に毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)が祀られ「びるが岳」と呼ばれていたから、などといわれています。山名はヒル由来ではありませんが、それでも冬期以外の登山ではヤマビル対策が必要です。

そんな蛭ヶ岳へは、ツツジの美しい初夏や、紅葉の秋に行くことをおすすめします。あるいはあえて人の少ない夏や冬に行くのもいいでしょう。冬期は積雪のためアイゼンが必須ですが、山頂からの眺めは圧巻です。

山の名前蛭ヶ岳(ひるがたけ)
標高1,673m
都道府県神奈川県
エリア関東
山域丹沢山塊
地図・天気など詳細情報

魅力その①:神奈川県最高峰を踏破する達成感が味わえる

蛭ヶ岳は、丹沢山地の塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳~黍殻山~焼山と続く丹沢主脈と、蛭ヶ岳から西へ檜洞丸~大室山~菰釣山~三国山へと続く丹沢主稜の分岐点となるため、さまざまなコース設定ができますが、そのいずれもがロングコースとなります。

最短の青根~姫次ルートでも片道4時間はかかり、往復で7時間以上必要です。県下最高峰だけあって山行はきついですが、それだけに無事ゴールできたときの達成感はひとしおといえます。

魅力その② :山頂から360度の眺望に浸れる

蛭ヶ岳山頂からは、遮るもののない360度の眺望が広がっています。南から東にかけては丹沢山、塔ノ岳、鍋割山など丹沢山塊の主峰が並び立ち、東から南にかけては黍殻山、焼山、丹沢三峰の向こうに関東平野が広がります。

北東から北西にかけては南アルプスや奥秩父山塊、奥多摩が見え、北西から南西にかけては富士の雄姿がそびえ立ち、心ゆくまで絶景に浸れます。

また、山頂の山小屋に泊まれば、夜景の大パノラマをひとり占めできるでしょう。

魅力その③:山小屋での宿泊、休憩が楽しめる

蛭ヶ岳山頂下には山小屋「蛭ヶ岳山荘」があります。通年営業しており、宿泊や休憩が可能です。蛭ヶ岳山荘の名物は、特製「ひるカレー」。蛭ヶ岳登頂記念にぜひ味わってみてはいかが。

そのほか登山コース上には丹沢の山小屋がいろいろあるので、お目当ての小屋宿泊を念頭に登山ルートを組んでみるのもおすすめです。

蛭ヶ岳の難易度別おすすめ登山コース

蛭ヶ岳の登山コースはいろいろありますが、ここでは代表的な4つのコースを紹介します。

【1泊2日】王道の大倉~蛭ヶ岳ピストンコース

表丹沢のメジャー登山口である大倉を起点に、バカ尾根の異名もある大倉尾根を登り、塔ノ岳、丹沢山を経て蛭ヶ岳へ向かう、蛭ヶ岳登山のスタンダードコースです。今回は丹沢山の「みやま山荘」で1泊し、ピストンで大倉へ戻るコースを紹介します。

ルート紹介

必要日数1泊2日
総距離25.2㎞
コースタイム13時間
累積標高上り:2,350m 、下り:2,352m
難易度★★★★☆

【1日目】

大倉登山口→(1時間35分)→駒止茶屋→(10分)→堀山→(10分)→堀山の家→(40分)→花立山荘→(30分)→塔ノ岳→(0分)→尊仏山荘→(20分)→日高→(15分)→竜ヶ馬場→(15分)→丹沢山→(0分)→みやま山荘→(30分)→不動の峰→(5分)→棚沢ノ頭→(10分)→鬼ヶ岩ノ頭→(20分)→蛭ヶ岳→(0分)→蛭ヶ岳山荘→(30分)→棚沢ノ頭→(5分)→不動ノ峰→(30分)→丹沢山→(0分)→みやま山荘

※休憩:約1時間10分

【2日目】

みやま山荘→(15分)→竜ヶ馬場→(15分)→日高→(30分)→塔ノ岳→(0分)→尊仏山荘→(30分)→花立山荘→(35分)→堀山の家→(10分)→堀山→(10分)→駒止茶屋→(1時間10分)→大倉登山口

※休憩:約2時間

詳細レポート

1日目は大倉登山口から急登の続く大倉尾根を進み、最初のポイントである塔ノ岳を目指します。

塔ノ岳からはアップダウンを繰り返しつつ丹沢山へ。

丹沢山から蛭ヶ岳までは登りごたえのある静かな道が続きます。岩場のある鬼ヶ岩を経て蛭ヶ岳へ着いたら、山頂から雄大な景色を楽しみましょう。

今回は丹沢山まで戻り、みやま山荘で1泊することで2日目の行程を軽くしていますが、蛭ヶ岳山荘で宿泊してもOKです。

2日目は行きで登ってきたルートをグングン下っていきます。膝に負担がかかるので、上手に休憩を取りながらゴールの大倉を目指します。

駐車場

秦野戸川公園(秦野ビジターセンター)そばには、8:00~21:00利用可能な秦野戸川公園 大倉駐車場と、24時間利用できる大倉駐車場があります。アクセスは秦野中井ICから県道71号~国道246号~県道706号から秦野戸川公園方向へ向かいます。秦野戸川公園内にはトイレや飲料水、足洗い場などが揃っています。

秦野戸川公園 大倉駐車場
収容台数160台
料金<土日祝・7/21~8/31・12/29~1/3>
30分まで無料
2時間まで320円
2時間~10時間まで530円
10時間以上1,060円
<平日>
30分まで無料
2時間まで100円
2時間~10時間まで200円
10時間以上410円
時間8:00~21:00
標高290m
トイレあり
登山ポストあり
自販機あり

大倉駐車場
収容台数40台
料金平日は1時間100円、当日最大500円まで
土日祝は30分100円、当日最大800円まで
時間24時間
標高290m
トイレ秦野戸川公園内にあり
登山ポスト秦野戸川公園内にあり
自販機秦野戸川公園内にあり

【1泊2日】丹沢主脈完全縦走コース

北側の焼山登山口から焼山、黍殻山、姫次を経て蛭ヶ岳へ向かい、蛭ヶ岳山荘で1泊して、丹沢山、塔ノ岳を下って大倉でゴールする、丹沢主脈を完全縦走するダイナミックなロングコースです。

ルート紹介